残すのはもったいない!効能いっぱいの「パセリ」

2016/03/29

皆さんこんにちわ~!

 

残されがちなパセリ。実は生薬として大活躍!

突然ですが、皆さん「パセリ」は食べていますか?ステーキやトンカツ、刺身などの付け合せに良く見かけるパセリです。よく皿に残っているのを見かけるので、こりゃ一言いっておかなければ!ということで、今回は「パセリ」。

残すのはもったいない 効能いっぱいのパセリ

ただの飾りじゃないんですよ。パセリは、世界中で、ハーブ、生薬として活躍しています。

 

 

パセリの効用

それでは、パセリの効用を見ていきましょう。

きつい香りのあるパセリですが、抗菌、殺菌効果(食中毒予防効果)があり、腸内の悪玉菌の増殖を抑える働きがあったり、消臭効果もあるので、口臭予防にも。そして、食欲増進、疲労回復の効果もあります。

 

パセリの栄養素

成分としましては、ビタミン(A,B,C)、カルシウム、マグネシウム、鉄、ミネラル食物繊維などを含み栄養の含有量は野菜の中でもトップクラスなんです。因みに、ビタミンC はコラーゲン生成に役立ち、美肌効果に、鉄分は貧血予防に役立ちます。

ねっ!付け合わせとして無視してしまうにはチョッともったいないと思いませんか?

 

おすすめの食べ方

我が家では、キャベツの千切りやサラダ野菜にパセリを散らしてドレッシングと一緒に食べています。香りがきついので一度にたくさん食べるのは大変かもしれませんが、毎日チョッとづつ食べたいものですね。

 

 

ではまた!MAHALO!

この記事に「いいね!」する 

Aloha townnetに「いいね!」する 

執筆者

八景料理長

久和 紘士さん

1978年生まれ。 神戸で幾つかの飲食店を経験後、岡山湯原温泉 八景で本格的に日本食を学ぶ。 地産地消、薫り高い出汁のとり方、煮物、会席など日本の心の料理を学び、ハワイに。 2006年「Japanese restaurant Hakkei 」の料理長に。現在に至る。