ホリデーシーズンを太らずに乗り越える方法

2015/12/09

なにかと食べる機会が多いホリデーシーズン

ホリデーシーズンが来ました!感謝祭が終わったと思ったら、クリスマスの時期です。そして、忘年会にお正月。11月、12月は何かとパーティーやお付き合いで忙しい時です。同時に、なにかと食べる機会が多い時期でもあります。パーティーに必ず出くわすのが、アルコール飲料です。アルコールは体内の神経系を鈍わせ、満腹だと感じるシグナルを麻痺させます。ですので、アルコールを飲みながら食事をすると大抵食べ過ぎるのです。結果、多くの人はこの時期に何キロか太ります。そして、新年を迎えてまた減量にはげもうとするわけですが、年末にあまり太らないように(増量を最低限に抑えるために)、水分に関しては以下の3項目に気を付けましょう!

ホリデーシーズンを太らずに乗り越える

 

飲み物を飲む時の注意点

  1. アルコール飲料を上手く選ぶ

    シロップや加糖ジュース入り、そしてクリーミーなカクテルは、800カロリー以上もある高カロリードリンクです。無糖炭酸水やフレッシュフルーツを絞って作るカクテル、又はワイン1杯と賢く選びましょう。あとは、「1杯飲むごとに30分は運動しなきゃいけない」と自分に言い聞かせることです(笑)。ちびちび、1杯に長時間をかけて飲むようにしましょう。

  2. パーティーに行く前にお水やスープをいっぱい飲んでおく

    水分は食欲のコントロールをしてくれます。約600mlの水を食事の20分前に飲むと、体内に水分を蓄え、「無性に何かが食べたい!」という食欲を抑えるそうです。

  3. 無糖飲料を選ぶ

    ジュースやソーダ飲料を避けましょう。代わりに、水、紅茶、緑茶、そしてブラックコーヒー1杯を選ぶことです。

 

ダイエットを妨げるアルコール飲料

アルコール飲料に関しては、甘くてフルーティなフローズンドリンクが一番の敵です。そして、必ずチーズ、ナッツ、お肉等の脂質とタンパク質のコンボと共に飲むようにしましょう。(アルコールの吸収を遅らせ、炭水化物:タンパク質&脂質の比率のバランスを保つためです。血糖値が急上昇するのを防止するためでもあります。)参考のため、ここに、10つの最悪ドリンクを上げてみたいと思います。

 

 

  • ピニャコラーダ

    ピニャコラーダ(高カロリー、糖分多量、人工風味)

    代わりに100%ココナッツウォーター+ラム少量を。

  • ロングアイランド・アイスティ

    ロングアイランド・アイスティ(高カロリー、二日酔いドリンク)

    代わりに無糖アイスティ+フレッシュレモンとライム絞り+ウォッカ少量を。

  • サングリア

    サングリア(高カロリー、糖分多量)

    代わりに100%ココナッツウォーター+ラム少量を。

  • マルガリータ

    マルガリータ(高カロリー:1杯 500~700cal)

    代わりにテキーラをオンザロックで+フレッシュライムひと絞り

  • ダイキリ

    ダイキリ(糖分多量、人工風味、高カロリー)

    代わりにイチゴ+氷+ラム少量

  • チョコマルティーニ

    チョコマルティーニ(高カロリー、糖分多量)

    代わりにダークチョコを1口

  • ワインクーラー

    ワインクーラー(糖分多量、人工風味、高カロリー)

    代わりにワイン+クラブソーダ+フレッシュフルーツ

  • ジントニック

    ジントニック(トニックウォーターは糖分多量、高カロリー)

    代わりに無糖炭酸水かクラブソーダ+フレッシュライムひと絞り

  • ラムコーラ

    ラムコーラ(糖分多量、高カロリー)

  • ジンコーク

    ジンコーク(糖分多量、高カロリー)

 

 

腹8分目と、適度な運動・休養も重要!

家でのパーティーでも、レストランでも、腹八分目にして満腹になるまで食べないようにします。もったいないからと言って、全部無理に食べずに残りを持ち帰るようにしましょう。お皿の25%を残すのが良い目安だそうです。その後に「あれも食べたい!」と思った時、すぐ飛びつかずに、ちょっと一息ついて、「本当にそれが必要なのか?まだお腹が空いているのか?」体に問いただします。自問自答をすることによって、大抵満腹になるのを防げます。

 

そして、ホリデーシーズンでも運動を怠わないことと、休養を十分に取ることです。シカゴ大学の研究結果、目をつぶって休養する時間が少ないと、間食を多く取ると言われています。6時間以上の睡眠で約1087カロリーまでセーブできるそうです。

 

 

パーティに、エクササイズ、何に関してもコントロールをすることが大事です。何かと適度にするとうまく成功します。ちょっと多めに食べちゃったかなと、思った日は運動量をちょっと増やすことです。ホリデーシーズンだからといって、あきらめずにがんばりましょう!!

 

 

参照:

American Council on Exercise (ACE) 2000 November 21, “Tips for Keeping off the Holiday Pounds”
www.acefitness.org

American Council on Exercise (ACE) 2012 November 9, “10 Health Tips for Surviving the Holidays”
http://www.fitnessmagazine.com/weight-loss/eating-help/calories/worst-cocktails/
http://www.healthstatus.com/calculate/cbc

“Outsmarting The Female Fat Cell” by Debra Waterhouse, M.P.H., R.D.

この記事に「いいね!」する 

Aloha townnetに「いいね!」する 

執筆者

QUALITY HEALTH & FITNESS

麻子レイホーさん

神奈川県出身。1997年にカリフォルニア大学入学のため渡米する。2000年に大学卒業して2003年に結婚。2005年、妊娠9ヶ月中にハワイへ移住。出産後、3ヶ月で17kg増量した体を出産前の体に戻すことに成功した事を機に、ジムのトレーナーになる。2007年、マスタートレーナーに昇格され、2008年に独立し、クオリティヘルス&フィットネスを創立。スペシャリストのタイトルを持ち、11個の資格を保持。長女・美麻(ミア)&次女 ・海璃(カイリ)を持つ、2児のママ。「毎日笑顔で過ごす」をモットーに、TVや映画のスタントもこなす。連絡 (808) 392-4816