2年間のハワイ留学、コンタクトレンズはどうすればいいでしょうか?

2018/01/08

このコラムでは、アイケアーインターナショナルの眼科医 武田先生が、目や目の病気に関するギモンにお答えしていきます!今日の質問は…

 

海外留学でハワイの学校に2年間行くことになりました。使い捨てのコンタクトレンズをしていますが、コンタクトレンズを2年分持って行ったほうが良いでしょうか?友達も以前ハワイに旅行に行きましたが、コンタクトレンズを持って行くのを忘れてしまい、「アメリカでコンタクトレンズを作るのは日本のようにすぐ買えないので大変だった。」と言っています。

 

確かにアメリカではコンタクトレンズは医療品とみなされていますので、医師の処方箋なしで購入することはできません。その上、まず目の検査をして、角膜、網膜など目に疾患がないかどうかの検査、つまり一般眼科検査をして、それからコンタクトレンズのフィッテイング検査をします。それで初めて購入できます。メガネも医師が検査しないと法律上処方することはできません。そのため、日本のようにメガネ屋さんで簡単に検査してメガネを作ることはできません。

 

 

当院では旅行で来られて、コンタクトレンズを持ってくるのを忘れた、旅行中に紛失されてしまった方には、短期旅行者用のプログラムがあり、格安でレンズをお渡しすることができますので、「短期旅行者コンタクトレンズプログラム」をご利用ください。(電話・メールで詳細お問い合わせください)

 

ただ、一年以上の長期滞在で来られる方は、六カ月までは持ってこられても視力が変わらないので大丈夫ですが、特に学生さんの場合は来られてすぐに視力が悪くなる可能性があります。

 

というのは、一般のアメリカの家庭は照明が暗く目が悪くなりやすいのです。机上のライト(電気スタンド)で十分な照明の下で勉強したり本を読んだりすることをお勧めします。また、言語学校、高校や大学は日本よりも宿題が多く、本を読む量もコンピューターを使う時間も長くなります。ですから、一年分のコンタクトレンズを持ってこられても視力が悪くなって多くの人はそれでは見えないので、結局は検査をしてコンタクトレンズを作り直すことになります。

 

逆に、アメリカでコンタクトレンズを作った方が、日本にはない最新のレンズがあるのでそのほうが皆さんハッピーなようです。前にも書きましたが、日本はコンタクトレンズに関してかなり遅れています。アメリカの方が、乱視用、遠近両用、など種類が豊富で自分にあったレンズをフィットしてもらえます。レンズのマテリアル(素材)も乾かない、100%$紫外線防止があり、酸素を100%吸収するレンズがあります。

 

長期滞在でのお仕事でハワイにいらっしゃっている方も、日本でコンタクトレンズを作ってきた方は、ほとんどの人が昔のレンズをされていて、目に合っていないようです。しかも一年ごと視力が変わりますので、ぜひこちらでご自分の目に合ったコンタクトレンズをお試しください。緑内障の検査や治療も当院でできます。

 

ドクター武田はハワイで開業して23年になります。これまで様々な目の疾患の治療にあたってきましたが、ハワイの眼科の中でも最も多くのコンタクトレンズを揃えています。一度はコンタクトレンズをあきらめた方、是非新しいチャレンジをして見てください。コンタクトお試しもできますので、お気軽にご相談ください。また一番大事な「1年に1度の目の検査」も今すぐご予約ください。

 

※お問合せ・ご来院の際は「アロハタウンネットを見た」と忘れずにお伝えください。

この記事に「いいね!」する 

Aloha townnetに「いいね!」する 

執筆者

アイケアー インターナショナル

武田裕子 医師

カリフォルニア州立大学卒業。1994年PCO卒業後、ニューメキシコインディアン居住区で医師チームの一員として活躍。1998年アイケアーインターナショナル創立。ハワイで日本語で診察のできる眼科医として23年の実績を持つ。またハワイで数少ない、コンタクトレンズのスペシャリスト。