ハワイの気になるニュース(The Eddie’ won’t go ) 

2017/11/30

Aloha!ハワイの最新情報をお届けするアロハタウンネットです。

 

ハワイの気になるニュース。

11月30日に開会式が予定されていた巨大波がやってきた時のみ開催される「THE EDDIE」が今年は開催されないという事です。先日、ローカルニュースでメインスポインサーであるサーフブランド「クイックシルバー」がスポンサーを降りたとありました。以降新たなスポンサーを探していたようですが、見つからなかったようです。

 

この大会ですが、とても特異な大会なのです。大会開催の条件が40フィート(およそ12メートル)を超える完璧な状況でないと開催されないのです。1985年のスタートした大会ですが、9回しか開催されていないのです。参加選手も3か月もの波待ち期間の間、ハワイに滞在しなければなりません。しかも開催は1日のみ。

どんな波で開催されるかはこちらをご覧ください。

 

 

大会の冠であるエディーは、ハワイの伝説のライフガードでありサーファーである「エディー・アイカウ」。今年も帰還したホクレア号のクルーとして1978年に乗船した際に嵐に巻き込まれて船が転覆。そして皆を助けるために嵐の中をサーフボードで助けを呼びに向かったまま行方不明になり帰らぬ人になってしまいました。彼の英雄的な行動と悲劇的な最後がここハワイで伝説となったのです。この痛ましい事故以来、ホクレア号は単独航海を行わず、伴走船を伴うようになりました。またハワイに大きな波が訪れると「この波、エディーなら行くでしょう(Eddie would go)」というフレーズを生み出すことなりました。

そして1985年より彼の功績を称えた巨大波での1日だけのコンテスト「THE EDDIE」が開催されるようになったのです。

 

 

命を懸けた戦いが開催されないのはとても残念です。

2017/2018シーズンは開催されませんが2018/2019はスポンサーが再び見つかり再び開催されることを願ってます。

 

この記事に「いいね!」する 

Aloha townnetに「いいね!」する 

執筆者

三代目

三代目アロハタウンネット編集長。本牧の警友病院生まれ。日本より低反発マットレスを小脇に抱えハワイに単身永住。旅行で訪れるハワイは最高だったが、はたして暮らすハワイも最高なのか!右手にミラーレス、左手にGoPRo握って日夜ハワイを奔走中。