真昼間からひたすらビールが飲めるイベント「ON TAP」 

2017/04/06

Aloha!ハワイの最新情報をお届けするアロハタウンネットです。

 

アメリカ タップ オン クラフト ビア フェスティバル潜入レポート

170406-99-300x225.jpg

●アメリカ タップ オン クラフト ビア フェスティバルをご存じでしょうか?

 

簡単に説明すると、皆で一緒に美味しいビール飲みましょう!的なイベントです。

67の醸造所で作られた100以上のビールを好きなだけ飲むことが出来るというものすごいイベントなのです。

そのイベントが、4月1日にニール・S・ブライズデル・ホールにて開催されました。

 

今年で2回目となるこのイベントに潜入してみました。

ビールのお祭りとはどんな感じなのでしょうか。

 

●まず、どれだけの人気があったのか!

 

①VIPチケット($60)というものが存在し、通常のチケット($45)より1時間半ほど早く長くビールが飲める。4時間半飲めます。

②そのチケットは、早々にソールドアウト。

③通常のチケットも完売しており、開催直前までキャンセルを待つ人が多数いたようです。

 

どうですか?どれだけビール好きがいっぱいいるのかお判りいただけましたか。

通常チケットは14時からの3時間。それでも時間は十分です。それと早く買うと$10お得な早割チケットもあります。

 

●とりあえず、12時30分スタートのVIPな時間から内部に潜入です。

170406-0-300x225.jpg

入場するとすぐに大きなゲートがあります。おそらくこのバルーン式のゲートは全米を駆け回っているのだと思います。

 

170406-3-300x225.jpg

私は取材なので、手の甲に大きくバッテンマーク。「ビールに手を出すな!」です。もちろん手は出しません!

 

まずはぐるっとひと回り。

(早回し処理をしています。お好きな速度に調整してご覧ください。)

 

ざっと見たところ、メジャー所は「ギネス」くらいで、あとはいわゆる「地ビール」がほとんどです。

こちらの銘柄にはからっきし疎いので、あとは「GORDON BIERSCH」位しか知りません。

 

生あり、瓶あり、缶ありと、各メーカーいろんな形で出店しています。やっぱり生ビールが一番おいしいと思うのですが・・どうなんでしょう。

お目当てのブランドをひたすらリピするのか、いろいろ回って気に入ったブランドを見つけるのか。人それぞれいろいろな楽しみ方でビールを嗜むのだと思います。

 

170406-2-300x225.jpg

まずは入口で200mlくらいのグラスが一人一個渡されます。(これはお土産として持ち帰りできます。)

170406-1-300x225.jpg

グラスの数がハンパないです。

170406-5-300x225.jpg

VIPのチケットの場合は、プラス$5のフードクーポンと記念のキャップももらえます。

 

ブースの人は、お酌係り

一人1個のグラスを最後まで使用するので、前のビールの味が残らないようにすすぐ水とバケツも用意されています。

そして各ブースの人は、ビールの説明など行いながら、お客さんのコップにビールを注ぎます。お酌係なんです。

170406-11-300x225.jpg 170406-12-300x225.jpg 170406-13-300x225.jpg

 

170406-14-300x225.jpg 170406-15-300x225.jpg 170406-16-300x225.jpg

 

170406-17-300x225.jpg 170406-18-300x225.jpg 170406-19-300x225.jpg

 

170406-20-300x225.jpg 170406-21-300x225.jpg 170406-22-300x225.jpg

 

170406-23-300x225.jpg 170406-24-300x225.jpg 170406-25-300x225.jpg

 

170406-26-300x225.jpg 170406-27-300x225.jpg 170406-28-300x225.jpg

 

170406-29-300x225.jpg 170406-30-300x225.jpg 170406-31-300x225.jpg

 

170406-32-300x225.jpg 170406-33-300x225.jpg 170406-34-300x225.jpg

 

170406-35-300x225.jpg 170406-36-300x225.jpg 170406-37-300x225.jpg

こちらでは、「お酌」なんていう習慣がないでしょうから、その単語もないんでしょう。

「SERVING SAKE? 」(お注ぎしましょうか?)「LET ME FILL!](酒を注げ!)とか言うんでしょうか。

 

そして本日のベストお酌大賞は・・・

170407-20-300x225.jpg

この方!絶対に日本人に違いない!片手を添えるなんて上品すぎます!!

 

ゲームもあり、ライブもあり、フードコーナーも充実してました。ジャンボターキーレッグにかぶりつている猛者たちを多く見ました。

 

170406-11-300x225.jpg 170406-12-300x225.jpg 170406-13-300x225.jpg

 

170406-14-300x225.jpg 170406-15-300x225.jpg 170406-16-300x225.jpg

 

170406-17-300x225.jpg 170406-18-300x225.jpg 170406-19-300x225.jpg

 

170406-20-300x225.jpg 170406-35-300x225.jpg 170406-22-300x225.jpg

 

170406-23-300x225.jpg 170406-24-300x225.jpg 170406-25-300x225.jpg

 

170406-26-300x225.jpg 170406-27-300x225.jpg 170406-28-300x225.jpg

 

170406-29-300x225.jpg 170406-30-300x225.jpg 170406-31-300x225.jpg

 

170406-32-300x225.jpg 170406-33-300x225.jpg 170406-34-300x225.jpg

 

14時近くなって外を覗いてみると・・・・・

170406-6-300x225.jpg

外は長蛇の列となっています。

恐らくですがVIP500名、一般は1500人位ではないでしょうか 。

170406-7-300x225.jpg

14時ちょっと前に一般の入場がスタート。いっぱいの人がなだれ込んできます。

ここからは、満員すし詰め、ビールを飲むのにも行列になりそうです。

これにて退散としました。

 

第三回目攻略法

今回の状況を踏まえて第三回に行くとするならば、間違いなくVIPチケットをお勧めいたします。

帽子はいるいらないがあると思いますが、ゆっくりのんびりビールが飲みたいなら、早い空いている時間に飲めるこちらをお勧めします。

なにより入場で並ばないで入れるのが一番です。なぜこんなに並んでいるかというと入場口で、チケットの✔を行っているのですが、これに時間がかかってます。

チケットではなくスマホ画面での確認作業が、結構戸惑っているように思いました。

 

来年のチケットをいち早く安く手に入れたい人は、メールで通知を受け取れます。>>>>こちら

 

 

170406-8-300x225.jpg

場内は人があふれてきました。

この時点で行列が一番長かったのは、「LANIKAI BREWING COMPANY」というカイルアの地ビール。

 

170406-9-300x225.jpg

 

外に出るもまだまだ入場待ちの人でいっぱい。長い行列にもかかわらず、皆さんどこか嬉しそうですよ。

ほんと、皆さんビールがお好きなようで。

イベントが17時に終了したら、どこかの飲み屋でまたビールで乾杯!でしょうね。

さあ、家帰ってビール飲もっ。

 

Honolulu On Tap

イベント主催者のサイト>>>https://americaontap.com/

この記事に「いいね!」する 

Aloha townnetに「いいね!」する 

執筆者

三代目

横浜本牧の警友病院で生まれる。 三代目アロハタウンネット編集長。