野菜&果物に関する消費者ガイド 2015年版

2015/06/03

毒素の少ない食材を選びましょう。

私はクライアントの人々に食生活のコンサルタント/アドバイスをする際、常にオーガニック(有機農産物)の食材を買うように勧めています。毒素が少ない、環境によい、そして食品の栄養濃度が高い(※栄養成分濃度に関しては、いろんな意見がありますが、研究結果や実験数がまだまだ少ないのが現状です。)という理由からです。

 

以前にもお話しましたが、オーガニックの素材には、農薬、化学肥料、殺虫剤、除草剤、殺菌剤、抗生物質、成長ホルモン、合成添加物、保存料のような化学物質(毒素)が極めて少ないのです。これらの化学物質がアレルギーの原因にもなっています。

 

 

ダーティ(汚染)食品12 + 2

以下のリスト「ダーティ(汚染)食品12+2」に載っている果物と野菜は、残念ながらどんなに良く洗っても、皮をむいても、化学物質(農薬毒素)が残っているそうです。毒素を体内に入れるということは、内臓に悪影響を与え、健康体を害します。

先月の記事でディトックスの話しをしましたが、毒素を食べていたら勿論身体のディトックスができません。毒の木からは毒の実しかできないのと同じです。最も毒素の多い食品を12品プラス数品(環境ワーキンググループによる2015年リスト)挙げてみたいと思います。リストは、毒素の多い順に並んでいます。ということは、一番目の食品が一番毒素が多いという意味です。これらの食品は必ずオーガニックを買うようにしましょう!

 

  1. 林檎
  2. ネクタリン
  3. イチゴ
  4. ブドウ
  5. セロリ
  6. ほうれん草
  7. スイートピーマン(赤、黄色、オレンジピーマン)
  8. きゅうり
  9. プチトマト
  10. えんどう豆(輸入品)
  11. じゃがいも

  + チリペッパー

  + ケール、レタス、コラードなどの菜っ葉の緑野菜

 

去年のリストとはちょっと順序が入れ替わったものの、内容は全く一緒です。林檎は相変わらずトップを占めていて、桃とネクタリンが2位と3位に浮上しています。後の食品と順位は同じです。(2014年度リストはこちら)経済的に予算が気になるところですが、これらの食品は、多少値段が高くても、健康維持のためにオーガニックを買うことを強くお勧 めします。自分への投資だと思って下さい。特に妊婦さんと子供達は、害の影響が大きいので 気をつけましょう!

 

 

クリーン食品15

  1. アボカド
  2. トウモロコシ/スイートコーン
  3. パイナップル
  4. キャベツ
  5. えんどう豆(冷凍食品)
  6. 玉ねぎ
  7. アスパラガス
  8. マンゴ
  9. パパイヤ
  10. キウイ
  11. 茄子
  12. グレープフルーツ
  13. メロン
  14. カリフラワー
  15. さつま芋

 

クリーン15は去年のリストと全く替わっていません。見事に、食品内容は一貫していますね。私の大好物であるアボカドは、2年連続トップです!この15品は、化学物質(農薬毒素)の残りが割りに少ないと言われています。しかし、赤ちゃんや小さいお子さんに食べさせる時は、やはりオーガニックの方が良いと思います。大事なお子さんですから、害の無い、栄養たっぷりな健康食品を食べさせてあげましょう!自分本人と家族の健康を大切に!!

 

ちなみに、肉類、乳製品もオーガニックの物を食べることを強くお勧めします。成長剤、ホルモン剤、抗生物質、筋肉強化剤などの化学物質を摂らないためです。オーガニックの牛や鳥は、オーガニックの食材を食べて育っています。そのため健康な動物が多いのです。そうでない動物たちは、残念ながら病気の動物も多く含まれています。それを食べる人間も当然病気になりやすくなります。

 

※数件の科学的な研究によると、オーガニックの栄養は普通の素材に比べると4~40倍違うと言われています。

 

参照:EWG’s 2015 Shopper’s Guide to Pesticides in Produce by Environmental Working Group

National Institute of Environmental Health Services How to Eat, Move and Be Healthy by Paul Chek (A C.H.E.K. Institute Publication San Diego, CA 2004)

 

 

この記事に「いいね!」する 

Aloha townnetに「いいね!」する 

執筆者

QUALITY HEALTH & FITNESS

麻子レイホーさん

神奈川県出身。1997年にカリフォルニア大学入学のため渡米する。2000年に大学卒業して2003年に結婚。2005年、妊娠9ヶ月中にハワイへ移住。出産後、3ヶ月で17kg増量した体を出産前の体に戻すことに成功した事を機に、ジムのトレーナーになる。2007年、マスタートレーナーに昇格され、2008年に独立し、クオリティヘルス&フィットネスを創立。スペシャリストのタイトルを持ち、11個の資格を保持。長女・美麻(ミア)&次女 ・海璃(カイリ)を持つ、2児のママ。「毎日笑顔で過ごす」をモットーに、TVや映画のスタントもこなす。連絡 (808) 392-4816