あなたの姿勢はどうですか?

体の姿勢は、健康に貢献する大事な要素です。姿勢が悪いと、筋肉、骨格、神経系、呼吸に影響を起こし、健康を害します。正しい姿勢で真っ直ぐ立つだけでも、必要な筋肉を強化し、体内の空気の流れや血液循環をよくします。エネルギーの流れもよくなります。背中が丸まっている人、首が肩より出ている人、肩が過剰に前に出ている人、首が左右どちらかに傾いている人、いつも下を向いて歩いている人、いろんな人がいると思います。あなたの姿勢はどうですか?これを機会にチェックしてみましょう。

 

 

簡単な姿勢のチェック方法

腕を横にして自然な状態で鏡の前に立ちます。そして、手の甲(指の付け根部分)がどちらを向いているかチェックします。(前、後ろ、又は横)

 

  • 手の甲(指の付け根)が前を向いている人は

    胸筋がとても硬直している人。そこを常にストレッチして筋肉をほぐし、肩の後ろの筋肉を強化する必要があります。

  • 手の甲(指の付け根)が後ろを向いている人は

    胸筋を鍛え、背筋をストレッチする必要があります。

  • 手の甲(指の付け根)が横を向いている人は

    姿勢のいい人です。

 

私の経験からして、手の甲が横と前(両面)を向いている人がほとんどです。その人達は、胸筋をストレッチし、肩の後ろと背中の上部を強化することが必要です。

 

 

 

姿勢を正すだけで、良いことがたくさん。

私は今までに、クライアントさん達の姿勢を直して良くしただけで、頭痛がなくなったり、肩こりがなくなったり、喘息や気管支炎が良くなったり、疲れにくくなったりするケースを多数見ています。

 

ちなみに首のラインは、耳と肩が真っ直ぐに並ぶ位置が理想です。姿勢をよくする事は、第一に健康のためですが、見栄えを良くするためでもあります。体のつくりが格好のいい人で姿勢が悪い人はいないはずです。

 

姿勢がいいと心もハキハキしてきます。腹筋を引き締め、胸を張って、骨盤を中立に保つ。別に威張っている訳ではありませんね。姿勢をシャキッと整えているのです。仕事中、運転している時、道端に立っている時、いつでも常に自分の姿勢をチェックしてみましょう。皆さん、健康第一です!