BASALTが朝食&ランチメニューをスタート!

2018/03/24

Aloha!ハワイの最新情報をお届けするアロハタウンネットです。

 

バサルトレストラン、朝食&ランチメニューをスタート!

 

ABCストアによるワイキキ最新のグルメスポット、デュークス・レーン・マーケット&イータリー内のレストラン「BASALT」で、新たに毎日11:00am-2:30pmまでのランチ営業を開始しました。既に2月からは7:00am-10:30amまでの朝食メニューもスタートしています。

 

先ずは朝食メニューよりお勧め3品をご紹介

 

朝食メニューの中でダントツ人気なのが「バサルト特製チャコールパンケーキ」です。


charcoal buttemilk pancake $14

 

ココナッツの殻の炭を使用したふわふわの黒いバターミルクパンケーキの上にストロベリーグアバソース、フレッシュベリーと炭入りのホイップクリームがたっぷりのっています。日本人の味覚にあった、程よい甘さになっているので一皿一人でいけちゃいます。もちろんSNS映えも超クールです。

 

朝食は絶対に卵!という方にお勧めは「ハワイ産ゴートチーズのオムレツ」です。


sweetland farm goat cheese omelette $12

ふわふわのオムレツの中にはクリーミーで濃厚なゴ-トチーズとたくさんのケールが入っています。ケールは程よい塩加減で苦さもありません。ケールは青汁の原料として生で使われますが、加熱してもその栄養価は変わらないという事なので、火を通したこの食べ方がベストかもしれませんね。朝からバランスのよい栄養をとるにはぴったりのメニューです。

 

そして、朝からがっつり肉食系の方にはこちらの「ロコモコ」です。


loco moco $14

ベーコンフライドライスにローカルビーフパティとマッシュルームグレービーと温泉卵がのったローカルスタイルの「ロコモコ」です。ビーフパティは想像以上にジューシーです。朝から食べるのはちょっと引け目を感じてしまいますが、ご安心ください。こちらのロコモコはランチでも提供しています。ランチなら気にせずがっつりいただけますね。

 

他にもバニラオレンジ風味のブリオッシュフレンチトーストやエッグズベネディクト、100%コナコーヒーやフレンチプレス、ハワイ産の紅茶やママキティーなどメニューも豊富です。朝食メニューはこちらにてご確認ください。

 

ランチメニューよりシェフのお勧め3品をご紹介


vegetable piele $16

総料理長のキース・コングシェフによる新しいランチメニューは、ハワイ食材を取り入れた“ほっこり”癒されるコンフォートフードをモダンで洗練された料理に仕立てているのが特徴です。その一例がこのグルテンフリーのビーガン料理「ベジタブル・ピエレ」です。

細く刻んだタロイモに潰したバナナ(またはブレッドフルーツ)とココナッツクリームを混ぜたものをティリーフに包み、イム(地中に穴を掘って作ったオーブン)で蒸したかつてハワイアンの航海者たちが食べていた料理にヒントを得たものです。

コングシェフは、「ハワイを形成する溶岩を意味する『BASALT』という店名には、ハワイのルーツと食を通じたサステイナブルなコミュニティへの思いが込められています。古代ハワイで食べられていた伝統料理を復活させ、現代人のテイストに合うようにアレンジしたのがこの一品です。当店のピエレには、ハワイ産のコーンやハーツオブパーム、スイートポテト、イエロービーツを使用しています。ケールとマッシュルームとオニオンを添えて、レモンジュース、ローストしたペッパーとイナモナ(ククイナッツをローストしたもの)のレリッシュをトッピングしています」と語っています。

見た目はちょっと抵抗があるかもしれませんが、ココナッツの風味、そして下に敷いてあるケールのソテーと併せて食べてみると、味にとても広がりが感じられます。なかなか他では口にすることのなさそうな、ハワイの伝統料理をアレンジした料理なので是非トライしてみてください。

 


seared ahi & farro $19

そしてこちらは「アヒのたたきとファッロ」。

ちょっとピリ辛にアレンジされたアヒ(マグロ)は食欲を確実に増幅してくれます。そしてサイドにファッロという古代からある穀物に枝豆、キュウリ、トマト、シラントロをハラペーニョの醤油ソースで和えたものが添えてあります。ヘルシー志向な女性にピッタリの一品です。ファッロ(スペルト小麦)はとても厚い皮殻で覆われており、害虫や汚染物質を寄せ付けない古代品種です。その栄養価が穀物内部にぎっしりと詰まっています。食物繊維、ビタミン、ミネラル分が多く含まれています。

 


kalua pork quesadilla $15

ハワイの伝統料理であるカルアポークを使ったケサディーヤです。

トルティーヤの中は、チーズ、メキシコ黒豆、カルアポーク。サワークリームを付けていただきます。カルアポークは程よい塩加減でチーズとの相性はバッチリです。付け合わせはピコデガヨ(トマト、玉ねぎ、ハラペーニョ、シラントロのサルササラダ)です。

 

その他ランチメニューには、和牛ビーフパティと自家製ブリオッシュの「バサルトバーガー」やブルーチーズバターをのせた腹身ステーキのグリル「ステーキ&フリッツ」などハワイの食材を多く取り入れた味わい深いメニューが揃います。店内のベーカリーで手作りされるハワイ産の季節のフルーツを使った「カラマンシのメレンゲタルト」のようなデザートもあります。


 calamansi lime meringue tart $8

ランチメニューはこちらにてご確認ください。

 

ランチは大人数で行っていろいろなメニューを注文してシェアするのがいいかもしれませんね。

ハワイでアクティブに行動する前の腹ごしらえにピッタリのロケーション、開放感のあるオープンスタイルのキッチン、とても居心地のよい空間です。

モダンな店内のメインダイニングをはじめ、デュークス・レーンに面したオープンエアのテーブル席やカウンターラウンジなど全150席でお食事を楽しむことができます。

ご予約は電話(808) 923-5689まで。BASALTについて詳しくは、www.DukesLaneHawaii.comをご覧ください。 Instagram @DukesLaneJPwww.Facebook.com/DukesLaneJPでも最新情報を発信しています。

 

Keith Kongシェフについて

オアフ島生まれオアフ育ちのキース・コングシェフはプナホウ高校卒。1987年にサンフランシスコのカリフォルニア・カリナリー・アカデミーを首席で卒業後、ニューポートビーチのフォーシーズンズリゾートやナパヴァレーのオーベルジュ・デュ・ソレイユをはじめとするカリフォルニアのレストランで7年間働いた後、ホノルルに戻り、ゴールデンビアーシュやマテオス、キラウエアロッジのエグゼクティブシェフ、直近ではデュークスワイキキのエグゼクティブシェフを15年間務めました。2017年からバサルトレストランのエグゼクティブシェフとしてデュークスレーン・マーケット&イータリーのキッチン全般を取り仕切っています。

 

 

BASALT(バサルト)

電話: 808-923-5689

住所:2255 Kuhio Ave. Honolulu, Hawaii 96815(デュークス・レーン・マーケット&イータリー内)

営業時間: 朝食:7:00am-10:30am、ランチ11:00am-2:30pm、ディナー:5:00pm-10:30pm(ラストオーダー10:15pm)、サンセットディナー(早めの夕食にお得なプリフィクスメニュー):5-6pm、バー:7:00am– 10:30pm、ハッピーアワー:3:00pm-6:00pm、ライブミュージック:毎夕6-9pm 年中無休

パーキング:BASALTでのお食事でバリデーション4時間まで。シーサイドアベニュー沿いに入口のあるハイアット・セントリック・ワイキキビーチの駐車場をご利用ください。

www.DukesLaneHawaii.com 

 

デュークス・レーン・マーケット&イータリーについて

2017年7月にワイキキのクヒオ通りにオープンしたABCストアによる最新のグルメスポット。モダンで広々とした店内には、地消地産にこだわった「BASALT」レストランと新鮮なシーフードやクラフトビールやカクテルの楽しめるバーがあり、ピザやバーガー、プレートランチなどバラエティ豊かで魅力的なテイクアウトメニューも充実しています。地元産の生鮮食品やオーガニック食品、チーズやワイン、レイ、メイドインハワイのお土産やコスメ、日用雑貨に至るまで、滞在中のあらゆる必需品が揃うほか、店内のベーカリーで毎日手作りされる自家製ペイストリーやサンドイッチ、サラダ、デザート、コーヒーやスムージーなどのグラブ&ゴーアイテムは朝食やビーチにも最適です。早朝から深夜まで、ワイキキの中心で豊富な品揃えのショッピングや多彩なダイニングをワンストップでお楽しみいただけます。

*上記のメニューや価格は2018年3月時点の情報で変更になることがあります。最新情報はウェブサイトをご覧ください。

 

-PR