ゴミ拾いを競う「スポGOMIホノルル大会」ハワイ初上陸!

2018/05/05

ゴミ拾いを競う「スポGOMIホノルル大会」アメリカ初上陸、ホノルルで大会実施!

 

5月12日(土)ハワイのホノルルにて、 アメリカで初めて「スポGOMI大会(以下、 大会)」が開催されます。

 

大会は、予め定められたエリアで制限時間内に、チームでゴミを拾い、その量と質でポイントを競い合う日本発祥のエコスポーツです。ゴミ拾いにスポーツのエッセンスを加えて楽しめることで、家族連れやお子様も参加しやすく、地域美化活動に貢献できる取り組みで、「地球に最も優しいスポーツ」と呼ばれています。

 

大会はオアフ島で行われる「ホノルルトライアスロン(以下、 ホノトラ)」の前日に行われます。アメリカで初めて行われる「スポGOMI大会」ということで注目を集めています。 昨今、 海ゴミで大きな問題となっているプラスチックの破片(マイクロプラスチック)を拾い集めるとポイントが高いなど、ローカルルールを盛り込む予定です。日本人の参加者が約半数を占めるホノトラ参加者の交流や地域の方々と触れ合いその地域を深く知る良い機会になるものと期待しています。

 

<「スポGOMIホノルル大会」開催概要>

 

■スポGOMI ホノルル大会 supported by List Sotheby’s International Realty

 

日時      :5月12日(土)6:45~8:45 *現地時間

場所      :アラモアナビーチパーク

定員      :先着80名

費用      :参加無料

参加方法    :下記URLより仮申込みを行ってください。 *正式参加は当日先着順となります。

          https://business.form-mailer.jp/fms/4fefdc5984902

締切      :2018年5月10日(木)

詳細      : http://honolulutriathlon.jp/topics/2018/04/spogomi/

 

[スケジュール] *全て現地時間

6:45~7:15 受付

7:15~7:30 ルール説明

7:30~8:10 競技時間 

8:10~8:25 計量

 

8:25~8:45 表彰・順位発表

 

【スポGOMI大会とは】 一般社団ソーシャルスポーツイニシアチブ(日本スポGOMI連盟)

「スポーツの力で、 国や地域の社会課題を解決する。 」をテーマに2008年に活動を開始。 ゴミ拾いにスポーツ的要素を用いることで参加動機をつくり、 自らの住む国や地域の環境保全について考えるキッカケをつくることを目的とする。 国内外で約650大会を開催、 2017年6月には東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会主催で「東京2020スポGOMI大会」を開催し、大きな話題に。

 

リストインターナショナルリアルティ株式会社

世界規模の不動産ネットワークと国内不動産の実績を強みとする不動産仲介・販売企業、 リストインターナショナルリアルティ株式会社(代表:北見尚之、 本社所在地:神奈川県横浜市、 以下当社)は、 今年で9年目となる「スポGOMIリスト杯」を各地で開催中です。 5月27日(日)の「Y159 山下公園通り会大会」で当社開催として100回を迎えます。 5月12日(土)ハワイのホノルルにて、 アメリカで初めて「スポGOMI大会」を開催します。

会社概要:1991年、 不動産仲介事業会社として横浜で創業いたしました。 2010年に、世界的な高級不動産仲介ブランド「サザビーズ インターナショナル リアルティ(R)」の日本国内での独占営業権を取得し、2013年にハワイ、2016年からはシンガポール、フィリピン、香港などへエリアを拡げ、アジアから太平洋(ハワイ)まで広く事業展開をしています。当社は、世界にアクセスできるグローバルネットワークと国内不動産の実績を活かし、 不動産仲介・販売のグローカル企業として“価値ある不動産“を提供してまいります。

URL: http://www.listsothebysrealty.co.jp/

 

-PR