ホノルル駅伝&音楽フェス!まだ間に合うエントリー&チケット購入

2018/05/17

まだ間に合うエントリー&チケット購入


Photographer: Ross D. Hamamura – RDHphoto.net

 

5月19日(土)17時40分より、ワイキキのカピオラニ公園内の屋外コンサートホール、ワイキキシェルでホノルル駅伝の音楽フェスティバルが開催されます。ハワイの海に夕日が落ち行く中、ハワイと日本のアーティストが同じステージに立って、素晴らしいパフォーマンスを繰り広げます。

 

ハワイでも、なかなか一度に演奏を見ることができないビッグなグループに加えて、日本からの多彩なアーティストが加わって、見ごたえのあるステージになります。チケットは、下記サイトより購入できます。

 

(日本語)https://activities.his-j.com/TourLeaf/HNL0707.htm

(英語)https://www1.ticketmaster.com/event/0A00546D2352375A

 


Photographer: Ross D. Hamamura – RDHphoto.net

 

ハワイからの出演は、70年代のハワイの音楽シーンを代表し今も活躍するカラパナ、1988年のデビュー以来ハワイのアイランド・レゲエを牽引するマナオ・カンパニー、そしてアイランドミュージック、レゲエ、ジャワイアンなどさまざまなジャンルのノリのいい音楽を展開するザ・リアル・ホアイカネ。

 

そして日本からは、2014年公開のディズニー映画「アナと雪の女王」の日本版主題歌を担当し、同年の第65回紅白歌合戦に初出場したマルチリンガルアーティストのMay J.(メイジェイ)。メジャーデビュー以降、全シングルがオリコントップ10入りしアリーナクラスのコンサートから夏の単独野外フェス・バラエティ・映画・舞台・モデルなど縦横無尽に活躍中の私立恵比寿中学。そして1984年デビューのベテラン爆風スランプのサンプラザ中野くんとパッパラー河合です。

 

 

URL:http://hnlekiden.jp/music/

 

参加アーティスト:

 

(日本)May J.(メイジェイ)、私立恵比寿中学、サンプラザ中野くん & パッパラー河合、

 

(ハワイ)カラパナ、マナオ・カンパニー、ザ・リアル・ホアイカネ

 

 

また、音楽フェスティバル当日のワイキキシェルでは、5月20日(日)に開催されるホノルル駅伝参加者のパケットピックアップおよび前日参加受付も行っています。マラソンと同じ距離を6人で走る駅伝なので、気軽に参加できるのが魅力です。駅伝参加者は、上記の音楽フェスに無料参加できます。

 

駅伝のゴール地点となるカピオラニ公園では、シンプル・ソウル、ウヘウヘネ、マウナルア、マノアDNA、ティーガン&ケイレンといった今のハワイアン音楽を奏でるグループに加えフラ・ハラウ・カワイウラオカラが本物のフラを披露し、まさにハワイアン音楽とハワイアン文化に溢れる駅伝イベントとなります。

 

ホノルル駅伝&音楽フェスを主催する米国NPO法人・ホノルル駅伝ファウンデーション代表の村上智洋は「日本で100年続く駅伝をホノルルで開催できることをたいへん嬉しく思います。ダイヤモンドヘッドやハナウマ湾、そして太平洋の大海原を横に見ながらのリゾートランニングです。各区間の距離は5.3キロメートルから9.1キロメートルなので、ぜひお友達やご家族と参加してください。また前夜の音楽フェスでは、ローカルの人と一緒にハワイの音楽や日本からのアーティストの熱いライブ演奏をお楽しみください」と語っています。

 

ホノルル駅伝&音楽フェスの収益金は、毎年ホノルル駅伝ファウンデーションを通じてハワイのNPO団体に寄付しています。2017年は、ハワイの子供たちのためのチャリティー団体「Boys & Girls Club of Hawaii」に$10,000を寄付しました。

 

【ホノルル駅伝ファウンデーション】

ホノルル駅伝ファウンデーションは、2013年1月3日に創設された米国NPO法人です。スポーツおよび文化活動を通じて、環太平洋、ハワイそして日本の人びとの平和と社会福祉の促進を目的に掲げています。ホノルル駅伝&音楽フェスは、エンターテイメント、体力向上、そして経済効果をハワイにもたらしています。

 

【メレ・メイ2018】

メレ・メイは、毎年5月を中心に開催されるハワイアンミュージックをはじめハワイのさまざまな音楽と文化を讃える祭典です。ハワイ州の各地および日本でおよそ1カ月間に渡り多彩なイベントが繰り広げられます。(URL: http://www.melemei.com/japanese

 

-PR