移民ビザ、永住権

永住権(グリーンカード)を保持する外国人は、アメリカに永久に居住し労働することができます。永住権を取得するにはいくつかの方法がありますが、雇用主または家族がスポンサーになるケースが主な手段となります。

 

雇用主がスポンサーになり、永住権を取得するケース

EB-1 第一カテゴリー(卓越技能労働者)

  • 科学、芸術、教育、ビジネス、スポーツ等の分野で類稀な能力を持つ
  • 大学、または研究施設のある企業の研究者
  • 過去にアメリカ国外会社で管理職に就いており、現在はアメリカの関連会社で管理職に就いている

EB-2 第二カテゴリー(知的労働者)

  • 科学、芸術、ビジネス分野において卓越した能力を持つ
  • アメリカ4年制大学卒業以上、またはそれに相当する学位を必要とする職業に就いている

EB-3 第三カテゴリー(専門職、熟練・非熟練労働者)

  • アメリカ4年制大学、またはそれに相当する、又はそれ以上の学位を必要とする職業に就いているが、上記第二カテゴリー(EB-2)に該当しない方
  • 最低2年間の訓練や経験を要する職務に就く能力がある
  • 2年以上の訓練や経験を必要としない職務に就いている
  • 労働認定証が必要

EB-4 第四カテゴリー(特別移民)

  • 宗教家、政治議員、軍人等(政府が特別に許可した場合)

EB-5 第五カテゴリー(投資家)

  • 100万ドルの投資
  • 指定地域内で50万ドルの投資
  • EB-5リージョナルセンター内の投資プロジェクト事業へ50万ドルを投資
  • 投資によって雇用が発生されること。

 

市民権や永住権を持つ人が、その人の家族のスポンサーとなり永住権を取得するケース

スポンサーがアメリカ市民権保持者の場合

  • 以下の家族の移民ビザ申請が可能
  • 配偶者、21歳未満の子供、アメリカ国内外において養子縁組した18歳未満の孤児、21歳以上のアメリカ市民の親

    ※このカテゴリーのビザは年間上限発行数はなし

  • 未婚の子供、既婚の子供(その配偶者および子供)、21歳以上の兄弟姉妹(その配偶者および子供)

    ※このカテゴリーのビザ発行数には、年間割当数有り

スポンサーが永住権保持者の場合

  • 配偶者、21歳未満の未婚の子供(実子と継子)、18歳未満の養子、また21歳以上の未婚の子供

    ※このカテゴリーのビザ発行数には年間割当有り

 

資料提供

Michiko Nowicki Esq. (ミチコ・ノーウィッキ弁護士)‘Aina Law Office

3615 Harding Ave. Ste. 309

Honolulu, HI 96816

Tel: HI (808) 927-9648 TOLL FREE (888) 917-AILO (2456)

Fax: (808) 734-5854 Email: info@ailovisas.com