米国市民権

18歳以上の永住権(グリーンカード)保持者で該当条件を満たしている場合、市民権の申請を行なうことができます。帰化申請前の5年間、永住権保持者として合法的にアメリカ国内に居住していた、または、米国市民と結婚して永住権を取得した場合は過去3年間アメリカ国内に合法的に居住していたことが条件となります。さらに、アメリカに居住している期間は、1年のうち最低6ヶ月はアメリカ国内に滞在していたことや、その期間、善良な居住者であったこと等を証明する必要があります。

また、申請後の面接や試験では、米国の歴史や政府機関についての基本的な知識および通常レベルの英語の能力が求められます。合格者は、宣誓式の後、帰化証明書が発行され、米国市民となります。

 

資料提供

Michiko Nowicki Esq. (ミチコ・ノーウィッキ弁護士)‘Aina Law Office

3615 Harding Ave. Ste. 309

Honolulu, HI 96816

Tel: HI (808) 927-9648 TOLL FREE (888) 917-AILO (2456)

Fax: (808) 734-5854 Email: info@ailovisas.com