非移民ビザ

H1-Bビザ(専門職の方の労働ビザ)

  • 専門職に関係する4年生大学卒業。短大卒の場合計6年の職歴がある
  • 専門職に関係する学歴がない場合、同じ分野での職歴が12年あり、専門的な能力を発揮できる
  • 専門職に必要な資格を取得している
  • アメリカ企業のスポンサーがついている
  • スポンサー会社からアメリカ国民に支払う額と同等の給与が支払われる

※各会社で労働許可証が発行されている場合は、複数の会社での労働も可。パートタイムも可。

 

 

B-1・B-2ビザ(3ヶ月から6ヶ月未満のビジネス・観光ビザ)

  • 日本とのつながりを証明する書類、および個人の職業、住居、財産を証明する書類の提示(ビザを申請する直前の雇用契約書、日本の銀行口座の残高証明等)
  • 日本-アメリカの往復航空券を購入済
  • アメリカ滞在中の目的や詳細についての証明

※B-1・B-2ビザはアメリカ領事館から発行される。アメリカに入国後は、他のビザに変更不可。

 

 

F-1ビザ(学生ビザ)M-1ビザ(専門学生ビザ)

  • アメリカの学校よりI-20(在学証明書)を取得している
  • フルタイムの学生である(最終学期を除く)
  • 学費を支払う経済力がある
  • 卒業後、またはプログラム終了後に、帰国する意思がある

※F-1ビザは、フルタイムの学生に限りキャンパス内で働くことは可能。卒業後は、最大1年間のOPT(労働ビザ)を取得可。

※子供が学校に通う場合は、新しいF-1ビザの取得は不要。配偶者が学校に通う場合は、新たにF-1ビザを取得する必要有。

 

 

L-1ビザ(駐在員、管理職、特殊知識ビザ)

  • アメリカに勤務地がある会社で、アメリカ国外に関連会社、親会社、支店、またはジョイントベンチャーがある
  • 過去3年以内に最低1年以上、アメリカ国外の会社で、管理職または特殊知識を必要とする職に就いていた
  • アメリカの勤務先で必要とされる存在であり、アメリカの勤務先で管理職または特殊技能職に就いている

※L-1ビザは最大7年まで更新可。但しマネージャー以上の管理職に限定。

※L-2ビザは最大5年まで更新可。但し特殊知識を必要とする職に限定。

※L-1ビザ保持者は永住権申請可。配偶者ビザ保持者は就労許可書を取得後、アメリカで労働可能。

 

 

J-1ビザ(職業訓練、交換留学生、研究者)

  • アメリカ政府認可プログラム機関からDS-2019フォーム(プログラム参加許可証)が発行され、交流訪問者として受け入れられている
  • 訓練先や学校側より給料や奨学金の支給がない場合、アメリカで生活するための経済力がある
  • チャイルドケアプログラム(Au Pair)を希望する場合、Au Pairに登録済。(チャイルドケアをしながらホームステイするプログラムで、年齢制限(18~26歳)、運転免許取得、ベビーシッターができる等の条件あり)
  • アメリカの医学・医薬の修得を目的とする医学生の場合、National Board of Medical Examiners Examination PartI&Part II(米国医師会の国家試験)やForeign Medical Graduate Examination( 外国での医学卒業試験)などの医師資格試験に合格している
  • トレーニングでJ-1ビザを取得する場合、トレーニング(訓練)の機会が雇用主より与えられおり、交換プログラムが、その会社をトレーニング先として認めている。J-1取得者は米国外で 大学または短大を卒業し1年以上(パートタイムの場合は2年)該当分野での職歴がある、もしくは米国外で5年以上の職歴があり、その仕事に即したトレーニングを受けている

※J-1を取得する医学生や、出身国の政府出資のプログラムに参加した場合は、2年間の待機期間義務有。プログラム終了後にビザ対象者の本国で2年間待機を終えてからでないと、その後アメリカで労働ビザまたは永住権を申請することができない。

※J-1ビザのカテゴリーによって滞在期間は異なる。また扶養者は就労許可証を取得後、アメリカで労働可。

 

 

Oビザ(科学、芸術、ビジネス、スポーツの分野で優れた能力がある)

  • アメリカの学校よりI-20(在学証明書)を取得している
  • フルタイムの学生である(最終学期を除く)
  • 学費を支払う経済力がある
  • 卒業後、またはプログラム終了後に、帰国する意思がある

※F-1ビザは、フルタイムの学生に限りキャンパス内で働くことは可能。卒業後は、最大1年間のOPT(労働ビザ)を取得可。

※子供が学校に通う場合は、新しいF-1ビザの取得は不要。配偶者が学校に通う場合は、新たにF-1ビザを取得する必要有。

 

 

Pビザ(スポーツ選手、芸術関係者)

P-1Aビザ(スポーツ選手)

  1. 国際的なスポーツ競技で、国際的に卓越した実力が複数国で認められている
  2. 個人、またはチームの一員として、アメリカで特定の競技またはイベントに出場する

P-1Bビザ(エンターテイメントグループ・芸能)

  1. 国際的に卓越した実力が認められている
  2. 個人ではなく、グループとしての実力が認められている
  3. エンターテイメントのグループの一員として、アメリカで特定のイベントに出場する

P-2ビザ(芸術家、エンターテイナー・芸能)

  1. 芸術家あるいはエンターテイナーが、アメリカ政府が認めている交換プログラムに参加する
  2. プログラムに参加しているアメリカのアーティストに匹敵するレベルのスキルを保持する>

P-3ビザ(文化的芸術家、エンターテイナー・芸術)

  1. アーティストやエンタ―テナーが、個人またはグループの一員として、文化的にユニークなプログラムに出演・指導を行う
  2. ビザ保持者の芸術の理解を促進させるためのカルチャーイベントや行事に参加する

 

資料提供

Michiko Nowicki Esq. (ミチコ・ノーウィッキ弁護士)‘Aina Law Office

3615 Harding Ave. Ste. 309

Honolulu, HI 96816

Tel: HI (808) 927-9648 TOLL FREE (888) 917-AILO (2456)

Fax: (808) 734-5854 Email: info@ailovisas.com