ファミリー ドクターの選び方

ファミリー・ドクターとは、日本でいうかかりつけの医師のことである。General Practitioner という専門分野を限っていない医師がなる場合が多い。

このファミリー・ドクターを、日頃から健康診断などの基礎的なものに利用し、特殊な病気にかかった時、専門医や病院を紹介してもらう使い方をするのが、米国では一般的である。

選び方の目安としては、自宅の近距離にあること、経験のある看護婦やアシスタントがいること、大病院にコンタクトがあること、などがあげられるが入国直後には分からない場合が多いので、知人、友人に相談するのがよいだろう。