米国の医療習慣について

米国では、ひとつの建物の中に多くの医師が軒を連ねて開業している場合がある (Medical Facility)。日本に見受けられる、“町中の一軒”といった開業医もいるが、このように多くの医師が集まっていると、夜間の受けつけ体勢が取りやすいばかりではなく、レントゲンやラボの集約化がしやすいなどの利点も兼ねそなえている。またその多くは、総合病院と直結している。

 

医療分業は、米国の医療制度の基本となっている。これは、日本のように病院で診療後薬をもらい、合わせて会計するのと違い、診療後医師の書いてくれた処方箋 (Prescription) を薬局 (Drug Store, pharmacy) へ持参し、調合してもらう。薬局には、処方箋がなくとも買える薬があるが抗生物質の類は、医師の書いた処方箋がなければ、入手できないものが多い。

 

ファミリー・ドクター同様、薬局も行きつけを決めておくとなにかとべんりである。なんらかの持病をもっていて薬を携帯しなければならない場合 (例えば血圧を下げる薬など)、その薬の処方箋を所持しておいたほうがよい。場合によっては命にかかわることである。入国時に持ってこなかった場合、携帯薬が無くなる前に、日本側に問い合わせ、郵送してもらうべきだろう。

 

持病のある人、また幼児などの場合、日本の主治医による英文の診断書を何通か用意し、米国のファミリー・ドクターに引き継いでもらうことをすすめる。 日本の医師と比べて、米国の医師はあまり薬を使わないからといって心配しないように。また注射や点滴なども一般の開業医などでは、よほどのことがないかぎり行わない。日本で使える薬などでも米国では使用を禁止されているものがあるので (例えば咳止めの注射)、注意したほうがいいだろう。