スカイワイキキの新ハッピーアワーとカクテルを紹介します♪

2016/06/30

Aloha! アロハタウンネット制作スタッフのAsamiです♪

 

スカイワイキキのハッピーアワーメニューが新しくなった!

ワイキキで今一番アツいナイトスポットといえば、昨年夏にオープンしたスカイワイキキ。「ワイキキ周辺が一望できるルーフトップラウンジ」として有名なお店です。

スカイワイキキ

スカイワイキキは夜10時を過ぎるとクラブになるので、ディナーを食べてから「まだまだ遊ぶぞっ!」というテンションで利用する方がも多いかと思います。

 

しかーし!実は、夕方の時間帯に行くのもけっこうオススメなんです。その理由はズバリ ハッピーアワー をやってるから!です。

スカイワイキキ

スカイワイキキでは、毎日17:00~19:00までの2時間がハッピーアワーです。

通常$7のハイネケンが$4、ハウスワイン$6、そして曜日ごとにフードとカクテルが1種類ずつ、特別価格で提供されています。しかも金・土・日もやっています。(←月~金で働いている人には嬉しいポイント!)

 

今回そのハッピーアワーのメニューが一新されたということで、試食に行ってきました。と同時に、ハワイの有名なサーフポイントにちなんだカクテルも新登場したそうなので、そちらも一緒に試してきましたー!

スカイワイキキ

やっぱりスカイに来たら、景色をみたいっ!ってことで、まずは「スカイ・デッキ」の方を覗いてみましょう♪

スカイワイキキ

いつ見ても素晴らしい景色~~~!ワイキキビーチも、ダイヤモンドヘッドも、ピンクパレスも、すべてここから拝めます。

スカイワイキキ

夏場だとハッピーアワーのはじまりの時間は、まだこのように青々とした景色が楽しめます。そして終わりごろに美しいサンセットが眺められるはず…♪ 17時~19時は、刻一刻と美しく姿を変えていくワイキキの景色を楽しむのに、ちょうどいい時間かもしれません。

 

ただ、ハッピーアワーのメニューをオーダーできるのは「メインラウンジ(室内)」だけなのです…。でもでもメインラウンジもとってもオシャレでいい雰囲気なんですよ♪

スカイワイキキ

ワイキキビーチの方向がガラス張りになっているのでたくさんの光が差し込み、変わりゆく空の色はここからでも楽しめます。

 

 

結構食べごたえあり!な、新メニュー。

さ~て、さっそく新しいハッピーアワーのメニューをご紹介しましょう!日替わりのハッピーアワーメニューは以下の通り!(食べ物/飲み物の順)

【月】トリュフ・マッシュルーム・マスカルポーネ・ピザ/ジン・ギムレット

【火】アヒポケ&アボカドムース/テキーラ・デイジー

【水】チキンウィング/ウイスキー・サワー

【木】ビックアイランド・スモーク・ピザ/ウォッカコリンズ

【金】アヒフィッシュタコス/ジンorウォッカ グレイハウンド

【土】カルアポーク・スライダー/ラムピナコラーダ

【日】ガーリックチキン・スライダー/ラムモヒート

食べ物は$10、カクテルもたったの$6です。このロケーションでこの価格はお得感ありです。そしてこのメニューの中で今回、金・土・日のフードメニューを試食してきました!

 

まずは金曜日のメニュー「アヒフィッシュタコス」がこちら。醤油とワサビでマリネしたアヒと、にんにくピクルスが効いた特製のタルタルソースを、ソフトコーントルティーヤに乗せていただきます。

スカイワイキキ アヒフィッシュタコス

しっかりと味付けされたアヒカツはそれだけでも十分1品として成り立つ味。コリコリとしたタルタルソースの触感も相まって、おいしい♪スカイワイキキならではの見た目もオシャレなおつまみです。

 

 

こちらは土曜日のメニュー「カルアポーク・スライダー」。ハワイの名物カルアポークと、トマトのスイートピクルスをふわふわのロールパンで挟んだ小さなハンバーガー。

スカイワイキキ カルアポークスライダー

カルアポークは肉汁が逃げずにジューシーで、スモークの香りもしっかり。トマトレリッシュがさっぱり感をプラスしてくれていて、お酒と相性の良い味付けになっています。

 

 

そして最後に試食したのが日曜日のメニュー「ガーリックチキン・スライダー」。普段は$15のこのメニューが、日曜のハッピーアワーでは$10で食べられます。チキンのから揚げとふりかけマカロニをパンではさんだ、こちらもハワイらしい小さなハンバーガーです。

スカイワイキキ ガーリックチキン・スライダー

テリヤキ風の甘めのたれがしっかりとからまったから揚げは、嫌いな人はいないはず♪ふりかけのゴマとノリの香りがいい仕事しています!ついついビールがすすんじゃう、日本の人にもローカルにもウケのよさそうな味です。

 

 

有名サーフスポットをイメージしたカクテルたち。

さて、冒頭でもちらっと紹介しましたが、スカイワイキキは新しい7種類のシグネチャー・ドリンクを発表しました。旅行でハワイを訪れた方にはぜひぜひ試してほしいスカイの新しいカクテルたちは、オアフ島の有名なサーフスポットをイメージして作られたオリジナルカクテルです。さっそくそちらも紹介していきましょう!

 

スカイワイキキのカクテル

カヴェラ・スピリッツ

[ドランシャンベリー、ブラン、ライム、ラベンダービター、プロセッコ]

タートルベイの近くにある隠れ家のようなビーチ 【カウェラベイ】をイメージしたカクテル。ラベンダーの香りがアロマと呼びたくなるほど心地よく、カウェラベイの穏やかな波のように癒しを与えてくれる味でした。

サンセット・サゼラック

[タンカレージン、ベルベットファレナム、ペイショーッズビター、アブサンスプレー]

ノースにある【サンセットビーチ】をイメージしたカクテル。サンセットビーチの波のように強く、甘さは控えめでジンがしっかりと味わえます。サンセットのように、つい眺めていたくなるキレイな赤い色も素敵♪

スカイワイキキのカクテル

スカイワイキキのカクテル

クイーンズ・ダイキリ

[フロール・デ・カーニャ、ラム、ジファール、バナナリキュール、ライム]

ワイキキビーチ】をイメージしたこのカクテルは、グラスからすでにおしゃれで都会的♪ 誰にでも簡単に楽しめるワイキキの優しい波のように、甘い「香り」とさっぱりした「味」のバランスが絶妙な、とっても飲みやすいカクテルでした。

チャンズ・ハイボール

[ハイランドパーク、スコッチ12年、レモン、レモングラス、ソーダ]

ハレイワにあるノースショアのなかで最も柔らかなブレイク持つ【チャンズビーチ】をイメージしたカクテルは、日本でポピュラーなジャンジャーハイボールです。ちょっぴり和を感じるこのカクテルが、日本人にとって一番飲みやすいかも。

スカイワイキキのカクテル

スカイワイキキのカクテル

ライトハウス・ミュール

[ターメリック風ウォッカ、自家製ゆずジンジャーシロップ、ライム、コック&ブル・ジンジャービール]

赤と白のストローはどこかで見た景色を思い出させますよね。そう、【マカプウ・ライトハウス(灯台)】です!とっても飲みやすく、フレッシュなゆずとジンジャーでヘルシー感もあるこのカクテルは、見た目の可愛さもあって女の子にぴったりだと思います。

マカプウ・ブルー

[レイキャウォッカ、ラム、レモン、ブルーキュラソー、ココナッツクリーム、カフィアライム、ティンクチャー]

マカプウビーチ】で見たあの真っ青な海をそのままグラスに注ぎ込んだみたいな美しいカクテル。白い波を模したココナッツクリームのおかげで、口当たりがとってもまろやか。ハワイらしさも飲みやすさもナンバーワンのカクテルです。

スカイワイキキのカクテル

スカイワイキキのカクテル

マカハ・マッドネス

[コナコールドブリューコーヒー、アンチョ・レジェス、チリリキュール、ビターメンズモール・ビター、シナモン、クリーム・デ・カカオ]

見るからにシブいこちらのカクテルは、オアフ島西海岸の最果てにある【マカハビーチ】をイメージしたもの。飲んだ瞬間にコナコーヒーをすぐに認識できるほど、コーヒーの香りが高いです。だけどしっかりお酒の味もして、飲みやすさもある。個性的だけど見事に調和のとれた味は、ミクソロジストの腕が光っています。

 

 

 

あのビーチでの思い出を、カクテルを飲みながら…♪

普段はビール党でカクテルはほとんど飲まない私。だけど、スカイの新しいカクテルはどれもこれも意外性あり、見た目の楽しさあり。そしてちゃんとおいしくて、「カクテルの楽しさ」が分かった気がしました。

スカイワイキキ

オアフ島を観光した後、その場所をイメージしたカクテルを飲みながら思い出話をする…なんて、とっても素敵じゃないですか♪!?ぜひみなさんも、夕暮れ時のスカイワイキキに行って、お得なハッピーアワーメニューや、新しいカクテルを楽しんでみてくださいね♪

 

スカイワイキキ

住所

ワイキキビジネスプラザ19階 2270 Kalakaua Ave 地図を見る

電話番号

808-979-7590

営業時間

日~木曜 17:00-24:00 / 金・土曜 17:00-翌2:00
ハッピーアワー 毎日17:00-19:00

駐車場

無料バリデートセルフパーキング及びヴァレーパーキング

ドレスコード

ディナー:リゾートカジュアル
ナイトライフ(10:00以降)ファッショナブルな服装でお越しください。

Webサイト

skywaikiki.com

 

※この情報は掲載時のものです。価格やメニューは変更されることがありますのでご了承ください。

 

 

 

 

この記事に「いいね!」する 

Aloha townnetに「いいね!」する 

執筆者

制作スタッフ

Asami

アロハタウンネットの制作スタッフ Asamiです。 関西出身。ハワイには住みたてホヤホヤで、まだまだ知らないことばかり。周りの人に助けてもらいながら、なんとかハワイライフを送っています♪ 旅行者や移住したばかりの人の目線で、ハワイでの驚き、発見、日本との違い、おもしろいと思ったこと、最新情報など、どんどん発信していきたいと思います!