ホノルル美術館には行くべきか否か・・・

2017/05/15

Aloha!ハワイの最新情報をお届けするアロハタウンネットです。

 

 

ホノルル美術館が入館料を値上げしました

honoluluartmuseum.jpg

ホノルル美術館は、先日大人の入館料を$10から$20に変更しました。

(但しハワイ在住者は今まで通り$10。18歳以下が無料になっています。)

 

さらに、毎月最終金曜日に行っている大人向けのイベント「アート・アフター・ダーク」(18時から21時)もいつの間に$25になってました。

 

但し、$25で年会員になると、どちらも入場無料となります。

ということは、滞在中にこの美術館に少なくとも2度は行こうと思っている人は会員になったほうがお得ですね。

更に今年の7月1日から年会費が$30に値上げだそうです。

気になる方は、こちら(メンバー登録用)にて申し込みが可能です。

 

しかし旅行者にとっては、イタタな値上げですね。入場料$10は結構お手頃価格で美術鑑賞が出来て良かったのですが・・・。

 

うまく日程があえば無料で入場できる日があります

honoluluartmuseum.jpg

ホノルル美術館では、バンクオブハワイのご厚意により、毎月第一水曜日と第三日曜日が入場無料となっています。

 

このイベントはあくまで家族向けのもので子供向けのイベントを行っていますが、一人でも、カップルでも、入場無料です。もちろん普通に美術鑑賞が可能です。

今月の第三日曜日は5月21日。今週末の日曜日です!

ローカルの人は間違いなくこの日を狙って訪れていると思います。

このチャンス逃すべからずです!

このイベントの日曜日だけは、特別に11時オープンとなります。

今月の子供イベントのキーワードは「Wheel World」。自転車を利用したいろいろなイベントが行われます。

 

ホノルル美術館の内部

ホノルル美術館には、現在コレクションは50,000点を上回り、重要なアジア美術品、アメリカ、ヨーロッパの絵画や装飾品、アジア織物、アフリカ、オセアニア、南北アメリカの伝統的な作品、ハワイの美術品などが展示されています。

現代アートの企画展示と世界中の美術品を地域ごとに分けて、これでもかというくらい展示されており、全部じっくり見てると丸一日かかるかもしれません。

敷地自体はそれほど広くないのですが、中庭を囲むようにうまく配列されていています。

 

  • 現代アートの特別展を現在行っています。

 

  • 続いて西洋美術

 

  • ハワイの芸術

 

  • 今回の一番のお気に入りアートはこれ!マウイのクリストファー・コールの作品

 

  • 無料の日はマキキにある「スポルディングハウス」への送迎バスがあります。バスの横に「レイを作る少女」が!

 

通常日はスポルディングハウスも同一の料金がかかるので、やはりこの無料の日に一気に行くのが得策かもしれません。

 

ワイキキからのアクセス

車の場合

《ル-ト①》カラカウア大通りを山側に向かって進み、サウスベレタニア通りとの交差点を左折。そのまままっすぐダウンタウン方向へ。左手のトーマス・スクエア(公園)手前にホノルル美術館ア-トスク-ル、その裏手に駐車場があります。

 

《ル-ト②》アラモアナ通りをダウンタウン方面へ。ワ-ド通りとの交差点を右折、まっすぐ進み、サウス・ベレタニア通りを右折。ブレイズデル・コンサ-トホ-ル正面とビクトリア通り三叉路をヤング通りへ左折。ア-トスク-ル後ろに駐車場への入り口があります。

*専用の駐車場は5時間で$5です。因みに日曜日は周辺道路が終日駐車可能となります。

 

バスの場合

ワイキキ方面からは、クヒオ通りの停留所よりダウンタウン方面へ、2番のバスで約20分。ホノルル美術館前の停留所で下車。

 

JTBトロリ-

JTBツア-に参加している場合は ‘OLI’OLIトロリ-がご利用できます。トロリ-時刻表

 

Honolulu Museum of Art

住所

900 South Beretania Street Honolulu, Hawaii 96814

電話番号

808-532-8700

営業時間

火~土 10:00-16:00、日 13:00-17:00

休館日

月曜日

WEBSITE

https://honolulumuseum.org/

 

この記事は2017年5月15日現在の情報をもとに作成されています。
この記事に「いいね!」する 

Aloha townnetに「いいね!」する 

執筆者

三代目

三代目アロハタウンネット編集長。本牧の警友病院生まれ。日本より低反発マットレスを小脇に抱えハワイに単身永住。旅行で訪れるハワイは最高だったが、はたして暮らすハワイも最高なのか!右手にミラーレス、左手にGoPRo握って日夜ハワイを奔走中。