第2次世界大戦時のアメリカの歴史を偲ぶリビングヒストリーデー

2017/08/06

Aloha!ハワイの最新情報をお届けするアロハタウンネットです。

太平洋航空博物館パールハーバーよりお知らせです。

 

第2次世界大戦時のアメリカの歴史を偲ぶリビングヒストリーデー

太平洋航空博物館パールハーバーでは、9月23日(土)の午前9時〜午後4時30分、第2次世界大戦のアメリカの歴史を振りかえる「リビングヒストリーデー」を開催します。

 

このイベントは、スミソニアンマガジン誌の「ミュージアムデー・ライブ!」との合同企画で、ミュージアムデー・ライブ!のチケットを提示することで、太平洋航空博物館パールハーバーの入館料が最大2名分無料となります。

無料チケットは、www.smithsonianmag.com/museumday/museum-day-live-2017にて、8月25日(金)からダウンロードできます。太平洋航空博物館パールハーバーは、スミソニアン協会の提携博物館や教育機関からなる「スミソニアン・アフィリエイト」の一員で、トリップアドバイザーのトップ10航空アトラクションの一つにも選ばれています。

 

今年のイベントは、第2次世界大戦という歴史的大事件を記録した映像や写真の役割に焦点を当てています。イベント当日の午後2時30分からは、館内シアターにて数々の映画賞を受賞したドキュメンタリー映画「ファインディング・クーカン」の特別上映会を開催します。上映後には、この映画の監督で、ハワイ在住のロビン・ラン氏による質疑応答が行なわれる予定です。

 

「ファインディング・クーカン」は、70年近く行方不明になっていた第2次世界大戦時の中国を描いたアカデミー賞受賞カラードキュメンタリー映画「クーカン」という作品の女性プロデューサーだったにも関わらず、映画のクレジットにも載らなかったハワイ在住のリー・リンアイというミステリアスな女性のことを7年かけてリサーチしたドキュメンタリー映画です。

 

他にも、第2次世界大戦当時の記録や家族写真の保存の仕方や白黒写真カラーに変換するデモンストレーション、博物館内を巡って様々な第2次世界大戦当時のイメージ写真を探すスカベンジャーハント、第2次世界大戦時のパイロットのコスチュームを着た解説者による説明やダンサーによるスイングダンスのデモンストレーション、地元の学生達による展示やプレゼンテーション、コックピット試乗体験などが楽しめます。キヤノンUSAの協力で、館内でのカメラの貸出しとフォトグラフィーのワークショップも行なわれます。

 

太平洋航空博物館パールハーバーのイベント最新情報(2017年8月〜12月)

 

■航空エンジニアが学んだこと

開催日:2017年8月8日 (火) 10:00 am ~ 11:00 am

 

ロッキード・マーティン社の重役、ステファニー・ヒル氏が、予期せず航空エンジニアになった経緯を語る1時間。興味深いエンジニアの日常的な仕事の話しのほか、さまざまなバックグラウンドの若い世代に科学技術、工学、数学を奨励。太平洋航空博物館パールハーバーのシアターにて開催。博物館メンバー及び入館料支払い済みの来館者は入場無料。

 

■ディスカバーユアフューチャー・イン・アビエーション

開催日:2017年10月21日 (土) 10:00 am ~ 4:00 pm

 

仕事として、または趣味として航空に興味がある若者向けのイベント。スペシャル航空デー8周年を記念して、手作業ワークショップ、キャリアフェア、フライト研究室、インタラクティブな科学展示など様々な楽しみを用意している。参加者は抽選会に応募したり、歴史的航空スポットや航空テーマ撮影コーナーで写真を撮ったりすることが可能。博物館メンバー及び入館料支払い済みの来館者は、イベントの参加無料。

 

■フォーラブオブカントリー:パスイットオン

開催日:2017年12月2日 (土) 6:00 pm ~ 10:00 pm

 

博物館の復元と教育プログラムを支えるためのディナー・ファンドレイザー。このガラパーティーには、カクテル、ディナー、エンターテイメント、オークションが含まれる。ゲストはテッド・シーリー中尉の復元工房から新しく復元された航空機をいち早く見学できる。詳しい情報、スポンサーテーブル、チケットについては808-441-1006またはCarol@PacificAviationMuseum.org、PacificAviationMuseum.orgまで。

 

■ブラッケンドキャンテーン(黒こげの水筒)セレモニー

開催日:2017年12月6日 (水) 7:00 am

 

太平洋航空博物館パールハーバーと零戦愛好会会長菅野広也博士の主催により、USSアリゾナ記念館で開催される慰霊祭。この 式典では、日米両国の犠牲者の魂に黙祷を捧げ、平和と和解への思いを新たに、第二次世界大戦で殉職した米兵の遺品である黒こげの水筒を使い、真珠湾の海に献酒する。取材をご希望のメディアは、chihiro@mediaetc.netまで。一般客のご予約は、博物館イベントコーディネーターのギャリー・メイアー808-282-6570まで。参加は先着順。

 

■パールハーバーメモリアルパレード

開催日:2017年12月7日 (木) 6:00 am

 

豪華に装飾されたコブラ機とヒューイヘリ機がフロートやマーチングバンドに加わり、真珠湾攻撃生存者、退役兵、そして現役兵士達とその家族に敬意を表しカラカウア通りを行進する。この日は博物館から「トラベリングP−40」のマグネットが無料で配られる。真珠湾攻撃の記念日に行われるこのパレードは、午後6時にワイキキのフォートデルッシーを出発し、カラカウア通りを下り、カピオラニ公園まで行進する。

 

 

 -PR

 

店舗情報(ホノルル)
太平洋航空博物館パールハーバー

住所

319 Lexington Blvd., Honolulu, HI 96818 フォードアイランド 37番格納庫

営業時間

博物館:午前8時〜午後5時,チケットオフィス:午前8時〜午後4時

休館日

元旦、感謝祭、クリスマス

連絡先

808-441-1000

ウェブサイト

jp.pacificaviationmuseum.org

この記事に「いいね!」する 

Aloha townnetに「いいね!」する 

執筆者

三代目

三代目アロハタウンネット編集長。本牧の警友病院生まれ。日本より低反発マットレスを小脇に抱えハワイに単身永住。旅行で訪れるハワイは最高だったが、はたして暮らすハワイも最高なのか!右手にミラーレス、左手にGoPRo握って日夜ハワイを奔走中。