フードランドでポケバトル勃発!

2018/05/13

Aloha!ハワイの最新情報をお届けするアロハタウンネットです。

フードランドが70周年を迎えポケバトルを開催!

5月5日(土)、Foodland Farms Ala Moanaで7名の有名なFoodlland and Hawaii Food&Wine Festivalのシェフがフィーチャーした70周年記念ポケバトルが開催されました。

 

 

参加シェフ

Nico Chaize(Nico’s Pier 38)

Keoni Chang(Foodland Super Market、Ltd.)

Colin Hazama(Royal Hawaiian、A Luxury Collection Resort)

Ed Kenney(Mud Hen Water)

Chris Oh(Chingu)

Brian Nagai(Foodland Farms Ala Moana)

Daniel Young(Young’s Fishmarket)

 

対戦方法はいたって簡単。7人がそれぞれ新しい創作ポケを作ります。お客様はそれぞれ試食することができます。そしてもっとも美味しいと思ったポケステーションの投票箱に一票を投じることができます。そして優勝したシェフにはそれぞれ優勝賞金である$5,000を寄付する先が決まっていて、賞金は全額その団体に寄付されることになっています。

 

いよいよバトルスタート!

会場であるアラモアナのフードランド・ファームは、それはもう特売日のような人の数です。それもそのはず、有名シェフの創作料理のサンプリングができるのですから当然ですね。

いよいよお昼の12時です。2時間及ぶバトルのスタートです。

 

こちらは、スタート直前のニコスピア38のシェフであるニコさん。余裕があったのはこの瞬間だけでした。

スタート後は、次々にやってくるお客さんに料理を用意するのでどのシェフもてんてこ舞いのようでした。

 

 

それでは気になるシェフの料理を見ていきましょう!


Nico Chaize / Nico’s Deluxe Poke

このバトル唯一の生マグロを使用。素材だけで勝負に来ました。生マグロは柔らかくておいしかったです。

 


Colin Hazama / Smoked Hapa Poke

燻製されたマグロと、さいの目に細かく切られた他の素材とゼラチンが、味・食感ともに絶妙にマッチしていて美味。ご飯に乗せて食べてみたかった一品です。販売するならこれが一番いいかも

 


Daniel Young / Hawaiian Chili Pepper Lomi Ahi Poke

チリペッパーで合えたアヒにポイを絡めていただきました。ピリ辛マグロとポイの酸味も強くなく比較的あっさり味でした。

 


Keoni Chang / Ahi Poke Tostada

ハラペーニョとポン酢でマグロをあえたちょっとエスニックなアヒポケ。トスターダに乗っているのでメキシカン?パクチー乗っています。

 


Ed Kenney / Roasted MA’O Beet Poke

真っ赤なビーツのポケ。マグロの赤身だと思って食べたら全く違う食感にびっくり。とってもヘルシーです。

 


Chris Oh / K-town Poke Inari

今回のバトル、一番の行列。一番手が込んだ料理でした。そして稲荷の上にはウニとイクラが乗っている!掟破りの高級食材、美味しいに決まっています。POKEなのかどうかは別として・・・・シェフの表情に免じてOKとしましょう。

 

 


Brian Nagai / Ahi Poke with Chermoula 

ブツ切りのアヒを、モロッコ料理の定番ソース「チャルモラ」で絡めたもの。トッピングされているのはチリライムのタピオカとエシャロットです。レモンの効いた酸味にあるソースが独特の世界観を引き出しています。

 

用意した料理が早々に無くなるところもあれば、フードランドチームのように地の利を生かして最後まで料理を提供しているところもありました。想像以上の来客だったようでどこのブースもお皿が先に完売していました。

 

7品のPOKEです。果たしてどのPOKEが優勝するのでしょうか!?

 

2時になりバトルは終了。抽選箱が回収され投票の集計に入ります。

 

ひと仕事終えたシェフたちが結果発表に集まってきました。

 

優勝は、フードランドの総料理長ケオニさんでした。そして賞金の5000ドルは本願寺ミッションスクールに寄付されることになりました。

 

なかなか太っ腹なイベントでした。また楽しい企画お願いします。

 


イベントの模様を動画にてご覧ください

この記事に「いいね!」する 

Aloha townnetに「いいね!」する 

執筆者

三代目

三代目アロハタウンネット編集長。本牧の警友病院生まれ。日本より低反発マットレスを小脇に抱えハワイに単身永住。旅行で訪れるハワイは最高だったが、はたして暮らすハワイも最高なのか!右手にミラーレス、左手にGoPRo握って日夜ハワイを奔走中。