「ジッピーズ」にもち粉使用のオリジナル・マラサダ “モチザダTM” 新登場

2019/07/07

Aloha!ハワイの最新情報をお届けするアロハタウンネットです。

 

「ジッピーズ」にもち粉使用のオリジナル・マラサダ “モチザダTM” 新登場

 

ハワイのローカルファミリーレストラン「ジッピーズ」は、この度、もち粉を使用したオリジナル・マラサダ“モチザダTM”の販売を開始しました。シュガーコーテッドとグレーズドの2種類を、どちらも1個$1.95にてご提供します(但し、ネイバーアイランドでは$2.10。店舗により異なる場合があります)。本新商品は、カフルイ、ヒロを含む州内すべてのジッピーズ店舗にてお求めいただけます。

 

ジッピーズ・マーケティング部ヴァイスプレジデントのケビン・イムは、「当店の最新商品“モチザダ”は、マラサダとモチの2つのハワイ定番スイーツを合わせたもので、もっちりとしたテクスチャーとフレーバーが醸し出す新感覚の味わいをお楽しみいただけます。イベントやポットラックパーティーなどに絶好です。ぜひご利用ください」と述べています。

 

ジッピーズ・レストランは、現在ハワイ州内に24時間営業店を含め計24店舗を展開しています。

 

 

ジッピーズ・ハワイについて

ジッピーズ・ハワイは、1966年10月17日、フランシス&チャールズ・ヒガが、マッカリー地区(1725 サウスキング・ストリート)に、ダイニングルーム “サイミン・ラナイ” を後ろに併設したファーストフードカウンターをオープンしたのがはじまりです。以来半世紀に渡り、良質でオノ(美味しい)なローカルコンフォートフードを手頃な値段で提供し、ハワイのシンボルとも呼べる地域に密着したレストランに成長しました。看板のオリジナルチリ、チリモコ、ロコモコ、黄金色に揚げたフライドチキン、コリアンチキン、名物ジップパック®、オックステールスープ、サイミン、アップルナップル®、マラサダなど、今やローカルのみならず、州外に住むロコたちや旅行者も恋して止まないハワイの名物レストランとなっています。また近年は、ナポレオンベーカリー®、大阪おかずや、カハラ店のカハラ寿司、パールシティ店の寿司バーなど、事業範囲をさらに拡大。現在、オアフ島に22店、マウイ島とハワイ島に各1店の計24店を展開しています。

 

http://zippys.com/

-PR