ハワイのワクチン最新情報【4月16日更新】

2021/04/12

 

●DOHがJ&Jワクチンの接種中断を発表

ハワイ保健省は、米食品医薬品局(FDA)と米疾病対策センター(CDC)は13日、米製薬大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)が開発した新型コロナウイルスのワクチンについて、国内での接種を中断するよう勧告したことにより、同日接種の中止を発表しました。

 

本日CDCとFDAは、J&Jワクチンを接種した後、個人で6件の重度の血栓の症状が報告されている事を受け、患者を適切に認識して治療するための医療システムを準備するために、J&Jワクチンの使用を一時停止することを勧告しました。

 

これを受けDOHは、J&J製のJanssen COVID-19ワクチンの投与が予定されていたワクチン接種クリニックに対し、モデルナ製のワクチンに振り替えて提供するか、接種の再スケジュールを行うよう要請しました。

 

症状のある6例すべてが18歳から48歳の女性で発生し、症状はワクチン接種後6日から13日で発生しています。この特定のタイプの血栓の治療は、通常行われる可能性のある治療とは異なります。通常、血栓の治療にはヘパリンと呼ばれる抗凝固薬が使用されます。この状況ではヘパリンの投与は危険な可能性があるということです。

 

CDCは水曜日に予防接種実施諮問委員会(ACIP)の会議を招集し、これらの事例をさらに検討し、潜在的な重要性を評価する予定です。FDAも、これらのケースを調査し、その結果をレビューします。それらのプロセスが完了するまで、念のためこのワクチンの使用を一時停止することを勧めています。これは、一部には医療提供者コミュニティがこれらの症状の可能性を認識し、このタイプの血栓に必要な独自の治療による適切な認識と管理を計画できるようにするために重要です。

 

現在、これらの症状は非常にまれであるように思われます。COVID-19ワクチンの安全性は連邦政府の最優先事項であり、COVID-19ワクチン接種後の健康問題に関するすべての報告を非常に真剣に受け止めています。J&Jワクチンを接種し、ワクチン接種後3週間以内に激しい頭痛、腹痛、脚の痛み、または息切れを発症した人は、医療提供者に連絡する必要があります。

 

アメリカ国内で既に推定700万人がJ&Jのワクチンを接種しています。

 (2021年4月13日)

 

オアフ島のワクチン接種対象者が来週より50歳以上に拡大

 

ハワイ保健省(DOH)は、4月12日月曜日から、50歳以上のオアフ島の住民にCOVID-19ワクチンの接種資格を拡大します。

 

「これは、オアフ島の50歳以上の居住者が、4月19日に16歳以上のすべての人にワクチンの資格が開放される前に登録する絶好の機会です」とヘルスディレクターのエリザベス・チャー博士は述べています。「今日資格のあるすべての人に、できるだけ早く予約を入れることをお勧めします。」

 

さまざまな予防接種オプションがhawaiicovid19.comの登録ページにあります。オンラインサインアップで追加の支援が必要な可能性がある、または輸送サービスの資格がある高齢者向けのサービスは、アロハユナイテッドウェイ2-1-1に電話して利用できます。

 

「地元の薬局では予約が取れていることが多いので、hawaiicovid19.comにアクセスして、近くの薬局でワクチンを探すことをお勧めします」とチャー氏は付け加えました。

 

16歳以上の人々は、ハワイ郡、マウイ郡、およびカウアイ郡ですでにCOVID-19ワクチン接種を受ける資格があります。

 

12月にCOVID-19ワクチンが利用可能になって以来、DOHのデータによると、4月11日の時点で、推定954.594回のワクチンが島全体に投与されていました。ハワイの人口の31%は少なくとも1回の注射を受けており、19%は2回の投与を完了しています。

 

 

 

 

●4月5日よりワクチン資格が拡大

ハワイ保健省は、ワクチン接種に関してフェーズ1cの残りのエッセンシャルワーカーの接種資格を4月5日より開始すると発表しました。

新たに対象となる労働者は下記のとおりです。

●銀行および金融
●輸送およびロジスティクス
●建設

●小売店
●情報技術
●通信
●メディア

●聖職者

 

(2021年4月3日更新)

 

●予防接種は60歳以上の人々に拡大します

ハワイ州保健局は、3月29日月曜日から、州がCOVID-19ワクチンの適格性を60歳以上の人々に拡大すると発表しました。

「私たちは現在および予測されるワクチン接種数、予約の可用性、そして最も重要なことにハワイの人々に割り当てられたワクチンの量を注意深く監視しています」と州保健局長のエリザベス・チャー博士は述べています。「これらの指標を分析したところ、ワクチンの適格性をより多くの人々に拡大する時が来たことがわかりました。」

現在まで、ワクチンは州のワクチン接種プログラムのフェーズ1aおよび1bにある人、65歳以上の人、重度の呼吸器疾患のために酸素で治療されている人、透析、化学療法または他の注入療法を受けている人、およびホテル、レストラン、バーの不可欠な労働者。

60歳以上の登録の機会は 、hawaiicovid19.comに投稿されたリンクを通じて、および州内の医療提供者からまもなく利用可能になります 。

 

 

●ワクチンの混合接種はNG

COVID-19ワクチンを他のワクチンと一緒に服用しないよう注意してください。2回のCOVID-19ワクチンの接種で別々のワクチンを接種しても効果がありません。

 

●高齢者向けの新しいサービスがスタート

ハワイ保健省(DOH)はCOVID-19ワクチンのオンライン登録プロセスに慣れていないオアフ島の高齢者に対し新たなサービスを提供します。訓練された専門家が週7日対応で、登録プロセスを案内、予約の確保、資格のある個人が予防接種プロバイダーへの送迎を手配するサービスを提供しています。65歳以上の高齢者が対象となります。

 

高齢者や家族の介護者は、2-1-1に電話するだけで登録プロセスを開始できます。アロハユナイテッドウェイ(AUW)の約20人の訓練を受けた専門家と監督者からなる2-1-1チームが、最初の摂取プロセスを担当します。その後、情報は安全に電子的にセントフランシスヘルスケアシステムのコールセンターチームに転送され、24〜48時間以内にAUWの2-1-1にフォローアップを行います。セントフランシスは、ワクチンの投与量に応じて、これらの高齢者のワクチン接種の日付、時間、場所をスケジュールするのを支援します。

 

「DOHだけでは、州の多面的な予防接種計画のさまざまな側面をすべて実施することはできません」と、DOH局長であるチャー博士は述べています。「最高のアイデアは私たちのコミュニティパートナーから来ています。自分たちのニーズを認識し、このニーズを満たすための解決策を見つけてくれた、クプナに深く関わっている人々に感謝します。」

 

2-1-1が運営するクプナコールセンターは、午前7時から午後10時まで年中無休で電話を受け付けます。翻訳サービスもご利用いただけます。


●ミリラニに予防接種クリニックがオープン

ハワイ保健省はタイムズファーマシーと提携して、ミリラニのワクチン接種クリニックで3月25日より4月15日までの毎週木曜日にジョンソン&ジョンソンワクチンを提供しています。

 

ワクチン接種は、現在ワクチンの資格がある人なら誰でも利用できます。これには、65歳以上の人々、ホテル、レストラン、バーの不可欠な労働者、および透析、化学療法、その他の注入療法、または重度の呼吸器疾患のための酸素療法を受けている人々が含まれます。

 

クリニックは、木曜日の午前8時から午後5時まで、ミリラニタウンアソシエーションレクリエーションセンター#5にあります。

1日あたり最大500件の予約が可能です。

接種には予約が必要です。

https://hipaa.jotform.com/210767457890164でスケジュールできます。

 

 

●マウイで1400回分のワクチンを処分

マウイ島の保健当局は、冷蔵エラーのために1,386回のワクチン接種が失われたと発表しました。
当局は月曜日に、ファイザー用の特殊な低温冷蔵庫が適切に密閉されていなかったことを発見。スタッフはすぐにファイザー、州の保健当局、医療パートナーに連絡し、ワクチンは破棄されました。

保健当局は、マウイ島での予約制の予防接種に影響はでないと述べています。


●ハワイでCOVID-19ワクチンが接種ができる人

現在ハワイでは、下記の人がワクチン接種対象者となっています。

●65歳以上の人々(ハワイ島のみ50歳以上)
●医療従事者
●COVIDに感染した場合にリスクが高くなる慢性病状のある個人
●医療従事者
●介護施設(居住者とスタッフ)
●住宅ケアホーム(居住者とスタッフ)
●ファーストレスポンダー/ディスパッチャー
●重要なインフラストラクチャと主要リソース(港/ドック、電気、ガス、飲料水、廃水、電話)
●教育(教師K-12、就学前、デイケア)
●公共交通機関の修正
●食品生産および農業
●食料品店
●米国郵便サービス
●エッセンシャル連邦、州および地方自治体フェーズ1bの最前線のエッセンシャルワーカー
●フェーズ1cのエッセンシャルワーカー(ホテル、レストラン、バーで雇用されている必須の労働者)


また当初は対象のフェーズ1cのエッセンシャルワーカーに含まれていた以下の人は、現在接種資格はありません。

●銀行および金融
●輸送およびロジスティクス
●建設
●情報技術
●通信
●メディア

ホテル、レストラン、バーに雇用されているエッセンシャルワーカーは、雇用主を通じて手配するか、個人で直接スケジュールして、場所とワクチンを選択することもできます。

 

 

 

 

 
この記事に「いいね!」する 

Aloha townnetに「いいね!」する 

執筆者

三代目

三代目アロハタウンネット編集長。本牧の警友病院生まれ。日本より低反発マットレスを小脇に抱えハワイに単身永住。旅行で訪れるハワイは最高だったが、はたして暮らすハワイも最高なのか!右手にミラーレス、左手にGoPRo握って日夜ハワイを奔走中。