ハワイのスーパーとファーマーズマーケット

スーパーマーケットの豆知識

 

 

ハワイのスーパーマッケットは、その大きさだけを見ても、日本とは比べものにならないくらいに広く、売られている商品の「量の多さ」にも驚かされる。また、多くの商品が量り売りであったりと、日本とは違う部分もたくさんある。このページでは、ハワイのスーパーマーケットで買い物をする際にぜひ知っておきたい「豆知識」と、ハワイにある主なスーパーマーケットを紹介する。

 

01.重さの単位

ハワイで用いられる重さの単位はポンド[LB]。1ポンドは約453gなので、だいたい500gくらいと頭に入れておくと便利。
もし500gが多いようなら商品によっては1/2(ハーフ)ポンドや、1/4(クオーター)ポンドなのでの購入も可能。ちなみに[EA]と書かれているものは「個」や「パック」ごとの値段、[BUN]は「束」ごとの値段で、葉物野菜などで使われていることが多い。

 

 

02.クーポン

アメリカの家庭ではクーポンを使っての買い物は当たり前。新聞の折り込みチラシの中には必ず各スーパーのクーポンが入っている。上手に利用すれば、お得な買い物ができる。また、スーパーによっては店舗入り口に置いてあることもあるので、入店時にチェックして有効活用してみよう。

 

03.BUY 1 GET 1 FREE

その名の通り、1つ買うともう1つ(同額がそれより安いもの)がタダになる。ハワイのスーパーではよく用いられる複数割引の形だ。ひとつだけ買うよりも値段が安くなるので、たくさん買って家族や友達とみんなで分けるのもオススメ。1つでもその値段で買える店もある。

 

04.レインチェック

レインチェックはいかにもアメリカらしく合理的で、消費者にとっては便利でお得なシステムだ。特価品を買おうとスーパーに出向いたのにもかかわらず、すでに売切れてしまっていたという経験がある人は多いはず。そんなときには、店のスタッフに「レインチェック券」を貰おう。後日商品が入荷した際に、すでにセールが終わっていても券を出せばセール時と同じ価格で購入できる。(スーパーにより利用できない場合も有り。)

 

05.会員システム

商品によって、一般価格と会員価格があり、会員カードを提示した場合にのみ割引が適応されることがある。ほとんどのスーパーでは入会金・年会費などは無料で、誰にでも会員カードを即日発行してくれるので、入会しておくとお得である。

 

 

06.エコバッグ

ハワイ州では現在、日本でよくあるプラスティック製のスーパーの袋が禁止されている。そのため、リサイクル可能な有料ビニール袋か、無料の紙袋を提供している店が多い。紙袋では重いものを入れた際に避けてしまったり等、なにかと不便なので、いつもバッグに買い物用のエコバックを忍ばせておくのがおすすめ。また、各スーパーマーケットにはオリジナルデザインのエコバッグが売られていることが多く、ハワイ土産として買って帰る旅行者も多い。

 

●ハワイの主なローカルスーパーマーケット
 

フードランド

 

1948年に誕生した、ハワイ最古で最大のローカル・スーパーマーケット・チェーン。現在ハワイ州全土に32店舗を展開している。豊富な生鮮食品の品揃えはもちろんのこと、デリやベーカリーも充実。ハワイのローカルスーパーだけあって、カルアピッグやポケなどハワイ料理も売られている。公共料金の支払いや、切手や市バス定期券の販売を行うカウンターもあり、地元民の生活に欠かせないスーパーだ。

マーケット・シティ店
住所:2939 Harding Ave.Honolulu
電話:(808) 734-6303
営業時間:24時間営業

※・オアフ島に17店舗 ・マウイ島に7店舗 ・ハワイ島に3店舗 ・カウアイ島に2店舗

 

タイムス・スーパーマーケット

 

フードランドに次いでハワイで2番目に歴史があり、規模の大きいローカル・スーパーマーケット・チェーン。新鮮な野菜、肉、魚がお値打ち価格で販売されているため、地元民からの支持も高く、ローカル色の強いスーパーとなっている。

べレタニア店
住所:1290 S Beretania St Honolulu
電話:(808) 532-5400
営業時間:5:00-23:00

※・オアフ島に17店舗 ・マウイ島に2店舗 ・カウアイ島に6店舗 ※BIG SAVE名義の店舗含む

 

ダウン・トゥ・アース

 

ハワイにしかない、バラエティに富んだオーガニック食料品を扱うローカルスーパーマッケット。店内はそれほど大きくはないが、商品数は多く目移りしてしまうほど。オーガニックの紅茶や量り売りのナッツ、グラノーラ等が特におすすめ。またオーガニック石鹸やシャンプー等のコスメも充実している。店内で作られるデリは、数々の賞を受賞しているほどのクオリティーで、ベジタリアンに人気が高い。

ホノルル店
住所:2525 S King St. Honolulu
電話:(808) 947-­7678
営業時間:7:00-22:00

※ ・オアフ島に5店舗 ・マウイ島に1店舗 ・ハワイ島に1店舗 ・カウアイ島に1店舗

 

●主な全米展開の大型スーパーマーケット

セーフウェイ

1915年創業の、全米に2000店舗以上展開している老舗のスーパーマッケット。巨大なスペースに、食料品の品揃えはもちろんのこと、デリやベーカリー、薬や生花、生活品など何でも揃う。アメリカの日常を感じることが出来る一度は訪れてみたいマーケット。大きな駐車場も完備されている。

ワイキキエリア店
住所:888 Kapahulu Ave. Honolulu
電話:(808) 733-2600
営業時間:24時間営業

・オアフ島に14店舗 ・マウイ島に4店舗 ・ハワイ島に2店舗 ・カウアイ島に1店舗

 

ウォルマート

スーパーマッケットと言うよりはデパートに近い大型マーケット。食料品だけでなく洋服、家電、自転車、アウトドア用品まで何でも揃っている。広い駐車場もあり、お土産の品揃えも豊富なので、住民から旅行者まで沢山の買い物客が利用している。

ケアモク通り
住所:700 Keeaumoku St, Honolulu
電話:(808) 955-8441
営業時間:24時間営業

・オアフ島に6店舗

 

 

コスコ (コストコ)

日本でもお馴染みのコストコは、アメリカでは「コスコ」と発音する。売り出し商品は試食が出来るのもコスコの特徴。驚くほど安いがダース売りが多いので、購入してみんなで分けるのが通の利用方法。薬局も店内にあり、サプリメントなども格安で購入できる。買い物途中に小腹が空いたら店外にあるお店で格安のピザやホットドックを食べながら休憩するのも楽しい。有料の会員制だが、日本会員権でハワイ店も利用できる。

イウィレイ 店
住所:525 Alakawa st. Iwilei
電話:(808) 526­-6100
営業時間:月~金 10:00-20:30/土日 9:00-18:00

・オアフ島に4店舗 ・マウイ島に1店舗 ・ハウイ島に1店舗 ・カウアイ島に1店舗

 

ホールフーズ・マーケット

自然食品とオーガニック商品を扱う、全米に400店舗以上ある高級スーパーマーケット。新鮮なハワイ産の野菜や果物はもちろんのこと、肉や魚も上質なものばかりで、全米から集めた自然食品も豊富に揃っている。コーヒーやデリに至るまでオーガニックにこだわっていて、健康志向のセレブにも愛好者は多い。自然コスメも品揃え良く、お土産選びにも最適。

ホノルル店
住所:4211 Wai’alae Ave Honolulu
電話:(808) 738-0820
営業時間:7:00-22:00

・オアフ島に2店舗 ・マウイ島に1店舗