ナ・ホク・ハノハノ日記

2017/05/25

Aloha!ハワイの最新情報をお届けするアロハタウンネットです。

 

ナホクハノハノアワードの一日

nahoku.jpg

ハワイのグラミー賞と称される「ナ・ホク・ハノハノ・アワード」の模様をお届けいたします。

 

実はナホクを見に来るの初めてだったりします。

ハワイの音楽シーンの事もよく知らなかったし、どの人が誰?状態です。大丈夫かな(汗)

因みに、メディア入場もフォーマルかアロハフォーマルでの参加です。

カンヌ映画祭のニュースを見てたら、カメラマンも全員タキシードでした。ハワイはアロハシャツも正装なのでとっても助かります。女性メディアの人でヒールで来られた方は、大変だったと思います。

 

nahoku.jpg

「誰よりも早く来て、そしてだれよりも遅く帰る!」

という訳で、15時半にコンベンションセンターに到着しましたが、一階はこの静けさ。日にちを間違えたかと思いました。会場は3階のボールルームです。

 

nahoku.jpg

早く来るとイイこともあります。入場前の会場を撮影することができました。準備はOKのようです。

 

nahoku.jpg

ロビーもまだ人影なし。しかしこのロビー、暑いです。

 

nahoku.jpg

ロビーにて、お酒とププを販売しています。

 

nahoku.jpg

安くもなく高くもなく。会場内でお酒はサーブされないので、飲む方は各自こちらで購入します。

 

nahoku.jpg

ボトルワインを買って会場で飲んでいるオサレセレブの方もいました。そんな方々は、大抵タキシードとイブニングドレスです。

 

nahoku.jpg

16時を過ぎるとロビーでのパフォーマンスがスタート。

 

nahoku.jpg

気が付けば結構な人。日本のお客さんも結構いました。(2-3割くらいでしょうか)

 

nahoku.jpg

こちらは傘を使ったフラパフォーマンス。

 

ところで、ハワイのグラミー賞は、困ったことにレッドカーペットがありません。つまりノミネートされた人も参加ミュージシャンも一般のお客さんもごちゃまぜ状態。探すのに一苦労・二苦労です。

 

nahoku.jpg

そんな中、私でも絶対にわかる「つんく夫妻」を最初に発見。快く撮影に応じてくれました。さあこの調子で知っている限りの受賞者を撮影するぞ!

 

nahoku.jpg

先ずは、日本からインターナショナルアルバムにノミネートの「カウラナ・トヨさん」

 

nahoku.jpg

続いて、こちらもノミネートの「山口岩男ご夫妻」

 

nahoku.jpg

同じく「キャスさん」

 

nahoku.jpg

「ウクレレ・スイング・トリオのスインギー坂野さん」。今回はトリオではなく一人で来られたようです。(この後、3人で来ればよかったと激しく反省することになります。)

 

nahoku.jpg

おっと、ここで先日、本場のグラミー賞を受賞した「カラニ・ペア」貫禄十分!

 

nahoku.jpg

最初は眼鏡をかけていて本人かどうか悩みましたがご本人でした「イアン・オサリヴァン」。学校の先生みたいと思ったら、ほんとに学校で音楽の先生やってるみたいです。

 

nahoku.jpg

続いてそのイアンの師匠である「ジェフ・ピーターソン」が正統派のタキシードでやってきました。

 

nahoku.jpg

そして女性ボーカルにノミネートされている「ヨザとそのパートナーの方」

 

nahoku.jpg

こちらは美男美女の一般のお客さん。みなさんお洒落に決めています。

 

nahoku.jpg

そしてスーパー新人の彼らの登場「ケアウホウ」。この時は本人たちもこの後の偉業を知る訳もありません。

 

nahoku.jpg

アワードの開始直前に「ジェイク・シマブクロ」を発見。一般の方の撮影待ちの長い列が出来ていたので、また後で!

 

nahoku.jpg

17時15分からディナータイムです!

 

nahoku.jpg

着席するとすでにサラダが置かれていました。我々メディアのお食事も用意があります。ありがたや!

 

nahoku.jpg

この時間は、皆さん食事に集中です。オフィシャルの発表では来場1600人という事です。

 

食事中ではありますが、プレ・ショウ・アワードが始まりました。ディナータイムの間に技術系の賞を中心に大賞の発表が行われました。

 

nahoku.jpg

こちらは、グラフィック・アワード受賞(もっとも素晴らしいアルバムのカバーデザイン)の「ホク・ズッターマイヤー」

 

nahoku.jpg
受賞のアルバム”Ku’u Pua Sakura”

 

nahoku.jpg

メインのアジアン風ローストチキンです。

 

nahoku.jpg

プレショー唯一のパフォーマンスは「ア タッチ オブ ゴールド」

 

nahoku.jpg

こちらはオルタナティブ・アルバム賞受賞の「クカヒ・リー」。

 

nahoku.jpg

味わってゆっくり食べる時間もなくデザートのムースとコーヒーが。

 

nahoku.jpg

15分の休憩の後、メインの授賞式のスタートです。

 

ナホクの受賞者は、日本のレコード大賞のように受賞後に歌を披露することはありません。登壇して盾をもらって、受賞のスピーチをして終わりです。

 

さすがにそれだけだと面白くないので、受賞の合間にいろいろなアーティスト同士の普段は見ることのできないコラボ・ステージが企画されています。第40回という節目ということもあり、今までのハワイアン音楽界を振り返りながら、これまでのハワイアン音楽界に貢献してきたアーティストを讃える構成になっているという事です。ノミネートされたアーティスト達はもちろん、伝説のミュージシャンやこのショーの為に再結成されたバンドも登場します。ちょっと楽しみ。

nahoku.jpg

メインショーのオープニングパフォーマンスは、「ライアテア・ヘルム」と「ケアウホウ」(動画はこちら

 

nahoku.jpg

「ライアテア・ヘルム」は最優秀女性ボーカルにノミネートされています。

 

 

最優秀インストロメンタル・アルバム受賞の受賞は・・・・

nahoku.jpg

「ジェフ・ピーターソン」

 

nahoku.jpg

こちらはインストロメンタル・アルバムノミネートの「イアン・オサリバン」のステージパフォーマンス。

 

nahoku.jpg

イアンと共演は、新人賞ノミネートの「アイジック」(動画はこちら

 

 

そして最優秀国際アルバム賞を受賞は・・・・・・・・・・・・・・・

nahoku.jpg

「ウクレレ・スイング・トリオ」(受賞からスピーチまでの動画はこちら

 

アワードに参加できなかった日本にいるメンバーの高畠博文さん(ベース)にコメントを頂きました。

 

「今日まで音楽活動をしてきたなかで一番の喜びでした。応援していただいている皆様に感謝いたします!」

 

3人で受賞したかったでしょうが、まだ今後もチャンスはあるので、その時は全員でハワイに来てくださいね。

 

最優秀ロックアルバム賞は・・・・・

nahoku.jpg

「ネスタ」

 

最優秀ジャズアルバム賞は・・・・

nahoku.jpg

「マギー・ヘロン」

 

nahoku.jpg

パフォーマンスタイムは「ハワイアン・スタイル・バンド」

 

最優秀コンテンポラリーアルバムは・・・・・

nahoku.jpg

グラミー賞受賞の「カラニ・ペア」

 

nahoku.jpg

パフォーマンスステージは歌姫「エイミー・ハナイアリイ」と

 

nahoku.jpg

「カヴィカ・カヒアポ」のコラボライブ。

 

nahoku.jpg

続いて「ジェフ・ピータソン」のコラボライブ。

 

nahoku.jpg

お相手は「カラニ・ペア」

 

nahoku.jpg

なかなかのきれいな歌声です。(動画はこちら

 

nahoku.jpg

懐かしの「ナ・レオ・ピリメハナ」歌うはローカルボーイ。(動画はこちら

 

最優秀シングルは・・・・・

nahoku.jpg

「ブレイン・アシング」のモロカイ・オン・マイ・マインド。

 

 

nahoku.jpg

続いては大人な感じの二人。

 

nahoku.jpg

「クニア・ガルデイア」

 

nahoku.jpg

「ホク・ズッターマイヤー」(動画はこちら

 

nahoku.jpg

ここからなんと5連続受賞の「ケアウホウ」

 

nahoku.jpg

中央のニコラスと右のザッカリーは兄弟。

 

nahoku.jpg

続いて新旧コラボ「ブレイン・アシング」

 

nahoku.jpg

カラパナのボーカル「マラニ・ビリュー」

 

ステージが左右で離れているので、右行ったり左行ったりで結構ポジション取りが大変です。

 

nahoku.jpg

大御所「ヘンリー・カポノ」

 

nahoku.jpg

「ジョニー・バレンタイン」

 

nahoku.jpg

「アレックス・カワカミ」

 

nahoku.jpg

ヘンリーカポノと仲間たち(スパムジャムも同じメンバーでしたね。動画はこちら

 

nahoku.jpg

代表の「パリ・カアイフエ」をバーカウンターで発見

 

nahoku.jpg

フェイバリット・エンタテナー・オブザイヤーのプレゼンターは三澤総領事

 

nahoku.jpg

受賞は「ケアウホウ」!今日7回目の受賞。

 

nahoku.jpg

最優秀女性ボーカルノミネートの「ヨーザ」

 

nahoku.jpg

「ザヌック・リンジー」

 

nahoku.jpg

再び「ヨーザ」

 

nahoku.jpg

圧巻のパフォーマンス。(動画はこちら

 

nahoku.jpg

ここで最優秀女性ボーカリストのプレゼンターとして登場したのは、ディズニー映画モアナの声と主題歌を歌った「アウリイ・クラバーリョ」16歳

 

nahoku.jpg

女性ボーカルは「ライアテア・ヘルム」が受賞

 

nahoku.jpg

パフォーマンスは大注目の再結成バンド「ピュアハート」

 

nahoku.jpg

「ジョン・クルーズ」「ティファ・ガルザ」も参加。

 

nahoku.jpg

「ジェイク・シマブクロ」

 

nahoku.jpg

も一つ「ジェイク・シマブクロ」

 

nahoku.jpg

さすがのステージでした。(動画はこちら

 

nahoku.jpg

そして最後のパフォーマンス。「Bruddah Waltah」が歌うビートルズ Don’t let me downで始まり

 

nahoku.jpg

「マナオ・カンパニー」

 

nahoku.jpg

圧巻は「ホアイカネ」

 

nahoku.jpg

歌うはカイルアコナ

 

nahoku.jpg

ハワイアンレゲエで会場も一番の大盛り上がりです。(動画はこちら

 

nahoku.jpg

改めてアウリイ・クラバーリョが紹介されていました。

 

nahoku.jpg

16歳とは思えません。

 

nahoku.jpg

最優秀歌唱賞も「ケアウホウ」8部門目

 

nahoku.jpg

最後の最優秀アルバム賞も「ケアウホウ」これで9冠です。まさしく彼らで始まり彼らで終わった感じです。

 

nahoku.jpg

司会進行のビリーVさん、お疲れ様です。

 

nahoku.jpg

最後は大団円。(動画はこちら

 

nahoku.jpg

インストメンタルアルバムにノミネートの「チヨ・フリン」さんももちろんステージに。

 

nahoku.jpg

ラジオ出演中の「カラニ・ペア」

 

nahoku.jpg

一番会場を盛り上げてくれました「ホアイカネ」。カッコよかったです。

 

nahoku.jpg

「ケアウホウ」9冠おめでとう。

 

nahoku.jpg

周りの人もおめでとう。

 

nahoku.jpg

最後の最後、帰り道でジェイクに遭遇。普通に一般の人と一緒に歩いているところがなんともハワイらしいですね。

 

気が付けば、あっという間に終わってました。ナホクハノハノなかなかどうして面白かったです。

この記事に「いいね!」する 

Aloha townnetに「いいね!」する 

執筆者

三代目

三代目アロハタウンネット編集長。本牧の警友病院生まれ。日本より低反発マットレスを小脇に抱えハワイに単身永住。旅行で訪れるハワイは最高だったが、はたして暮らすハワイも最高なのか!右手にミラーレス、左手にGoPRo握って日夜ハワイを奔走中。