2月のハワイ 【ハワイではノーノック令状は禁止に】

2021/02/27

 
 
ハワイの最新情報

アロハ!

編集長が「ハワイの気になるトピックス」を紹介いたします。

 

2月28日 ハワイでは警察官は告知なしに敷地内に入ることはできなくなるでしょう

 

ハワイ州上院司法委員会は水曜日に法案を可決し、No-Knock Warrant(ノーノック令状)を禁止しました。

 

ノーノック令状とは、裁判所が発行する、主に麻薬の家宅捜査において警察官が事前通知なしで住居等に立ち入ることが許可された令状のことです。

 

昨年3月にケンタッキー州のアパートで、この令状を利用して麻薬の家宅捜査に入った警察官を、住居人が侵入者だと思い発砲し、同居してた26歳の救急救命士の女性が警官に撃たれ死亡するという事件がありました。
この家宅捜査先の住所は、まったくの誤認であり家にいた二人には、何の罪もありませんでした。
警官はノックと告知を行ったと述べていますが、住居人の話とは食い違いがあります。警察によると亡くなられた女性の元ボーイフレンドの麻薬に絡んだ事件に関連するもので、すでに容疑者は拘留されていました。

新たな法案では、捜査令状と逮捕状を行使する警官は制服を着用してその存在を告知し、家に入る前に30秒待つことが要求されます。

 

 

一部の警察関係者は、この禁止に反対の姿勢を示しています。


警察関係者が警官の命をまず優先するために、反対の姿勢を支持するのは仕方ないとは思います。30秒といえど証拠隠滅や逃走、反撃のチャンスを相手に与えかねないでしょう。しかし、そもそもことの発端は捜査上のミスにあります。なんの罪もない人が殺されてはならないのです。1%でも間違う確率があるのであれば、あたらしい法案に従い、対応するしかないと思います。

いきなり銃を構えた見知らぬ人が家に入ってきたら、自分の命を守るための発砲してもそれは正当防衛になるのではないでしょうか。そのために警官はやはり制服を着て、自身を名乗るのは当然でしょうし、その一連の行動はボディカメラで証拠として撮影されるべきです。

警官官は、自身の正当性を守るためにもボディカメラの着用が重要となってくるでしょう。
ホノルル市警は、現在78%の着用が進んでおり今年の3月末までにすべての警察官に着用される予定となっています。

警察委員会に提出された報告書によると、2020年に懲戒処分を受けた5人の警官がボディカメラの作動に失敗し、適切な報告を提出しなかったと報告されています。カメラの誤用で懲戒処分を受けた警官はいません。

5件の内容は、関係のない事柄で3人の警官が1日停職処分とされ、1人の警官が交通事故で解雇され、5人目の警官が逮捕中に相手を平手打ちして蹴り、蔑称的なコメントをしたために停職されました。

故意にボディカメラの電源を切ったり、作動させなかった場合の罰則はいまのところ不明だそうです。

 

本日の陽性報告

新規陽性者: 60名(合計27559名)

新規重篤患者 : 4名(合計1869名)

新規関連死亡者: 0名(合計439名)

※数日のわたり陽性者数に漏れが発生している模様です。

 

 

 

2月27日 3月の日本-ハワイ便の運航状況

 

新型コロナウィルス状況下における各航空会社のハワイ⇄日本発着便の3月の最新運航状況です。
詳しくは各航空会社にお問い合わせ下さい。


◎ハワイアン航空 https://www.hawaiianairlines.co.jp/

●成田発着

 ホノルル行(HA822)  毎週火・木・土曜日 午後7:55~ 運航中
 ホノルル発(HA821)  毎週火・木・日曜日 午前11:00~ 運航中
 
●関西発着

 ホノルル行(HA450)  毎週木曜日 午後8:30~ 運航中
 ホノルル発(HA449)  毎週火曜日 午後1:05~ 運航中
 
●運休:札幌・羽田・福岡発着便と羽田ーコナ便


◎全日空 https://www.ana.co.jp/

●羽田発着
 ホノルル行(NH186)  毎週月・金曜日 午後10:15~ 運航中
 ホノルル発(NH185)  毎週火・土曜日 午後1:10~ 運航中

 

●運休:成田発着便


◎日本航空 https://www.jal.co.jp/inter/route/hawaii/index.html?m=yr

●羽田発着

 ホノルル行(JL8782)  毎週金曜日 午後9:55~ 運航中
 ホノルル発(JL8781)  毎週土曜日 午後12:35~ 運航中

 

 ホノルル行(JL74)   3月26日   午後9:00~ 運航中
 ホノルル発(JL73)   3月27日   午後12:35~ 運航中

 

●運休:成田・関空・名古屋発着便と成田ーコナ便
 
 
◎全便運休中のエアライン

デルタ航空 https://ja.delta.com/jp/ja
ユナイテッド航空 https://hub.united.com/united-covid19-japanflights-2647528607.html 
大韓航空 https://www.koreanair.com/jp/ja
エアアジアX https://www.airasia.com/ja/jp
ZIPAIR https://www.zipair.net/


◎渡航に関する留意点


●日本からハワイへ

ハワイに隔離なしで入国するためには、出発する72時間以内に新型コロナウイルス感染症の検査を行い、出発する前に陰性証明書を入手し、入国時に提示することが必須となります。ハワイ州は、2020年11月24日(ハワイ時間)よりハワイ州が指定する条件並びに指定医療機関から発行された陰性証明書を入手できない場合は10日間または滞在期間中の自己隔離が必須となることを発表しました。日本にてハワイ州事前検査プログラムを受ける場合は、ハワイ州保健局が指定する日本国内の医療機関以外の陰性証明書は対象外となります。
また1月26日以降はすべての入国者に陰性証明書所持の義務付けを発表しています。
また、事前にセーフプログラムのアプリをインストールし検疫検査時に必要なQRコードを取得しておかなければいけません。

 

ハワイ州指定の陰性証明書が必要な年齢・・・・5歳以上

米国に空路にて入国する際に陰性証明書が必要な年齢・・・2歳以上

 

●ハワイから日本へ

日本政府による緊急事態宣言発出に伴い、2021年1月13日(日本時間)より国籍・年齢を問わず、日本への入国に際し、出国前72時間以内の新型コロナウイルス検査を受け、医療機関から発行された陰性証明書の提出が必要となっています。また、入国後は公共交通機関を利用することなく、自身の決めた隔離先で14日間の自己隔離を要請しています。
陰性証明書なしでの入国も可能となります。その際は、日本入国後、指定宿泊所にて3日間の隔離、その後再度検査を行い、陰性であれば残りの隔離期間を自身の決めた隔離場所に移ることができます。もちろん公共交通機関は使用できません。

 

 

あわせて読みたい記事

【ハワイ最新渡航情報】ハワイに来るには陰性証明が必須です

 

 

本日の陽性報告

新規陽性者: 106名(合計27503名)

新規重篤患者 : 3名(合計1865名)

新規関連死亡者: 2名(合計439名)

※数日のわたり陽性者数に漏れが発生している模様です。

 

 

2月26日 オアフ島でブラジルで発生した新型コロナウィルスの変異種が確認

 

ハワイ保健省の州立研究所部門(SLD)は、ハワイに新しい新型コロナの変異種が存在することを確認しました。変異種「E484K」を含む変異種「P.2」は、オアフ島で実施された検査によって特定されました。

 

この追加株の影響は現時点では不明ですが、以前に新型コロナウィルスに感染したブラジルの2人が変異種「P.2」に再感染したため、この変異種は注意深く監視されています。

 

この変異種が以前の新型コロナウィルスの感染によって得られたワクチンや抗体に対してより耐性があるかどうかは不明です。

 

「新しい症例数は1か月前から減少していますが、これらの変異種は警戒を怠らないことを私たちに思い出させます」と州保健局長のエリザベス・チャー博士は述べています。「ウイルスが人々に感染する可能性が高いほど、変異する機会が増え、感染を防ぐことが重要になります。マスクを着用し、物理的な距離を保ち、大規模な集まりを避け、自分の番になったときに予防接種を受けることが重要なのは誰もが知っています。」

 

変異種「P.2」はまだ研究中ですが、以前にワクチン接種を受けた、または以前に感染した人々は、変異種「P.2」に感染した場合に重病になるとは予想されていません。変異種「P.2」は、ブラジルで発生したと考えられています。それはいくつかの本土の州とヨーロッパでも発見されています。

 

これまでのところ、変異種「P.2」はオアフ島に住む1人の個人でのみ検出されています。「その個人は最近米国本土に旅行しました」と国家疫学者代理のサラ・ケンブル博士は言いました。「その人物は隔離されており、濃厚接触者も隔離できています。」

 

懸念のもう1つの変異種は、マウイ島での新型コロナウィルス症例の増加に関連しています。以前は「L452R」と呼ばれていた変異種「B.1.429」は、ほぼ4週間前にハワイで最初に検出されました。2021年2月2日、保健省(DOH)は、オアフ島で7件、カウアイ島で1件、マウイ島で1件の既知の症例を発表しました。

 

変異種「B.1.429」は、12月にカリフォルニアで最初に検出されました。それはカリフォルニアで支配的な株になり、40以上の他の州で発見されています。変異種「B.1.429」は、他の株よりも感染性が高い可能性がありますが、この変異種について学ぶことはまだたくさんあり、米国疾病予防管理センター(CDC)によって「調査中」となっています。現在のワクチンが「B.1.429」に対してどれほど効果的であるかは明らかではありません。

 

また、オアフ島では、変異種「B.1.1.7」の3つの追加ケースが確認されています。これにより、ハワイでの変異種「B.1.1.7」症例の総数は6になります。6人全員がオアフ島在住で家庭内感染です。

 

「P.2、B.1.429、およびB.1.1.7の変異種は、DOHが私立病院および独立した臨床検査室と協力して実施した州全体の積極的な監視の一環として発見されました。」と州立研究所の課長であるエドワード・デズモンド博士は述べています。ハワイ州は現在、配列決定された標本の割合と、国際的なGISAID(すべてのインフルエンザデータを共有するための世界的なイニシアチブ)データベースへの送信において国を先導しています。

 

DOHによる変異種の発見は、コンタクト・トレーシング(変異種を持った患者から濃厚接触者の特定)という最も重要な取り組みの大いなる助けになることでしょう。

 

(引用元:DOH )

 

 

毎日8千から1万回のワクチン接種が行われているハワイですが、既存のワクチンは何種類にも派生している変異種に有効なものではないと想定しておいた方がよいと思います。

南アフリカからの変異種は、すでにワクチン効果がないと指摘されています。

ワクチン接種から少なくとも2週間は免疫ができないようですし、その免疫もどこまで持続性があるのかもわかっていません。さらにどの変異株に対して有効なのかも不明な状況です。マスクを着用、社会的距離の確保、可能な限り人ごみは避けて自分自身や周りの人を守る必要は引き続き重要となります。

 

 

本日の陽性報告

新規陽性者: 44名(合計27399名)

新規重篤患者 : 4名(合計1862名)

新規関連死亡者: 2名(合計437名)

※数日のわたり陽性者数に漏れが発生している模様です。

 

 

2月25日 シーライフパークが3月6日に再開

 

シーライフパークは、新型コロナウィルスの影響により昨年3月17日から閉園となっていましたが、3月6日に再開する予定です。

施設は、段階的な再開を予定しており、土曜日と日曜日の午前10時から午後3時までの週末のみから再開となります。

 

シーライフパークのゼネラルマネージャーであるヴァレリー・キングはニュースリリースで、「私たちは、すべての連邦および州のガイドラインに従って、強化されたプロトコルと専門のチームトレーニングを懸命に取り組んできました。私たちの施設は常に管理されており、お客様は敷地内で安全に過ごすことができます。」と述べています。

 

オアフ島は本日、段階的経済規制の緩和措置のTier3への移行をし、動物園、海洋生物のアトラクション、水族館は、Tier2の5人から最大10人のグループを受け入れることが許可されています。Tier3の下の屋内エリアの容量にも制限はありません。

 

すべてのゲストと従業員は、施設に入る前に体温をチェックする必要があります。気温が華氏100.4度以上の人、またはCOVID-19に関連するその他の症状を示している人は入場を拒否されます。マスクの取り外しは、特定のアクティビティに参加している間、および飲食中にのみ許可されます。

 

施設に関する詳細については、sealifeparkhawaii.comをご覧ください。

 

 

 

現実的には、週末にメインランドから訪れる観光客しか集客が望めそうもないので、土日のみの営業は得策なのですが、現状では完全な再雇用はまだまだ先の話となりそうですね。

 

シーライフパークの営業再開により、主だった娯楽観光関連の施設でいまだに再開が決定していないのは、ワイキキ水族館とモアナルアガーデン(この木なんの木)です。
水族館も収容人数の規制が解除されたので、再開は近いかもしれません。ただモアナルアガーデンは、ほぼ日本人しかいかない場所なので海外渡航の規制が無くならない限り再開は無理なような気がします。

 

本日の陽性報告

新規陽性者: 45名(合計27358名)

新規重篤患者 : 10名(合計1858名)

新規関連死亡者: 0名(合計435名)

※数日のわたり陽性者数に漏れが発生している模様です。

 

 

 

2月24日 オアフの段階的規制緩和策がTier3への移行を承認

 

リック・ブランジャルディ市長は、デービッド・イゲ知事が市のTier3への移行を承認したと発表しました。

修正された緊急命令の下で、オアフ島は25日木曜日の午前12:01にTier3に移動します。

Teir3に移行するには直近2週間の平均が新規症例で50以下、陽性率で2.5%以下でなければならず、オアフ島の本日の新規症例の7日間の平均は28、陽性率は1.1%でした。

Tier2からTier3への移行で変わる主なものは以下のとおりです。

 

●すでに規制がないもの

必要不可欠な仕事
スイミングプール
自動車修理・メンテナンス業
非接触型の洗車場
屋内大型商業施設
短期滞在用宿泊施設
理髪店などのケアサービス全般
ネイルサロン、エステ、マッサージ
ペットサービス

 

●規制が撤廃されるもの

射撃場の入場規制
アーチェリー場の入場規制
自動車販売店の来場規制
ヒーリング・占いなど(ただし6フィート間隔厳守)
ヘリコプターツアー
小売店の入場規制
レストランの入場規制(ただし6フィートの間隔厳守)


●5人制限が10人になるもの

 ホームパーティーなどの懇親会
 公園での集い
 ビーチでのBBQなどのレクリエーシン
 トレッキング
 キャンプ
 屋外でのスポーツ
 不動産業務
 レストランでのグループ制限
 動物園などの施設でのグループ制限
 ボーリング
 観光ツアー
 スカイダイビング
 個人でのクルージング
 屋内でのフィットネス教室 
 
  
●10名から25名になるもの

葬儀


●キャパシティー25%から50%になるもの

ゲームセンター
商業クルージング
フィットネスクラブ


●規制が続くもの

屋外での団体競技(禁止)
屋外でのフィットネス教室(10名まで)
映画館(収容50%まで)
バー(営業停止)
ナイトクラブ(営業停止)


ブランジャルディ市長は、団体スポーツを可能にするために、ティア3の制限を変更するようにデービッドイゲ知事に別の要求を提出する予定です。

オアフ島の再開計画の最終段階であるTier4に移行するには、島の7日間の新しいCOVID-19症例の平均が20未満である必要があります。また、7日間の陽性率も1%未満である必要があります。

 

 

レストランでのアルコールの提供は、引き続き22時までとなります。

小さなお店でイートインができなかったお店も、ようやく店内飲食を再開するお店も増えそうです。
ただ、テーブルとテーブルの間隔を1.8m開けなければならないので、すべてのお店が100%で稼働できるわけではありません。

利用する側としても、食事中はマスクを外すので隣のお客さんとの距離は気になる所です。

 

本日の陽性報告

新規陽性者: 50名(合計27320名)

新規重篤患者 : 8名(合計1848名)

新規関連死亡者: 4名(合計435名)

※数日のわたり陽性者数に漏れが発生している模様です。

 

 

2月23日 パンデミック中に失効した運転免許の更新期限は4月13日まで

 

運転免許証、ステートID、および仮免許証を持っている推定30,000人のオアフ島の住民は、進行中のコロナウイルスのパンデミック中に予約をスケジュールするための追加の時間的猶予を与えられます。

 

2020年3月16日以降に期限切れになる各証明書の更新期限はすべて2021年4月13日に延期されます。つまり、その日以降の有効期限を持つすべての運転免許証、ステートID、仮免許証、および商用運転免許証は 2021年4月13日までが有効期限となります。

 

この延長により、通常の運転免許証、州ID、仮免許証、および商用運転免許証が今後2か月で失効するように設定された推定30,000人のオアフ島住民が救済されることになります。

延長は、デービッド・イゲ知事の18回目の緊急事態宣言に準拠します。

運転免許証、州ID、または仮免許を更新するための予約は、honolulu.gov / csdでスケジュールできます。

 

現在、ホノルルで運転免許の更新を行う場合は、ALOHA Qという予約システムでの予約が必要になります。
直接事務所に行って、ウォークインやキャンセル待ちはできないのでご注意ください。

 

期限の6か月前から更新が可能です、余裕をもって失効の3か月前までに予約を入れてください。

 

●ALOHA Qの予約方法
 予約をするには、AlohaQ.orgにアクセスして ください。
  ・「予約する」を選択します。
  ・プロンプトに従い、選択した運転免許センターの場所を選択します。
  ・ハワイライセンス更新または州ID更新のいずれかを選択します。
  ・予約に持参する必要のある必要な書類を確認します
  ・識別番号として電話番号を入力します。最後の4桁は、サービスを受けるAlohaQの予約番号になります。携帯電話番号を使用している場合は、テキストメッセージの確認と通知が届きます。
  ・1回の予約につき1回の取引または1人の制限があることに注意してください。
 

●ホノルル近郊で更新が出来る施設

・カパラマ運転免許センター
  住所: 925 Dillingham Blvd、Honolulu、HI 96817
  電話番号: 8087689100
  営業時間:平日08:00 AM-05:00 PM(祝日を除く)

・ダウンタウン・サテライト・シティホール
  住所: 1041 Nuuanu Ave#A Honolulu、HI 96817
  電話番号: 8087684103
  営業時間:平日08:00 AM-04:00 PM(祝日を除く)

・ハワイカイ・サテライト・シティホール
  住所: 6600 Kalanianaole Hwy Suite 101 Honolulu HI 96825
  電話番号: 8087684800
  営業時間:平日08:00 AM-04:00 PM(祝日を除く)
  
●コロナ禍における来場の手順

・すべてのサービスは予約制でのみ提供されます。ウォークインまたはスタンバイサービスはありません。
・予約の30分以上前に到着した場合は、車内またはオフィスの入り口から離れてお待ちください。
・予約時間の15分前に玄関ドアでチェックインができます。
・申請者が未成年者または特別な支援を必要としない限り、予約ごとに1人の入場制限。
・マスク/顔のカバーは、鼻と口の両方をカバーする必要があり、常に必要です。
・指定されたフロアステッカーの上に立つことにより、常に6フィートの社会的距離を維持します。
・持参するもの:
   印刷または電話でのAlohaQ予約確認書
   必要なすべてのドキュメント
   記入済みの申請書/フォーム(www.honolulu.gov、オンラインフォームのリンクをクリック)
・利用可能な支払い方法:
   現金
   小切手、「ホノルル市と郡」に支払い可能
   クレジット/デビット、VISA、MastercardまたはDiscover (+合計取引金額の2.35%の返金不可の手数料)
   
   
   

  
Aloha Qはかなり先の予約しか取れない可能性がありますが、とりあえずどこでもいいので予約を確定してから、まめに直近のキャンセルがないかをサイトでチェックして、出ていれば予約の変更を簡単に行うことができます。

 

本日の陽性報告

新規陽性者: 47名(合計27270名)

新規重篤患者 : 6名(合計1840名)

新規関連死亡者: 0名(合計431名)

※数日のわたり陽性者数に漏れが発生している模様です。

 

2月22日 ハワイはワクチン入手が遅れる中で接種対象年齢を70歳以上に拡大予定

 

ハワイ州保健局(DOH)局長のエリザベス・チャー博士は、州が70歳以上の人々にCOVID-19ワクチンをまもなく開始すると発表しました。現在、一般では75歳以上の人とが予防接種を受ける資格があります。

 

「私たちはまだフェーズ1bにあり、フェーズ1cに入る準備はまだできていません。しかし、まもなく、70歳以上の方の予防接種を受け入れたいと思います。ワクチン接種を待っているお年寄りと最前線のエッセンシャルワーカーがまだいることを私たちは知っています」とチャー博士は言いました。「1月中旬頃からお年寄りに予防接種をしているので、ワクチンの普及を活発に保つために70歳以上を追加したいと思います。」

 

DOHは、サイトがこの新しい年齢層の登録を受け入れる準備ができたときに発表します。

ただし、ワクチンの入手可能性は、天候に関連する遅延の影響を受け続けています。本土での暴風雨のため、当初2月15日の週に予定されていた27,700回のModernaワクチンの投与が遅れました。DOHは、出荷が再開される時期と、Modernaが未処理の接種を配送する時期に関する報告を待っている状態です。

州は、2月22日の週に50,000回以上のワクチンを受けとると予想しています。

(引用:ハワイ保健省)

 

現在、ハワイ州でワクチン接種が認められているのは下記のとおりです。

・医療従事者
・介護施設の住人
・75歳以上の成人
・ファーストレスポンダー(警官・消防士・救急隊員など)
・刑務官と職員
・緊急サービスの応答者
・連邦、州、地方自治体の運営に不可欠な個人。
・重要な輸送インフラ労働者(港湾労働者、ドック労働者、公共交通機関など)
・重要な公益事業者(エネルギー、ガス、水道など)
・教師、保育および教育支援スタッフ(就学前、幼稚園から高校まで、高等教育後など)
・米国郵政公社の従業員
・食料品店の労働者

 

 

DOHの報告によるとハワイでは、2月21日の時点で島全体で306,432回のCOVID-19ワクチン接種が行われました。
今回はフェーズ1Bの中の65歳から74歳のカテゴリーの中の70歳以上のかたの接種を開始する予定です。

米国でのCOVID-19による死亡者数は、今日50万人を超えています。

 

本日の陽性報告

新規陽性者: 52名(合計27223名)

新規重篤患者 : 2名(合計1834名)

新規関連死亡者: 0名(合計431名)

※数日のわたり陽性者数に漏れが発生している模様です。

 

2月21日 アロハスタジアムで4月にドライブインのレーザーライトショーを開催

 

アロハスタジアムは、レーザーを使用して行われるドライブ・イン形式の光のショーを4月の3週に開催します。

 

キャビン・フィーバーが主催するこの家族向けのレーザーショーには、80年代、90年代のお気に入りのミュージカル、「ラッシュ」のような現在のポップからクラシックロック、そして「ヴァン・ヘイレン」へのオマージュが含まれています。

 

イベントは午後7時と9時の1日2回開催されます。1回のショーは約40分。

 

●開催日:
①4月8日(木)~11日(日)
②4月15日(木)~18日(日)
③4月22日(木)~25日(日)


●料金:
一般は車両1台につき$39
VIP駐車スペース利用の場合は$69(2列目から7列目)
最前列の場合は$139(おもちゃのプレゼント付き)

 

●おもな注意事項

・感染予防に遵守し、検温・マスクの着用を実施し、トイレ以外の車内にとどまる(社会的距離の維持)
・車内には同世帯・同居住ユニットのみ混在の場合は5名以内。
・車両内でも禁煙
・トラックの荷台での視聴は可
・ピックアップトラックは最後列・端に駐車
・オープンカーは屋根を閉じる
・飲酒禁止
・調理禁止

 

チケットの購入はこちらより。>>> https://www.freshtix.com/events/laser-aloha

 

イベント詳細はこちら>>> http://alohastadium.hawaii.gov/main/drive-in-laser-light-show/

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

AlohaStadiumHI(@alohastadiumhi)がシェアした投稿

今回のイベントは、ピックアップトラックの荷台での着座であればOKのようです。
お子さん連れの家族が多く集まりそうなイベントです。

 

本日の陽性報告

新規陽性者: 68名(合計27174名)

新規重篤患者 : 2名(合計1832名)

新規関連死亡者: 1名(合計431名)

※数日のわたり陽性者数に漏れが発生している模様です。

 

 

2月20日 ワイキキに新たに出現した電動スクーターGo-Xは違法?

 

ワイキキの新しい電動スクーター「Go-x」が市の法律に異議を唱えています。

 

市は、安全で合法であれば、車に代わる交通手段をサポートしていると述べています。しかし、市の当局者はGo-xはホノルルで違法に運営しているといいます。
ホノルルの現行法では、電動スクーターを原動機付き自転車として分類しています。これには、ナンバープレート・登録・安全チェックが必要となります。
また、車両を歩道に停めることは禁じられています。
市は、新たに電動スクーターに独自の規制を作成するための新しいカテゴリーを作成しています。


電動スクーターの定義

●重量75ポンド(33キロ)以下
●2輪もしくは3輪のホイール
●ハンドル付
●シートもしくは立てるスペースがある
●電気モーターもしくは人力が動力
●最高時速15マイルまで

その他の制約
●15歳未満の禁止、16歳未満のヘルメットの着用
●二人乗りの禁止
●夜間のライトの点灯義務
●自賠責保険への加入


Go-Xを利用するには専用のアプリのインストールが必要で、ロックを解除するには毎回1ドルかかり、その後1分で25セントの料金がかかります。支払いは、事前登録したクレジットカードでの決済となります。

乗り物は指定の保管場所のみで管理されており、それ以外の場所に乗り捨てすることは出来ないルールになっています。

 

Go-Xの最高責任者であるデベロブ氏は、ホノルルで事業展開する前に、ハワイの法律を約1年間調査し、企業とのみ提携し、彼らの私有地にのみ車両は保管され、公共のスペースに放置されたり、保管されたり、賃貸されたり、公共の財産に展示されたりしないようにするための回収チームを持って対応しており、これらの車両がすべての交通規制とすべてに準拠できることを確認しているとのべています。

 

警察筋によると、公共施設に残されたスクーターは撤去・押収されるといいます。

 

 

市は、あらたな移動手段の出現で、現行の法律では線引きが出来なくなり電動スクーターという新しいカテゴリーの入った法案が必要になったということです。
2年ほど前に事業展開していた「lime」は乗り捨て自由、保管場所なしで展開したため、違法事業として直ぐに撤退しました。
あれから2年以上が経過し、現在、街には個人が所有している、似たような乗り物があふれています。
その中には、1輪のものや、スケートボードと同じ形状のものなど、上記の定義にあてはまらないグレーゾーンなタイプのものも多く存在し、今後はこれらもなんらかの規制の対象になる可能性もあります。
(8マイル以下で走行する個人用電動補助移動装置は、歩道とバイクレーンで使用が可能です。セグウェイ・電動車いすなど)

 

Go-xの最大のデメリットは、必ず保管場所に車両を戻さなければならないのに、その保管場所があまりに少ないことです。ワイキキの東と西の端にしかありません。ほとんどがホテルに車両をレンタルし、運営を自社で行ってる形をとっています。州の規則を遵守して運営するには、この方法しかなかったのだと思います。

 

今回のスクーターの一番の問題は、利用者の交通マナーの質にあると思います。
夜のワイキキは、この新しいスクーターが暴走しまくっています。今の夜遊びがこれ位しかないのが原因で若い旅行者がドライブ気分で利用しています。歩道を歩いていると後ろから猛スピードでやってくるこのキックボードはちょっと怖いです。車道のみで走行お願いしたいところです。

 

Go-x社は、自動運転で保管場所に車両が勝手に戻るシステムを開発・運用している会社です。このシステムが完成し導入されば利便性は大幅にアップしますね。

 

本日の陽性報告

新規陽性者: 59名(合計27107名)

新規重篤患者 : 15名(合計1830名)

新規関連死亡者: 0名(合計430名)

※数日のわたり陽性者数に漏れが発生している模様です。

 

 

2月19日 オアフは来週にも段階的規制解除の次のステップへ!?

 

オアフ島は順調にいけば来週、段階的な規制解除の次の段階「Tier3]に移行する予定です。


今週、ホノルルのリック・ブランジャルディ市長は、オアフ島が新型コロナウィルスの陽性者数を平均50例以下,陽性率を2.5%以下に維持できた場合、早ければ来週の木曜日に次のステップに移行する可能性があると述べています。

 

 

 

 

 

Tier2からTier3への移行で変わる主なものは以下のとおりです。

 

●すでに規制がないもの

 

必要不可欠な仕事
スイミングプール
自動車修理・メンテナンス業
非接触型の洗車場
屋内大型商業施設
短期滞在用宿泊施設
理髪店などのケアサービス全般
ネイルサロン、エステ、マッサージ
ペットサービス

 

●規制が撤廃されるもの

 

射撃場の入場規制
アーチェリー場の入場規制
自動車販売店の来場規制
ヒーリング・占いなど
ヘリコプターツアー
小売店


●5人制限が10人になるもの

 

 ホームパーティーなどの懇親会
 公園での集い
 ビーチでのBBQなどのレクリエーシン
 トレッキング
 キャンプ
 屋外でのスポーツ
 不動産業務
 レストランでのグループ制限
 動物園などの施設でのグループ制限
 ボーリング
 観光ツアー
 スカイダイビング
 個人でのクルージング
 屋内でのフィットネス教室 
 
  
●10名から25名になるもの

 

葬儀


●キャパシティー25%から50%になるもの

 

ゲームセンター
商業クルージング
フィットネスクラブ


●規制が続くもの

 

屋外での団体競技(禁止)
屋外でのフィットネス教室(10名まで)
映画館(収容50%まで)
バー(営業停止)
ナイトクラブ(営業停止)

 

オアフ島は10月からTier2のままの状態が続いていいます。
Tier 3には、バーの再開や、ユーススポーツを含む組織化されたスポーツは含まれていません。しかし、ブランジャルディ市長は、今後数週間でさらにルールを緩める可能性があるとも述べています。

またジョシュ・グリーン副知事は今年の卒業式は対面式でするべきだと述べています。
直接卒業式を再開する場合は、すべての教師に予防接種を行い、イベントを屋外で行う必要があると述べました。
国務省は来週、卒業式について発表する予定です。

この記事の引用元:https://www.hawaiinewsnow.com/2021/02/19/oahu-is-poised-enter-tier-its-reopening-strategy-heres-what-that-means/

↑ インターナショナルマーケットプレイスのロクシタンが店じまいしていました。(閉鎖する1割に含まれていたようです)

 

ただただ記念行事が出来ないのがつらいところです。とくに学生さんにとって卒業式ができないのは、親もとても残念です。ハワイの卒業式やプロムは一生の思い出になりますからね。
このままの状況が維持できれば、今年行えるかもしれませんね。

 

本日の陽性報告

新規陽性者: 50名(合計27048名)

新規重篤患者 : 9名(合計1815名)

新規関連死亡者: 2名(合計430名)

※数日のわたり陽性者数に漏れが発生している模様です。

 

 

 

 

2月18日 新型コロナ禍の中、ハワイ州は何番目に安全?

 

WallethubはCOVID-19パンデミック中に最も安全な州を特定するために、50の州とコロンビア特別区を、1)「予防接種率」、2)「陽性検査率」、3)「入院率」、4)「死亡率」、5)「感染率」を数値化し結果をランキングしています。

 

Source: WalletHub

 


調査によると、ハワイはパンデミック時にアメリカ全体で2番目に安全な州にランクされています。

 

これらの5つの指標のなかで、陽性検査率と入院率でハワイは1位にランク付けされています。また州は、死亡者数が最も少ないことで2番目にランク付けされており、感染率では8番目、ワクチン接種率は24番目として評価されています。

 

 

ランキング上位と下位は下記の通りです。

 

1位 アラスカ      86.52pt(人口密度0.4)
2位 ハワイ       79.22pt(人口密度50.6)
3位 メイン       78.42pt(人口密度14.5)
4位 ノースダコタ    77.71pt(人口密度4.1)
5位 ワイオミング    78.93pt(人口密度2.3)
6位 ウィスコンシン   74.95pt(人口密度34.0)
7位 オレゴン      73.79pt(人口密度15.8)
8位 ワシントン     73.39pt(人口密度38.8)
9位 モンタナ      71.87pt(人口密度2.7)
10位 ミネソタ     71.07pt(人口密度24.4)
   |
42位 テネシー     55.46pt(人口密度60.5)   
43位 デラウェア    54.82pt(人口密度146.7)
44位 ニュージャージー 54.47pt(人口密度396.6)
45位 テキサス     54.35pt(人口密度39.5)
46位 アラバマ     49.81pt(人口密度35.8)
47位 ジョージア    49.11pt(人口密度66.4)
48位 ロードアイランド 48.00pt(人口密度263.9)
49位 ニューヨーク   44.84pt(人口密度140.1)
50位 サウスカロライナ 43.99pt(人口密度59.0)
51位 オハイオ     29.71pt(人口密度100.0)

人口密度は人/km2あたりの数値。 

 

(引用:https://wallethub.com/edu/safest-states-during-covid/86567

 

↑ せっかく作ったバナーも同系色なのであまり目立ってないような・・・


ランキングと人口密度の関係を調べてみると、やはり過密州で多くの感染が起こっていることがわかります。
全米最大の面積ともっとも人口か過密化していないアラスカが全体の1位となるのは必然といえるでしょう。ハワイが2番目に入ったのは、厳しい経済措置を実行したこと(別の調査で最も経済的打撃を受けた州の第一位です)、入島規制を行ったこと(規制の厳しい州で第9位)、アジア系居住者が多くマスクなどの感染予防意識が高かったことが要因ではないでしょうか。

 

本日の陽性報告

新規陽性者: 67名(合計27000名)

新規重篤患者 : 2名(合計1806名)

新規関連死亡者: 1名(合計428名)

※数日のわたり陽性者数に漏れが発生している模様です。

 

2月17日 空港検査官への賄賂で逮捕されたメインランド住民

 

先週の金曜日、ダニエル・K・イノウエ国際空港で2人の訪問者が、空港の検査官に賄賂を渡して州の義務的なセーフトラベル規則を回避させようとしたとして逮捕されました。

 

公安局オフィスからの報告によると、ルイジアナ州シムズポートの29歳のジョントレル・ホワイトとバトンルージュの28歳のナディア・ベイリーは、有効なCOVID-19の免除または事前登録なしでハワイに到着しました。ホワイトは空港の検査官に、検疫せずに通過するために彼女に2,000ドルを与えると言ったと言われています。ベイリーはまた、同じ検査官に、検疫せずに両方を通過させるために追加の$ 1,000を投入するとも伝えました。

 

検疫スタッフは副保安官に報告し、副保安官は両者を収賄で逮捕しました。ホワイトとベイリーは警告後に解放され、すぐに本土に戻りました。司法長官の調査は継続中です。

 

また、金曜日に、司法長官事務所の調査部門の特別捜査官は、検疫規則に違反したとして44歳のミシガン州の訪問者アンソニー・ジョンソンを逮捕しました。エージェントは、彼がワイキキ地区のホテルから指定された検疫場所に現れず、実際には検疫規則を回避するために別のホテルにチェックインしたことを警告されました。

 

ジョンソンはカイルア-ラニカイのボートランプまで追跡され、泳ぎに行く予定の直前に逮捕されました。彼の保釈金は2,000ドルに設定されました。

 

ハワイ州では、到着72時間以内に取得したCOVID-19の陰性証明書で州が独自に定める10日間の自己隔離が免除されます。

 

 

最初、彼らのジョークを真に受けた検査官の早とちりなのかと思いました。もしかしたら彼らは、陰性証明の事、事前登録の事や10日間の自己隔離の事をまったく知らずにハワイに来てしまったのかもしれません。お金で解決できるかもとでも思ったのでしょうか? 

下準備をしっかり行っていれば、この3連休をハワイで満喫できた筈です。

 

 

本日の陽性報告

新規陽性者: 29名(合計26935名)

新規重篤患者 : 4名(合計1804名)

新規関連死亡者: 1名(合計427名)

 

 

2月16日 真如苑ランタンフローティングハワイ2021は中止

 

主催者は本日、COVID-19のパンデミックが続いているため、今年5月のメモリアルデーに毎年恒例の伝統である真如苑フローティングハワイ2021がアラモアナビーチパークで開催されないことを発表しました。

 

日本の仏教団体であるハワイ真如苑が主催するこの式典は、コミュニティの健康と安全への懸念から、5月31日はビーチでの集まりとして開催されません。

 

昨年もパンデミックのため、フェスティバルは中止されました。

昨年は、愛する人を称えるバーチャルセレモニーがテレビで放送され、ライブストリーミングされました。
今年の代替式典の詳細はまだ発表されていませんが、今年の真如苑フローティングハワイのテーマ「Many Rivers, One Ocean – Share Your Light.(幾千の川、唯一の海-灯と共に)」を基に今後数ヶ月になんらかの機会を提供する予定です。

 

●ランタンフローティングハワイ

ランタンフローティングハワイは、亡くなった人への追悼と平和への願いを込めて、毎年メモリアルデイにアラモアナビーチで開催され宗教の垣根を超えて毎年多くの人が参加する行事となっています。最大のイベントは夕暮れ時に海に流される何千もの幻想的な灯籠船です。各人の思い思いのメッセージが灯籠に書かれています。灯籠はすべて回収され毎年再活用されます。毎年5万人もの人が訪れます。

 

 

毎年早朝からアラモアナビーチに集まるローカルに愛されている記念行事だけに中止は残念でなりません。新型コロナがまさかここまで長く影響を及ぼすとはいったい誰が想像できたでしょうか。このようなご時世だからこそ行いたいと思っている人も多いのではないでしょうか。再び開催できる日が来るよう願うばかりです。

 

ランタン・フローティング・ハワイがいかに凄いイベントなのかを徹底レポート

 

本日の陽性報告

新規陽性者: 17名(合計26906名)

新規重篤患者 : 0名(合計1800名)

新規関連死亡者: 0名(合計426名)

 

2月15日 市バスのマスク着用のルールが本日よりさらに厳格に変更

2月15日月曜日より、マスクに関するTheBusとTheHandivanの乗客に新しい規則が施行されます。

 

大統領令と米国疾病対策センター(CDC)の新しい規制により、すべての乗客は公共交通機関を利用の際にはマスクを着用する必要があります。規制では、公共交通機関に乗っているときに着用できる特定の種類のマスクと、着用できなくなったマスクについて説明しています。

 

乗車中にマスクを着用するだけでなく、乗客はトランジットセンター施設で待機している間もマスクを着用する必要があります。

 

●連邦により定められたマスクルール(2021年2月15日より実施)

 

許可されるもの: 2層/ 3層の布製マスク、 使い捨てマスク、 2層のゲートル、

許可されないもの: 通気孔・バルブ・穴のあるマスク、顔をシャツで覆う行為、バンダナ、スカーフ、フェイスシールドのみ(有効な医療免除カードで許可)

免除:2歳未満の子供

 

(引用:http://www.thebus.org/COVID19PresidentialMask.asp

 

 

 

 

マスクのルールが厳格化されたのは良い事ですが、ハワイ州の緊急事態宣言の中に公共交通機関への乗車の規制がない事に違和感を感じていました。

 

パンデミック以来、テレワークと学校オンライン化、旅行者激減によりバスの利用者は激減しており車内が密になることはめったにないのですが、マスクの着用とドライバーの近くに立たない事しかルールを設けていません。

 

せめて乗車人数は定員の50%まで、席は密をさけて1列開けて着席、大声での会話の厳禁くらいは他の業種にならって打ち出すべきではないかと感じます。安心して乗れるかというと、不安しかありません。

バス内で濃厚接触になる可能性は今後も十分に考えられます。乗車後は必ず手洗いをしてください。

 

本日の陽性報告

新規陽性者: 35名(合計26889名)

新規重篤患者 : 4名(合計1800名)

新規関連死亡者: 0名(合計426名)

 

 

 

2月14日 CDCのワクチン接種に関するガイドライン、渡航の免罪符になるの?

 

イゲ知事は、COVID-19の18回目の緊急宣言を発行し、ハワイ緊急事態管理局の局長による承認があった場合にのみ有効となる、ワクチン接種を済ませた旅行者に対する検疫免除について言及しています。この検疫免除は、現在のところ有効ではありません。


先週、米国疾病予防管理センター(CDC)はワクチン接種を受けた個人に対するガイドラインを更新しました。

以下の基準を満たしている場合、濃厚接触の可能性があってもワクチン接種を既に受けた個人は、検疫する必要がないとしています。

 

・COVID-19ワクチンを完全に接種しており、ワクチン接種の完了から少なくとも14日が経過している場合
・最後の投与を受けてから3か月以内
・現在のCOVID-19に濃厚接触して以来、無症状のままである場合

 

州はCDCにワクチン接種と旅行に関する明確なガイドラインを求めています。CDCは、予防接種を受けた旅行者を検疫対象より免除することを認めていますが、州は、予防接種を受けた旅行者の検疫免除を実施する前に、CDCからの特定のガイダンスを待っています。

 

 

 

 

CDCの新しいガイドラインの更新で、ワクチン接種者の検疫が免除されることになりましたが、これはあくまでワクチン接種済の個人が、感染者と濃厚接触した場合の検疫の免除(ウィルス検査と10日間の隔離)について述べたものであり、旅行者の移動に関する際の検疫免除ではないということを理解しておかなければなりません。

なので現時点ではワクチンを接種していればハワイに入島する際の、72時間内の陰性証明の取得が不要になるという事ではありません。

しかしこの微妙なガイドラインのニュアンスでは、接種完了の14日後から90日までで症状の出ていない人は、いかなる検疫も不要の様に解釈できます。となると、ワクチン接種は渡航の際の証明書となるのではないのかということになります。

 

イゲ知事は、国内旅行者の渡航の際に実施している陰性証明書、回復文書の所持にさらに接種証明書を付け加えるべきかの判断をCDCに訪ねている段階ということになります。


今後は、ワクチン接種を証明する国際的な証書が重要になってきそうです。
アメリカでは、Vaccination Credential Initiative(VCI)が、医療機関、テクノロジー企業、非営利団体、学界、および新興企業を集めて、利用者がデジタルCOVID-19ワクチン接種記録に便利にアクセス、保存、共有できるよう開発を進めています。

 

本日の陽性報告

新規陽性者: 48名(合計26856名)

新規重篤患者 : 4名(合計1796名)

新規関連死亡者: 1名(合計426名)

 

 

 

 

 

2月13日 ハナウマ湾が午前中の訪問者に対応する為に1時間早く開場

 

ホノルル公園レクリエーション局は、ハナウマ湾自然保護区の開場時間を午前8時より午前6時45分に変更しました。
この変更は、再開後に保護区が行っている当日予約システムで午前中入場に対する需要が高まったことへの対応によるものです。

 

訪問者はビーチへの入場を許可される為に、すべての人々が安全と保全のビデオを視聴しなければなりません。

湾に到着した訪問者は、先着順で上映時間の指定されたチケットを提供され、保護区に駐車して自然保護区の上部で待つか、一旦外に出てから指定された上映時間に間に合うように戻って来なければなりません。

 

現在ハナウマ湾は1時間あたり最大120人の入場規制をしており、一度に最大30人のグループごとにが15分のビデオを見る必要があります。開場を1時間早めることにより5回の上映を増やし、午前中の来場者を効率よく入場させる効果があります。

ハナウマ湾の1日あたりの入場最大キャパは720人です。


●営業時間:午前6時45分から午後4時(最終入場は午後2時)
●料金:13歳以上$12、ハワイ居住者無料
●駐車料金:$3、 ハワイ居住者$1
●施設:トイレ、シャワー、更衣室、シャトル、ギフトショップは利用可
●利用不可の施設:フードスタンド、レンタル、ロッカー
●定休日:月・火曜日、クリスマス、正月

 

 


いずれにしても、引き続き先着予約制なので行きたいと思っている人は、確実に入場できるであろう朝一番での到着を目指すことになります。開場時間が早まれば、それに合わせて起きる時間が早くなるだけでお子様連れの場合はさらに大変になったような気がします。

 

訪問者望むものは、先着予約ではなくオンラインでの事前予約です。早く完成してほしいものです。

 

週末は本土から観光に来ている人が増えているので、早めに行動される事をお勧めします。

 

本日の陽性報告

新規陽性者: 71名(合計26810名)

新規重篤患者 : 13名(合計1792名)

新規関連死亡者: 0名(合計425名)

 

※変異種のハワイ内での感染が気になるところですが、6日続けて陽性者は二けたを維持しています。

 

2月12日 日本はハワイ州を変異ウイルスの感染者が確認された対象地域と指定しました

 

昨夜未明に、日本国外務省より新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置のメールが届きました。

内容は以下の通りです。

 

国内で変異ウイルスの感染者が確認された国・地域からの入国者を対象とする日本における水際対策強化に関する新たな措置により、本年2月12日、検疫の強化の対象国・地域にハワイ州が追加指定されました.(2月16日より実施)

なお、この指定により全ての入国者に執られている措置からの変更はありません。

日本に帰国・入国される方は、出国前72時間以内の検査証明書の提出、空港検疫での検査、並びに、14日間の公共交通機関不使用と自宅・宿泊施設での待機、位置情報の保存等に関する誓約書の提出が求められており、検査証明書や誓約書の提出がない場合は、当初は検疫所が確保する宿泊施設において14日間の隔離が必要でしたが、1月9日より3日間の隔離いただくことになりますので、御留意ください。

 

検査証明を提出できない帰国者は、入国後3日目において、改めて検査を行い、陰性と判定された者については、新たに位置情報の保存等(接触確認アプリのダウンロード及び位置情報の記録)について誓約を求めるとともに、検疫所が確保する宿泊施設を退所し、入国後14日間の自宅等での待機が求められます。

 


ハワイは指定となりましたが、緊急事態宣言により日本への帰国の際は1月14日よりすべての入国者に陰性証明書の提出をお願いしているので、別段の変更はございません。
変異種に関してはいまだにハワイ州からの最終結果は報告されておらず、また現在急激な感染拡大も起こっていませんが、ハワイにこられる際は、感染対策を徹底して行ってください。

 

ハワイへの入出国に関する情報は以下をご確認ください。

【ハワイ最新渡航情報】ハワイに来るには陰性証明が必須です

 

本日の陽性報告

新規陽性者: 70名(合計26743名)

新規重篤患者 : 4名(合計1779名)

新規関連死亡者: 1名(合計425名)

 

※変異種の動向が気になりますが、

 

2月11日 12日より2020年タックスリターンの受付開始

 

米国内歳入庁(IRS)は明日12日より確定申告の受付をスタートします。

 

調査では、失業手当が課税所得であることを39%が知らなかったと報告されています。

 

納税者は、2020年の確定申告を行う前に、税務記録が受け取れているか確認する必要があります。通常の年では、ほとんどの納税者は1月末に以下の所得書類を受け取るはずです。

 

・フォームW-2:賃金および税の明細書
・フォーム1099-MISC:その他の収入
・フォーム1099-INT:利息収入
・フォーム1099-NEC:従業員以外の報酬
・フォーム1099-G:特定の政府の支払い; 失業補償や州税還付など

 

IRSは、従来使用されていたForm 1099-MISCの代わりに、自営業者の収入を報告する新しい方法としてForm1099-NECを再導入しました。これは、フォーム1099-MISCの個別の提出期限を明確にするために行われ、新しい1099-NECフォームが2020会計年度から使用されます。

 


注意点

 

●失業手当受給者の受給金は課税所得となります。

1月末に州から送られてくるフォーム1099-Gが2020年に受け取った失業手当の総額です。連邦・州ではこの総額に対し、確定申告で税金を収める必要があります。

 

●$1200の連邦政府からの現金給付は課税所得ではない

スティミュラスチェックといわれる連邦からの給付金は課税所得ではありません。しかし、支払いを受け取らなかった、または少ない金額を受け取った人は、2020年の税金に対して回収リベートクレジットを請求することで適切な金額を受け取ることができます。

 

●在宅勤務によってかかった費用は控除対象外

2020年には在宅勤務が多くの人にとって当たり前になりましたが、新しいホームオフィスの設立にかかる費用を請求できる人はほとんどいません。これは、ホームオフィスの控除は企業または自営業者のみが行うことができるためです。従業員は、最後の税の見直し後、未払いの費用を請求できなくなりました。

 

●失業給付金詐欺にあった場合

失業手当についてフォーム1099-Gを受け取った納税者は、これらの手当を受け取っていないことを示す修正されたフォームについて州に連絡する必要があります。州から修正されたフォームを入手できない納税者は、実際に受け取った収入のみを申告して、正確な納税申告書を提出する必要があります。

 

●ギグワークを始めた場合

パンデミックの最中にギグワーカーになった場合は注意が必要です。税金がさらに複雑になりました。
ギグワーク(Uberの運転、デリバリー配達など)は、オンデマンドのフリーランスの仕事であり、通常は自営業として課税されます。雇用主にあなたの給料からお金を源泉徴収させる代わりに、稼いだ収入に対して税金を払うことが必要です。また、社会保障税とメディケア税の支払いの大部分を支払う必要もあります。
プラス面としては、会社員よりも、すべての経費を請求することができます。


今年の最終提出期限は4月15日です。
返還期日までに提出できない場合は、提出期間の延長を要求する必要があります。申告するための6か月の自動延長期間を受け取るには、申告Form 4868を期日までに提出する必要があります。提出までの時間の延長は、支払う時間の延長ではありません。確定申告の当初の期日までに支払われなかった税金については、延滞ペナルティが課せられる場合があります。
https://www.irs.gov/forms-pubs/extension-of-time-to-file-your-tax-return

 

 


タックスリターンベースで考えると、連邦の現金給付金は米国納税者に対して前倒しで行った減税処置というとらえ方もできますね。

問題は、受け取っていた失業手当を毎回源泉徴収していない場合、予想以上の納税となる場合があるので要注意です。当然PUA(連邦の失業支援策)の手当を受け取っている場合は、源泉徴収がないので受け取った金額の15%程度が納税額の目安になると予想されます。
また一度に支払うことができない場合は、州およびIRSとの分割払いプランの設定を求めることもできるそうです。

 

本日の陽性報告

新規陽性者: 95名(合計26675名)

新規重篤患者 : 9名(合計1775名)

新規関連死亡者: 1名(合計424名)

 

 

2月10日 ハワイの住民の91%がワクチン接種を希望

 

最近の州調査で回答者の91%がCOVID-19ワクチンの接種を希望しています。
これはワクチンの投与が昨年12月中旬に開始されて以来、ワクチンに対する態度が急速に変化していることを強く示しています。

 

ハワイ保健省が委託した調査によると、55%は資格が得られたらすぐに予防接種を受ける予定であり、36%は予防接種を受けるまで待つ予定です。2020年12月30日から2021年1月11日までアンソロジーリサーチが実施し州内の445人の成人が含まれています。

 

ハワイでワクチン接種が可能になる前にハワイ保健省とハワイ大学が実施した以前の調査では、住民の約50%がCOVID-19ワクチンを受け入れると示され、残りの半分はワクチン接種を受けるか、まだ決まっていない状況でした。

 

「これは比較的短期間での前向きな変化です」とハワイ保健省の局長であるエリザベス・チャー博士は言います。「最初はワクチンの接種に躊躇していた人々は、家族、友人、同僚などが安全に1回目と2回目の接種を受けているのを見て考えを改めたのではないでしょうか。」

 

調査はまた、ハワイの住民の3分の1以上、つまり37%が、ウイルスが健康に与える影響についてあまりは心配しておらず、代わりにパンデミックの経済的および財政的影響を心配していることを示しました。

 

調査によると、パンデミックをその経済的影響の観点から見ている人々は、過去6か月間に精神的ストレスとうつ病を経験した可能性が高いことを示しています。

 

回答者の約10人に8人、つまり82%が、パンデミックの最後の6か月の間に、不安、うつ病、孤独、パニック発作などの精神的健康状態を経験したと述べています。これらの居住者の半数以上、つまり52%が、パンデミックの前に症状が始まったと述べ、そのうち3分の1が、パンデミックの開始以降、症状が悪化したと感じていました。


調査の詳細については、調査レポートをご覧ください。https://hawaiicovid19.com/wp-content/uploads/2021/02/COVID19-Tracking-Study_DEC20.pdf


2月9日の時点で、218,997回のワクチン接種が島全体で行われました。(ハワイ州の人口は141万人)

(ハワイ州保健省より抜粋)

 

 

↑ 昨日のワイキキの夜の様子を動画にしました。

 

ワクチンの持続効果と副反応への不安は残りますが、新型コロナウィルスに感染・治療した人の後遺症と思われる「異常な倦怠感」「気持ちの落ち込み」など悩み苦しむ話を聞くと接種はすべきと思います。


コロナの後遺症とみられる症状は、だるさ、微熱、呼吸苦、筋肉痛、嗅覚や味覚の障害、意欲低下、脱毛など、さまざまあるようです。後遺症とみられる症状は「女性」「高齢者」「肥満度が高い」「感染時に多くの症状を訴えていた人」に多く見られているということです。後遺症に関しての治療法は現時点でまだ確立されていないということです。

 

本日の陽性報告

新規陽性者: 56名(合計26584名)

新規重篤患者 : 14名(合計1766名)

新規関連死亡者: 5名(合計423名)

 

 

 

2月09日 アロハスタジアムで2月14日にドライブインコンサート開催!

 

 

アロハスタジアムでは2月14日のバレンタインデイに車内から生の音楽を鑑賞できるドライブインコンサートを開催します。

 

MOONLIGHT MELE VALENTINE’SDAYドDrive-In Concert

 

●開催時間 午後5時入場、午後7時開演

●参加ミュージシャン

・マカハサンズ
・マウナルア
・ナタリー・アイ・カマウ
・ショーン・ナアウアオ

●料金
ハワイシアターにて事前に購入した場合、1台あたり$75.00。 ショー当日のゲートで$100。(購入したチケットごとに、ハワイシアターセンターをサポートする3.00ドルのサービス料金が請求されます。)

https://hawaiitheatre.secure.force.com/ticket/#/instances/a0F1J00001pVQg9UAG

 

●おもな注意事項

・感染予防に遵守し、検温・マスクの着用を実施し、トイレ以外の車内にとどまる(社会的距離の維持)
・車内には同世帯・同居住ユニットのみ混在の場合は5名以内。
・車両内でも禁煙
・トラックの荷台での視聴は不可
・ピックアップトラックは最後列・端に駐車
・オープンカーは屋根を閉じる
・飲酒禁止
・調理禁止

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

AlohaStadiumHI(@alohastadiumhi)がシェアした投稿


いろいろと制約があって興味深いです。おそらくアメフトイベントと同じ感覚で、コンサート前にお酒飲みながらBBQするローカルがいるだろうと想定しているのでしょうし、おそらく明記しておかないと当たり前のようにする人が続出するのだと思います。

 

新型コロナの影響で、ドライブシアターが復活し、お化け屋敷もイルミネーションツアーもドライブスルーで行ってきました。はたしてドライブインコンサートは、今後のニュースタンダードになりえるのでしょうか!


アロハスタジアムは現在老朽化のためにスタジアム内に人を入れて行うイベントはできませんが、スワップミートなどの広い駐車スペースを利用したイベントは引き続き開催しています。

 

本日の陽性報告

新規陽性者: 37名(合計26531名)

新規重篤患者 : 1名(合計1752名)

新規関連死亡者: 0名(合計418名)

 

 

2月08日 マツモトシェイブアイスが70周年イベントを開催!

 

 

 

マツモトシェイブアイスは、2月13日土曜日にハレイワストアで70周年を祝うためのイベントを開催します。

 

【70th anniversary event】2月13日 午前10時から午後6時まで

 

●3つのフレーバーが選べるミニシェイブアイスを$1で販売

●通常$22のHILIFEがデザインした記念Tシャツが当日限り$10で販売

●クロージングが当日20%オフ(セール品と記念Tシャツは対象外、オンライン含め2月末まで)

●$100以上のお買い上げでオリジナルネックピローか化粧ポーチを贈呈

●シェイブアイス購入で10人に$50のギフトカートがあたるスクラッチカードを配布

●ローカルベンダーの無料試食のサービス

●オリジナルステッカーの配布

※価格が税別、提供品は無くなり次第終了となります。

 

マツモトシェイブアイスは、1951年にマモルとヘレン松本によって食料品店として設立されました。すぐに多くの常連客が集まり、虹色のさわやかなシェイブアイスを求めて店に行列が絶えません。世界的に有名なかき氷のお店です。

 

SNSを通して「私たちは記念日のためにもっと大きなものを計画したかったのですが、パンデミックのため、私たちはそれを小さく保っています。昨年、それがすべて起こった後、私たちはこのようなマイルストーンを祝うことがいかに重要であるかを理解しました。長年ご愛顧いただき、誠にありがとうございました。そこでお会いしましょう。」と述べています。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Matsumoto Shave Ice(@matsumotoshaveice)がシェアした投稿

 

 

パンデミックの影響でこの1年は旅行者が訪れず厳しい状況が続いていたに違いありません。その中での70周年おめでとうございます。

新型コロナの規制が厳しい中でのイベントになります。マスクの着用と社会的距離に注意して来場お願いします。

 

本日の陽性報告

新規陽性者: 33名(合計26500名)

新規重篤患者 : 2名(合計1751名)

新規関連死亡者: 0名(合計418名)

 

 

 

2月07日 ハワイにも英国変異種が蔓延しているかもしれません


ハワイで2例目の英国変異種。感染者に渡航歴なし。

 

ハワイ州保健局(DOH)は昨日、英国で最初に発見された拡散力の強いCOVID-19変異種の2番目の症例が、旅行歴のない別のオアフ島居住者で発見されたことを発表しました。

今週初めにDOHは、B1.1.7として知られるより伝染性の高い英国株が島々に潜入している可能性があると警告しました。

ニュースリリースによると、「DOH疾病発生管理部門は、両方の症例の積極的な調査を継続し、両方の個人が隔離され、接触者が隔離されていることを確認しています」と述べています。

 

DOHはこの変異種に関して知っておく5つの事をサイトにて解説しています。

 

1)ここハワイの変種はありますか?

COVID-19を引き起こす複数の亜種が世界中で流行しており、ハワイでは2つの亜種が検出されています。 ハワイの4人の標本には、英国の亜種に関連する分子の「手がかり」が含まれていました。 科学者がこれらの新しい亜種がどれほど広く普及しているかについてさらに学ぶために取り組んでいる間、ハワイの住民と訪問者は、亜種がすでに私たちの州で流通していることを想定して行動する必要があります。

 

2)この新しい英国の亜種について心配する必要がありますか?

「それは懸念の一因ですが、パニックになる必要はありません」と国家疫学者の州の代理人であるサラ・ケンブル博士は言います。 英国の亜種は他の亜種よりも簡単かつ迅速に広がり、COVID-19の症例が増える可能性があります。 州の研究所は、積極的に有利なスタートを切るために、すべての島の患者からサンプルを収集しています。


3)COVID-19ワクチンは私を変異体から保護しますか?

これまでの研究では、体がすでに持っているかワクチン接種による抗体がこれらの変異体を認識することが明示されています。これはワクチンの有効性についての朗報です。綿密な調査とさらなる研究が進行中です。

4)拡散を止めるために州は何をしているのですか?

州全体で予防接種が進行中です。木曜日の時点で、189,446回の投与が行われています。一部の亜種は伝染性が高いため、ハワイでワクチンを止めたり遅らせたりするために必要な人の数に影響を与えます。ショットを受けられる順番が来たら、ためらわず接種してください。これは、ウイルスとワクチンの間の競争になっています。

5)マスクを2枚着用する必要がありますか?

マスクには2つ以上のレイヤーを含めることをお勧めします。これは、マスクを2倍にすることで実現できます。ダブルマスクを選択する場合は、マスクが口と鼻を覆い、マスクを通して快適に呼吸できることを確認してください。


州ではお年寄りと必要不可欠な労働者へのワクチン供給の増加を待っているため、フェイスマスクの着用、身体的距離、手指衛生、安全な収集、隔離と検疫など、安全な慣行に厳密に従うことがこれまで以上に重要になっています。小さな行動ですが、ウイルスの拡散を制限し、私たちのコミュニティを保護する上で大きな違いを生むでしょう。

(引用:https://mailchi.mp/doh/covid-19-issue-45

 

 


今、まさに行われているスーパーボウルでの大規模パーティーで再び感染拡大につながる可能性も懸念されています。

その中に英国変異種が存在していたら・・・・想像しただけで恐ろしいです。

 

恐らくですが感染力の強い変異種はハワイでも広がっていると想像されます。多数確認されることになったら、また強力なロックダウンが発令される可能性もあります。そうなるともう企業も人も体力の限界となりかねません。

 

ハワイに持ち込まれたこの変異種は、けっして悪意があって持ちこまれてはいない筈です。やはり入島に関する規則が抜け道を作っている可能性があります。日本のように到着後の完全隔離(最低でも3日間)を行うべきではないでしょうか。観光産業はまた苦しい状況になりますが、命こそが最優先すべきものです。

 

新型コロナに感染すると回復後も醜い後遺症が続く症例もあるようです。より一層感染しないさせない意識、ワクチン採取の順番がきたら率先して接種をすることを心掛けたいです。

ワクチン接種の時期が早まることを願うばかりです。

 

本日の陽性報告

新規陽性者: 75名(合計26468名)

新規重篤患者 : 4名(合計1749名)

新規関連死亡者: 2名(合計418名)

 

 

2月06日 ハワイアン航空が羽田発着便を3月迄運休

 

ハワイアン航空は、日本における新たな水際対策措置と日本の緊急事態宣言による渡航需要の低下を考慮し2月7日の便を最後に3月末まで週1便で運航されていた羽田発着のフライトを運行しない事を決定しています。


この措置により3月末までに運航予定のフライトは下記の通りとなります。

 

●成田発着

 ホノルル行(HA822)  毎週火・木・土曜日 午後7:55~ 運航中
 ホノルル発(HA821)  毎週火・木・日曜日 午前11:00~ 運航中
 
●羽田発着
 
 ホノルル行(HA864)  2月7日 午後8:05~ 
 ホノルル発(HA863)  運航なし
  
●関西発着

 ホノルル行(HA450)  毎週木曜日 午後8:30~ 運航中
 ホノルル発(HA449)  毎週火曜日 午後1:05~ 運航中
 
●札幌発着 運航なし
●福岡発着 運航なし
●羽田-ハワイ島 運航なし

   

 

2月7日の便でハワイに来られる方は、帰国の際は他空港の便に振り替える必要があります。

 

年末から東京便は毎日、関西便も週3便を運航していましたが、かなり早い段階での方向転換を余儀なくされてしまいました。

 

2020年3月26日 日本ーハワイ間のすべての便を運休

2020年10月5日 成田ーホノルル便を週1で運航再開

2020年11月17日 成田ーホノルル便を週2で運航

2020年12月19日 成田ーホノルル便を週4で運航

2020年12月21日 関西ーホノルル便を週3で運航

2020年12月23日 羽田ーホノルル便を週3で運航

2021年01月16日 成田ーホノルル便を週3に減便

2021年01月20日 関西ーホノルル便を週1に減便、羽田ーホノルル便を週1に減便

2021年02月8日 羽田ーホノルル便を運休

 

成田便が週1に戻る日も遠い話ではないように思えます。

先日、従業員の4月1日からの700人以上に及ぶ一時解雇の発表も行ったハワイアン航空。
2021年9月まで米国航空会社の支払い支援プログラムに対するCARES法の資金提供の延長の議会決定がされない限り解雇は必須となり厳しい決断を迫られることになります。 

 

本日の陽性報告

新規陽性者: 108名(合計26393名)

新規重篤患者 : 13名(合計1745名)

新規関連死亡者: 0名(合計416名)

 

 

 

2月05日 クヒオビーチは砂の補充の為、閉鎖中

 

ワイキキのクヒオビーチの一部は、砂の補充プロジェクトのために数ヶ月間閉鎖されます。

 

現在、ワイキキのクヒオビーチの一部がロイヤルハワイアンビーチの侵食による砂の補充の為に閉鎖となっています。
この400万ドルのプロジェクトは、沖合で船によりくみ上げた地底の砂をクヒオビーチで乾燥させたのちロイヤルハワイアンビーチに補充するもので、予定では4月末までビーチは封鎖され、通常の再開は6月になる予定です。

 

ハワイは各地区で深刻な侵食の問題を抱えています。
ワイキキビーチは波でビーチの砂が削り取られ侵食されるのを5年か10年毎に砂の補充を行わなければなりません。
前回は2012年に24000平方ヤードの砂で復元が行われました。

 

「ここは非常に重要なビーチであり、これらのメンテナンスがなければ、ワイキキのビーチの歴史、文化、経済に壊滅的な打撃を与えると予想されます 」と、保全および沿岸土地管理局の担当者は述べています。

 

↑ 採取した海底の砂をここで乾燥させ侵食の酷いビーチに運搬していくようです。


このままだとビーチが完全消滅するのではないかと思うくらいビーチは狭くなっています。今は旅行者が少なくスペースに問題はないのですが、新型コロナの収束時に大勢の人がワイキキに訪れたら、ワイキキビーチは寝転ぶ場所を見つけるのも困難になる状況になるのではないでしょうか。

 

地球温暖化に伴う海面上昇の影響で、ワイキキビーチは今後15~20年の間に水没する恐れがあるとの予想もでています。
補修工事とあわせて、真剣に温暖化対策を実施しなければワイキキは恥ずかしくてビーチリゾートとは呼べない場所になってしまいます。

 

新型コロナは人類の敵ということは間違いないですが、在宅ワークで交通量が大幅に減りCO2削減に良い影響が出で海面の上昇に歯止めがかかるのではないかとひそかに期待しています。

 

本日の陽性報告

新規陽性者: 101名(合計26286名)

新規重篤患者 : 8名(合計1732名)

新規関連死亡者: 0名(合計416名)

 

 

 

 

 

2月04日 新型コロナの流行でハワイのインフルエンザ疾患が激減

 

ハワイはこれまでのところ、専門家が「二つのパンデミック」と恐れていた新型コロナとインフルエンザの同時流行を避けてきています。

 

専門家はインフルエンザとコロナウイルスの両方に同時に感染することを危惧していました。これにより、病気や合併症の重症度が高まる可能性があるからです。

 

例年の流れで行くと年末休暇で移動が活発になる頃からピークを迎えます。
しかし、インフルエンザが最後に確認されたのは昨年の7月ということです。

 

これは明らかに新型コロナへの感染対策(マスク、距離、手洗い)がインフルエンザの蔓延を防ぐのに効果的であったようです。
さらに、旅行の減少・在宅勤務・学校の閉鎖も大きく関係しています。

 

ハワイだけでなく全米規模でインフルエンザの数は歴史的に少なくなっています。

 

↑ 今年は旧正月イベントは自粛したほうがいいのでは・・・。ショッピングセンターでは旧正月の飾り付けが行われています。

 

新型コロナの感染予防対策が、従来蔓延するだろう時期のインフルエンザの流行を防いだ事実は、この厳しい現在の状況の中での明るい材料としなければなりません。

 

今年は特にインフルエンザのワクチンを接種した人が多くいたのも要因ではないでしょうか。
「コロナのワクチンはまだだけど、せめてもインフルにはかかりたくないからワクチン注射を打っておこう」と、私も考えて接種しました。

 

2月までがピークと言われているインフルエンザ、このままいけば歴史上まれにみる数字が結果として出てくるでしょう。

新型コロナで生活スタイルを大きく変えることになってしまいましたが、その生活スタイルがインフルエンザの激減に大きな影響をもたらしています。

引き続き予防対策を!

 

本日の陽性報告

新規陽性者: 107名(合計26187名)

新規重篤患者 : 11名(合計1724名)

新規関連死亡者: 2名(合計416名)

 

 

2月03日 CDCが公共交通機関及び交通ハブ利用時における全米でのマスク着用の義務化を発表

 

 

2021年2月2日より米国疾病予防管理センター(CDC)は、公共交通機関(すべての乗客と交通機関を操作するすべての人員を含む)にいる間、すべての旅行者がフェイスマスクを着用することを要求する命令を出しました。飛行機、船、フェリー、電車、地下鉄、バス、タクシー、ライドシェアを待っている、搭乗している、下船している、または旅行している間、人々は口と鼻の両方を完全に覆うマスクを着用する必要があります。人々はまた、交通ハブ(空港、バスまたはフェリーのターミナル、電車や地下鉄の駅、港など)や、米国および米国領土の公共交通機関に乗車するその他の場所にいる間は、マスクを着用する必要があります。公共交通機関(例:航空機、船、フェーリー、電車、地下鉄、バス、タクシー、ライドシェア)及び交通ハブ(例:空港、バス/フェリー・ターミナル、電車/地下鉄駅、海港、入国港)を利用する全ての者(旅客、乗務員、運転手その他運行に携わる労働者)に対しマスク着用を義務づける措置を発表しました。

 

また、交通機関や交通ハブ利用時のマスク着用について、本命令と同程度またはそれ以上の措置を州・地方等の政府が管轄地域において講じている場合は、本命令は適用とならずその地区の規則に準拠となります。

 

CDCは、公共の場、イベントや集会、および他の人の周りのどこにでもマスクを着用することを推奨しています。

 

詳細は下記のCDCウェブサイト(英語)にて確認ください

https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/face-masks-public-transportation.html


連邦規則では、着用違反者に対する罰則はなく、その乗り物や場所に立ち入ることを拒否されるだけにとどまっているので、ハワイ州の措置(1年以上の禁錮、$5000以下の罰金)の方が有効となります。


ハワイでは既に州の判断で公共の場所でのマスクの着用が義務付けられているので、CDCのこの措置は今更感が否めません。
しかもハワイでは人と面するあらゆる場所でのマスク着用を義務としています。

 

・並んで待っているとき
・ヘルスケアを受けている間はいつでも
・公共交通機関または相乗りの場合
・対面研修やグループセッションに参加する場合
・職場、他の人の近く、または共有エリアを移動するとき
・葬儀、誕生日、ゲームナイトなどの懇親会やイベント中
・屋外、他の人から6フィート離れることができない場合


CDCにはマスクの要件が明記されており、スカーフやフェイスシールドは該当しないと記載されています。当然ハワイ州もこの要件を遵守しています。

 

 

マスクの要件
・鼻と口を完全に覆い適切に着用する必要がある
・既製品でも手作りでも可
・フェイスシールドやゴーグルは不可(要件を満たすマスクの着用に併せ着用することは可)
・スカーフ、スキー用マスク、バラクラバ(目出し帽)、バンダナは不可
・シャツやセーターの襟(タートルネック等)を用いて鼻や口を覆うことは不可
・排気弁(exhalation valve)付きのマスクは不可
・2層のゲイターは可

 

ハワイでは、いまだにコンビニとかに行くとTシャツを口元まで上げてマスクの代わりにしている人を見ます。本当はお店側が入店を断らなければいけないのですが、コンビニはマスクを持っていないホームレスの利用が多いので黙認しているのが現状ではないでしょうか。
ただ以前はよく見かけたどう見ても強盗にしか見えないバンダナを使う人は見かけなくなりました。

 

ちなみにゲイターとバンダナは、デューク大学の研究によりますと、マスクを使用しない時よりも口から放出される飛沫が多く飛び散ることがわかりました。この二つのアイテムは多孔質の生地(つまり目が粗い)を使っているため、大きな飛沫が小さな飛沫に分解されて、空中への拡散率が高まってしまうということです。とくにフリース素材は全く役に立たないようなので注意が必要です。
しかしCDCは素材を問わず2層にすれば容認となっています。(ちょっと怖いですね)

 

日本では、ネオプレーン素材のマスクの効果が話題になってるようですね。

呼吸しやすいもの程、拡散率が高いということです。他人への配慮を考えると布製か不織布のマスクということになりますね!

 

本日の陽性報告

新規陽性者: 74名(合計26081名)

新規重篤患者 : 10名(合計1713名)

新規関連死亡者: 4名(合計414名)

 

 

2月02日 イギリスで発見された伝染性の高いCOVID-19変異種がハワイに侵入の疑い

 

ハワイの保健当局(DOH)は、イギリスで最初に発見された伝染性の高いCOVID-19変異種が島に入ってきている可能性があると警告しています。

 

州立研究所(SLD)でのCOVID検体の検査により、イギリスの変異種UKB1.1.7がハワイに存在する可能性があることが判明しました。

これまで島で検出されていなかったイギリスの変異種は、伝染性が高いため非常に警戒されています。この変異種はヨーロッパ全体で症例を増加させ、現在では州全体の半数以上で発見されています。

 

州保健局は、4つの検体の検査でこの変異種に関連する分子の手がかりが見つかったと述べています。さらなる調査が行われており、結果は来週に予定されています。

 

一方で州は、先週確認された異なる突然変異を持つCOVIDのL452R変異種を少なくとも9例発見したと述べています。これまでのところ、突然変異がより伝染性であることがわかっていません。

州によると、1月にサンプリングされた264検体のうち、3.4%がL452R変異体を持っていると特定されました。

 

 

 

イギリス変異種の記事は、午後のローカルメディアのほとんどがトップで報道しています。

 

ついにハワイにも来てしまったかというのが正直な感想です。メインランドからの渡航者を受け入れている時点で遅かれ早かれやってくるだろうとは思っていました。
最近は比較的陽性者が少なくなっていただけに事実なら残念です。スーパースプレダーとよばれるほど感染力が強い変異種なので、感染拡大が起こらないよう各自の基本的な感染対策がさらに重要になっていきます。

 

この変異株が正式に確認されると、日本はハワイ州に対し水際対策として強化措置指定地域となります。以下の措置がとられます。

 

①出国前72時間以内の検査証明の提出を求めるとともに、入国時の検査を実施
②検疫所長の指定する場所(検疫所が確保する宿泊施設に限る)での待機を求める。その上で、入国後3日目において、改めて検査を行い、陰性と判定された者については、検疫所が確保する宿泊施設を退所し、入国後 14 日間の自宅等待機を求めることとする。


※検査証明を帰国時に提出できない日本人については、帰国後3日目及び6日目に改めて検査を行い、いずれの検査においても陰性と判定された者については、宿泊施設を退所し残りの日数は自宅等待機を求める。

 

つまり、現状は陰性証明を所持していれば入国の際の3日間の施設隔離は必要ありませんが、指定地域になると3日間の施設隔離は必須条件となります。また検査せずに帰国する場合は6日間の施設隔離となります。

 

狭い部屋で完全隔離されるので6日間はかなりのストレスとなる可能性があるので、検査は受けてから帰国しましょう。

 

本日の陽性報告

新規陽性者: 64名(合計26007名)

新規重篤患者 : 4名(合計1703名)

新規関連死亡者: 0名(合計410名)

 

 

 

 

2月01日 ハナウマ湾より先が一部通行止め

 

ハワイ運輸省(HDOT)は、2021年2月2日火曜日から2021年2月9日火曜日まで、ハナウマベイロードとハロナ潮吹き岩展望台の間のカラニアナオールハイウェイが映画撮影の為に完全に通行止めになることを通知しています。

 

閉鎖は午後4時に始まり、翌朝6時30分に終わります。
土曜日の午後または2月7日日曜日は閉鎖されません。

 

 

閉鎖中、一般車両はルナリロホームロード→ハワイカイドライブ→ケアラホウストリートに迂回し、再びカラニアナオールハイウェイに入ることができます。
ハナウマ湾とココヘッドシューティングコンプレックスにはアクセスできます。サンディビーチパークへのアクセスは制限されません。

 

閉鎖スケジュールをドライバーに通知するために、電子掲示板が配置されます。交通管制を支援するために、警察官が現場にて任務にあたります。

 

ほとんどドライバーには大きな影響のない時間帯で行われる通行止めですが、いったい深夜に撮影が行われる映画が何なのかが気になりますね。

ちなみに迂回路を利用しても所要時間は2分程しか変わりません。
この迂回路は利用したことがありますが、ハワイカイからココクレーターの裏側にもたくさんの住宅が建っていることにびっくりします。しかもどの家も立派なんです。

 

本日の陽性報告

新規陽性者: 90名(合計25943名)

新規重篤患者 : 3名(合計1699名)

新規関連死亡者: 0名(合計410名)

 

 

 

 

 

 
この記事に「いいね!」する 

Aloha townnetに「いいね!」する 

執筆者

三代目

三代目アロハタウンネット編集長。本牧の警友病院生まれ。日本より低反発マットレスを小脇に抱えハワイに単身永住。旅行で訪れるハワイは最高だったが、はたして暮らすハワイも最高なのか!右手にミラーレス、左手にGoPRo握って日夜ハワイを奔走中。