手軽に食事のできる『ワイキキ・フードホール』がオープン!

2020/03/08

 

Aloha!ハワイの最新情報をお届けするアロハタウンネットです。

 

ロイヤルハワイアンセンターに、新たにフードコートがオープンしました。

この『ワイキキ・フードホール』ロイヤルハワイアンセンターの3階の一番東側に位置します。以前中華の『北京』があったところですね。

通りすがりのお客さんをつかむのはちょっと厳しい立地ですが、なんとが頑張ってもらいたいです。

手軽に素早くランチやディナーを食べるスペースもワイキキには重要なのです。同じく2階にあるパイナラナイ・フードコートも、夜はディナーを求めるお客さんで大いに繁盛しています。

 

運営母体は日本の会社、株式会社イル・ユイマール(住所:兵庫県芦屋市、代表取締役:堤佳子)という事です。

何気に楽しみなのは、カカアコの超有名壁画アート『モンンスター』でも有名なアーティスト、ケビン・ライオンズ氏が手がける店内のウォールアートが、3月18日から23日の間、制作場面をライブで公開予定ということです。これはちょっと見に行きたいですね。

 

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

MY MURAL HAS ITS OWN INSTAGRAM!!! Follow @alohamonsters for tons of fun, family, progress shots… photo by: @youngzz_y

Kevin Lyons(@klyonsnatborn)がシェアした投稿 –

こちらのロゴマークは絶対にケビン・ライオンズのデザインだと思います。

 

 

詳細は以下でご確認ください。

 

ハワイの美味しいものを集めた「ワイキキ・フードホール」が3/7(土)にオープン!

 

「ハワイの美味しいものを全部」をコンセプトに、ローカル⾷材を使⽤したハワイの人気グルメやスイーツ、ドリンクなどを提供する個性的な8店舗が集まるフードホール「ワイキキ・フードホール」が、2020年3⽉7⽇(⼟)、ロイヤル・ハワイアン・センターC館3階にグランドオープンしました。

 

サーフボードやウォールアートで飾られた店内は、ハワイらしい鮮やかな色調と活気に満ちた開放感のある空間で、窓の外に広がるグリーンを眺めながらカジュアルなダイニングを楽しめます。POW! WOW! Hawaiiで有名なハワイでも人気のアーティスト、ケビン・ライオンズ氏が手がける店内のウォールアートは、3月18日から23日の間、制作場面をライブで公開予定です。

 

ロイヤル・ハワイアン・センターのゼネラルマネージャーのマーリーン・アカウは、「ロイヤル・ハワイアン・センターにワイキキ・フードホールを迎え、さらに充実したダイニング体験を提供できることを嬉しく思います。新鮮なフルーツとスーパーフードを使ったスムージーやハワイ産の美味しいコーヒーから、注文を受けてから作るおむすび、ガーリックシュリンププレート、アメリカンなステーキやハンバーガー、“パウ・ハナ”にぴったりの地元のクラフトビール専門店まで、誰もが楽しめるバラエティに富んだハワイの人気メニューを1日を通して提供する、便利な新しいグルメスポットです」と述べています。ワイキキ・フードホールでは、以下の8店舗が営業します。

 

MILK 
日本初の生クリーム専門店として、オープン以来、300万⼈以上を動員した⽣クリームの美味しさを追求したスイーツショップ。定番のミルキーソフトクリームや⽣クリームソフトクリームに加え、トロピカルフルーツなどを使ったハワイ限定商品も登場します。 

JTRRD
「⼼と体の美を作るフードアート」を世界に発信するブランド。新鮮なフルーツと美容に良いとされるバジルシードなどのヘルシーな食材をふんだんに使ったスムージーを提供しています。スムージーにフルーツを使って描いたアートやフルーツたっぷりのボンボンスムージーなど、インスタ映えするドリンクやデザートの数々をお楽しみください。  

Meataly Boys
ステーキグリルの店。こだわりのリブロースステーキをはじめ、じっくりと焼き上げたフリフリチキンや、ハワイ産ベジタブルを使⽤したおつまみメニューなど、ハワイならではのボリュームたっぷりの豪快なメニューを取り揃えています。  

 

POTAMA (Pork Tamago Onigiri)
ポーたまは、沖縄の家庭で愛され続ける「ポークたまごおにぎり」を出来⽴てで提供する唯⼀の専⾨店。スパムと⽟⼦焼をベースに、様々な⾷⽂化をサンドしたおにぎりには、ハワイ店限定のスペシャルメニューも登場します。具沢山のおにぎりは、みそ汁との相性も抜群です。

Five Star Shrimp
フードトラックの⼈気店、ファイブスターシュリンプの看板メニューは、プリップリの海⽼の⾷感が楽しめるガーリックシュリンプのプレートランチ。ガーリック、スパイシー、レモンバターの3種類から選べます。  

Honolulu Burger Co.(*3月中旬オープン予定)
ハワイ産の地元⾷材にこだわるホノルルバーガーカンパニーは、オアフ島、ハワイ島、カウアイ島の個⼈経営牧場で放牧されたグラスフェッドビーフを使用したグルメなバーガーショップ。オリジナルメニューのマッシュルームマッシュルームバーガーやブルーハワイバーガーはおすすめです。

TAPBAR
オアフ島のカカアコやラニカイで醸造された地ビールを中心に、ハワイ島のはちみつ、レモン、ライムなどを使⽤したホノルルビアワークス、モルトの味を⽣かした本格派のラガーのアロハビアカンパニー、ローカル産のフルーツや素材にこだわったラニカイブリューイングカンパニーなど、地元で人気のクラフトビールを楽しめるバー。4種類のビールを飲み比べることのできるテイスターセットやブルーハワイやチチなどのハワイアンカクテルもあります。  

Surfer’s Café
厳選されたハワイ島コナ産の豆を使用し、丁寧に焙煎したコーヒーの深い味わいと芳醇な香りをお楽しみください。コーヒー以外にもオーガニックのフルーツティーやプランテーションアイスティーもあります。  

 

ワイキキ・フードホールでは、グランドオープニングを記念し、3月中、ワイキキ・フードホールのギフト券やサーファーズカフェのオリジナルレジンアートなどの素敵な賞品が当たる「フード・イン・ザ・エア」インスタグラムコンテストを開催します。コンテストの詳細は、グランドオープン後、ロイヤル・ハワイアン・センターとワイキキ・フードホールのインスタグラムページで発表されます。(Instagram@waikikifoodhall)

 

ワイキキ・フードホールについて詳しくは、ウェブサイト:www.waikikifoodhall.comをご覧ください。
 

 

 

ロイヤル・ハワイアン・センターについて

ワイキキのカラカウア通り沿いに高級ブランドのフラッグシップからローカルブランドまで、110店以上の個性豊かなショップや30のレストラン、フードコートが揃うワイキキ最大のショッピングセンター。無料のカルチャーレッスンや本格ハワイアンエンターテイメントも開催中。ショッピング、ダイニング、カルチャーやエンターテインメントまで年齢を問わず楽しめます。センターは年中無休で毎日午前10時から夜10時まで営業しています。センターの最新情報は、www.facebook.com/RoyalHwnCtrJPTwitter/RoyalHwnCtrJPInstagram.com/RoyalHwnCtrJPでもご覧いただけます。

パーキング:2019年8月1日以降、センター内で$10以上のお買い上げで最初の2時間まで無料。以降、3時間まで2ドル、4時間まで4ドル。5時間以降は、20分毎に2ドルの通常料金が適用されます。毎週金曜と土曜の夕方5時から夜11時まで、バレーパーキングのサービスを最大5時間まで9ドルの一律料金にてご利用いただけます。バレー受付は、ロイヤルハワイアン通りとドンホーレーンの角の駐車場入口付近にあります。

-PR-

 

WAIKIKI FOOD HALL

住所

2201 Kalakaua Avenue, Honolulu, HI 96815 ロイヤルハワイアンセンターC館3階

 

電話番号

808-379-0435

 

営業時間

8:00-23:00

 

定休日

なし

 

駐車場

有り