ザ・ストリートに『バーガー・ハレ』がオープン!

2018/06/29

Aloha!ハワイの最新情報をお届けするアロハタウンネットです。

 

ザ・ストリート・フードホール・バイ・マイケル・ミーナに、数々の受賞に輝く2人のローカルシェフ、 ミッシェル・カー=ウエオカとウェイド・ウエオカのコンセプトレストラン『バーガー・ハレ』がオープン

 

待ちに待たれていた新バーガーコンセプト『バーガー・ハレ』が、インターナショナル・マーケットプレイス(住所:2309 Kuhio Avenue)1階のザ・ストリート・フードホール・バイ・マイケル・ミーナについにオープンしました。数々の賞に輝くMWレストランのオーナーシェフ、ミッシェル・カー=ウエオカとウェイド・ウエオカによるこの店は、本格アメリカンハンバーガーにハワイの幸とフレーバーを融合させたワンランク上のこだわりハンバーガーがスペシャルティ。ウェイド・ウエオカが多民族社会ハワイの多様な食文化を意識し、日本のすき焼きや韓国の焼き肉、東南アジアのエスニック料理などにインスピレーションを得てプロデュースした、創意工夫を凝らしたハンバーガーとロコモコが揃います。

 

 

 

 

 

 

メニューには、豚肉と玉ねぎの韓国風甘辛炒めをフィーチャーしたキムチバーガーをはじめ、バーガーファン垂涎のアイテムが並びます。オニオンピクルスとハワイアンビーフジャーキーのピピカウラバーガーは、特にロコたちの間で人気を呼ぶことでしょう。新しいもの好きの冒険派には、チリレモングラス茄子を取り入れたサウスイーストアジアンバーガーがオススメです。和風では、牛丼バーガーがあります。これらのハンバーガーはすべて、目玉焼きといっしょにローカルスタイルフライドライスの上にのせて、ロコモコとしても提供されています。好きなトッピングが選べるフライドポテトとコンボにし、ミッシェル・カー=ウエオカの絶品シェイブアイスミルクシェイクを添えれば、唯一無二のバーガー体験となるはずです。

 

店の壁を飾るミューラルは、ポスト・ポップアーティストのアーロン・カイが制作しました。

 

 

アーロン・カイについて

アーロン・カイは、波をモチーフにしたアートを世界中で制作してきたハワイ島ヒロ出身のアーティストです。25歳。10代の頃から自然にインスピレーションを得た絵を描くことにはまりこみ、やがてサンフランシスコに移住。Hurleyのアンチキャンバスキャンペーンや、直近ではロサンゼルスのThe Hundreds本社の壁にシグネチャーである波のミューラルを制作するなど著名なプロジェクトを手がけ、若くして頭角を現しています。その才能は音楽界でも高く評価され、HBK Gangのメンバー、クール・ジョンのデビューアルバム“$hmop City”のアルバムジャケットのデザインも担当しています。アーロンは、ストリートウェアを媒介にアートを表現するライフスタイルブランドLemon HIの共同設立者でもあります。

 

ザ・ストリート・フードホール・バイ・マイケル・ミーナについて

ジェームズ・ビアード賞受賞シェフ、マイケル・ミーナがプロデュースするザ・ストリート・フードホール・バイ・マイケル・ミーナは、世界の才能あるシェフたちが手がける異なったコンセプトのレストラン、カフェ、バーが12店集結する新感覚のフードコート。こだわりのビールから、バーベキュー、ピザ、ポケなどの多国籍グルメフードまで豊富なチョイスが揃います。6,900平方フィート(約640㎡)の開放的な空間に計280席のコミューナルテーブルを設置。ランチから夜食まで、お友だちや家族とのカジュアルな集いに絶好のダイニングスペースを提供します。

 

場所は、インターナショナル・マーケットプレイス(住所:2330 Kalākaua Avenue)1階。お車でのお客様には、センターの駐車場(セルフサービスまたはバレーサービス)のバリデーションを発行します。ザ・ストリートは、インターナショナル・マーケットプレイス3階のレストラン街グランド・ラナイに先にオープンしているモダンアメリカンステーキハウス「ストリップステーキ・ワイキキ」に続く、インターナショナル・マーケットプレイス内2つ目のミーナ・グループ経営店です。2018年には、第1号のホノルル店に続き、ロサンゼルスのビバリーヒルズセンターに2つ目のロケーションをオープンします。

 

-PR