エド・アンド・ドンズ・オブ・ハワイ「アロハシャツ・チョコレート」発売

2018/12/02

Aloha!ハワイの最新情報をお届けするアロハタウンネットです。

 

エド・アンド・ドンズ・オブ・ハワイ、新製品の「アロハシャツ・チョコレート」発売で小売業界へ再参入

質の高いメイドインハワイの老舗菓子メーカーとして定評のあるエド・アンド・ドンズ・オブ・ハワイはこのたび、画期的なパッケージの新製品ラインナップを発表しました。ここ数年、主に自社ブランドのチョコレート製造および卸売を行なってきた同社は、今回の新製品発売を機に、小売業界へ再参入します。パッケージのカバー部分を折り紙のようにアロハシャツの形に折ることができる光沢のある小箱に、同社シグネチャーのマカダミアナッツチョコレートが各2個入った「アロハシャツ・チョコレート」は、6箱入り13.99ドル、12箱入り26.99ドルで販売されます。

 

 写真映えのする新製品には、全12種類のデザインがあり、出来上がったアロハシャツを写真に撮ったり、ソーシャルメディアで共有して楽しむことのできる斬新な商品コンセプトです。同製品のユニークな活用アイディアは、同社のインスタグラムやFacebookページ(@edanddons)でもご覧いただけます。当面は、コオリナのアイランド・カントリー・ マーケット内、ロイヤル・ハワイアン・センター内、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジのタパタワー内、ワイキキのインペリアル・ハワイ・リゾート(ハレクラニの向かい)内にあるABCストア5店舗のみでの限定販売となります。

 

 エド・アンド・ドンズ・オブ・ハワイのゼネラルマネジャーのジュン・ムナカタ・クルックは、「今回発売となった新しい製品ラインは、大切な人への贈り物や海外に住む友人や家族へのお土産としても喜ばれる商品です。ブリトルキャンディーをはじめ、抹茶やパイナップル、アラエア・ハワイアン・ソルトといったバラエティに富んだフレーバーのマカダミアナッツチョコレートなど、ハワイ随所の高級小売店で販売されている既存の商品に新製品が加わったことで、より充実したラインナップの手作り菓子をお届けできるようになりました」と述べています。

 

 エド・アンド・ドンズ・オブ・ハワイは、ホノルル市マラアイ通り4462に工場を構え、敷地内にあるショップは、月曜から金曜の午前8時から午後5時まで営業しています。同社製品についての詳細は、電話(808)423-8200にてお問い合わせいただくか、ウェブサイトwww.edanddons.comをご覧ください。

 

 

エド・アンド・ドンズ・オブ・ハワイについて

マーサ・マイヤーが1956年にホノルルで創業したエド・アンド・ドンズ・オブ・ハワイは、マーサの 2人の息子、エドとドンにちなんで名付けられました。当初、ホリデーシーズンにカードやキャンディー、クッキーなどを訪問販売していたマーサは、3年を通して自家製の菓子を販売するキャンディービジネスを起業。その3年後、アラモアナショッピングセンターに初代テナントの一軒として小売店を出店しました。同社は、1985年に日本向けに牛肉や鶏肉の輸出を行う大手会社のオーリツ・コーポレーションに買収され、現在に至ります。エド・アンド・ドンズ・オブ・ハワイは、独自のレシピで作ったマカダミアナッツチョコレートをはじめとする手作り菓子の伝統を今も守り続けています。

 

-PR