ハワイのシェフがさっぽろ雪まつりの雪像コンクールに出場

2019/02/01

Aloha!ハワイの最新情報をお届けするアロハタウンネットです。

 

京屋グループのシェフが第70回さっぽろ雪まつりの国際雪像コンクールに出場

 

ハワイの京屋グループ、ロイヤル ハワイアン ホテル ラグジュアリー コレクション リゾートのシェフが、今年もハワイを代表し「チームハワイ」として、第70回さっぽろ雪まつりの国際雪像コンクール(2019年2月3日~7日開催)に出場します。チームハワイは今年で18回目の出場。今年はさらに趣向を凝らし難しいデザインにチャレンジします。チームハワイとして参加するメンバーは、京屋グループでシェフを務めるデール・ラドムスキー氏、ワダ・グディー・ノリミツ氏、チャーリー・マツダ氏の3名。彼らは2018年2月5日~2月12日に開催された第69回さっぽろ雪まつりの国際雪像コンクールにも出場し、それぞれの個性や特技を生かしたクリエイティブな雪像作りに挑戦しました。雪の降らないハワイに住むチームハワイですが、過去に何度も入賞した経験があり今年も期待が寄せられています。

 

ロイヤル ハワイアン ホテル ラグジュアリー コレクション リゾートでシェフを務めるデール・ラドムスキー氏は、「ハワイを代表してこの雪像コンテストに出場できることをとても喜ばしく思います。チーム一帯となり作り上げる作品には、私達の企業に対する真摯な取り組みや情熱が反映されています。チームハワイをサポートしてくださる皆さまに誇りに思っていただけるような作品を作りたいと考えています。」とコメントしています。

今年の雪像のタイトルは 『Danger Below』。「雲ひとつない晴天だとしても、何が起こるかは予想できない。海は決して甘んじてはいけない。」 というハワイの自然の偉大さを雪像で表現します。作品の大きさは3.5 x 3.5 メートルを予定しています。

 

国際雪像コンクールは今年で46回目の開催となり、さっぽろ雪まつりの中で最も人気のあるイベントの一つです。今年は、世界各地の国・地域から選ばれた9チーム(予定)が参加して雪像制作を競い合います。会場では、国際色豊かなチームが作り上げる独創的な作品をご覧いただけます。

 

 

【第70回 さっぽろ雪まつり】
日時:2019年2月4日(月)~11日(月)
開催時間:いつでもご覧いただけます(ライトアップは22:00まで) 
場所:大通会場 西1丁目~西12丁目 国際広場
さっぽろ雪まつり公式サイト:http://www.snowfes.com/about/index.html

【第46回 国際雪像コンクール】
日時:2019年2月3日(日)~7日(木)
場所:大通会場 11丁目 国際広場
国際雪像コンクールの概要:http://www.snowfes.com/place/contest/

 

ロイヤル ハワイアン ホテルについての最新情報は、日本語公式ウェブサイト(http://jp.Royal-Hawaiian.com)、フェイスブック(facebook.com/RoyalHawaiianJP)、インスタグラム(@RoyalHawaiianJP)にてご覧いただけます。

 


 

-PR-